サイト内検索
サイト内検索を閉じる

働き方改革

TISインテックグループの働き方改革

TISインテックグループでは、働き方への多様なニーズやスタイルに合わせることを目的として、働く場所や時間など働く形態の選択肢を増やす取り組みを進めています。また、自らの成長に対する自覚と自律を高めるための風土醸成も進めます。

個人のパフォーマンスが最大限発揮できる環境や体制を整え、仕事の成果・スピードの向上やコミュニケーションの量や質の向上を目指します。

職場環境の向上(ファシリティ・システム)に向けた取り組み

TISでは、働く場所の選択肢を増やす取り組みの一環として、リモート接続機器を使用した自宅やサテライトオフィス、外出先からのテレワーク利用環境の整備に取り組んでいます。また、本社内においては、作業によって最適な場所を選べるフリーアドレスエリアや機能的な打合せスペースなどを取り入れ、クリエイティブで共創的なオフィスづくりを進めています。
2017年4月に新設された「サテライトオフィス丸の内」は、顧客との商談や出張時の準備/事後作業の拠点として活用されており、顧客とのコミュニケーションの時間を増やしつつ、業務の効率化や意思決定の迅速化の推進を実現しています。

サテライトオフィス丸の内

労働環境の向上(制度・ルール)に向けた取り組み

TISでは、多様な社員の能力を引き出す一手段として時間と場所にとらわれない労働環境の整備に努めています。
テレワークについては、在宅勤務制度における利用者や利用可能場所、利用可能日数の拡充およびコミュニケーションツールの整備などを行っており、すでに社員の7割(約4,000名)が利用しています。テレワークの推進にあたり事業部門などで組織的に業務プロセス改善や生産性向上に向けた取り組みを行い、業務の効率化や紙資源の削減などにも効果を発揮しています。また、フレックス条件の緩和については、「朝型フレックス」「10時フレックス」に加え、1日の労働時間が2時間より選択可能でコアタイムのない「スーパーフレックス」の導入も開始しました。

TIS、平成30年度「テレワーク先駆者百選」に選定

「テレワーク先駆者百選」は、総務省が、平成27年度よりテレワークの導入・活用を進めている企業・団体を「テレワーク先駆者」とし、その中から十分な実績を持つ企業等を選定し公表しているものです。本年度は、当社を含む36団体が新たに選定されました。

TIS、「ホワイト企業アワード2019」を受賞

一般財団法人 日本次世代企業普及機構が、「次世代に残る、残したい企業」を①適正な利益・成長、②お客様からの信頼、③従業員満足、のバランスがとれた企業と定義し、『ホワイト企業』として認定するものです。
その中でも、特にホワイト化への取り組みが評価された企業に対しては表彰が行われます。

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2021年9月6日 22時25分

PAGE TOP