サイト内検索
サイト内検索を閉じる

働きがいのある会社づくり

ダイバーシティ経営と働きがい

困難を乗り越え新たな価値を創造しつづける「人と組織」を育むため、「働きがい」を重視した施策を推進しています。多様な「個を知り、個を活かす」視点で、従業員のエンゲージメントを高め、「社会に向き合い、挑戦・変革する文化」創出を目指します。

社員意識調査

TISでは2016年3月期より、社員の「働きがい」の現状把握を目的とした意識調査を、毎期実施しています。各現場組織の経営計画に働きがいや風土醸成に関するテーマを組込むとともに、役員の評価指標に「マネジメントへの信用」を設け、実効性を高めながら施策を推進しています。
この結果、「働きがいがある」「マネジメントは信用できる」と回答した社員の割合は大きく向上しています。2020年3月期以降は、調査をグループ主要7社に拡大し、2024年3月期はグループ各社で「働きがいがある」と感じている従業員が50%(TISでは70%)を超えることを目標に、有効な取り組みをグループ全体で共有しながら、働く環境、制度、施策の充実をはかっています。

社員意識調査結果の推移グラフ

(注)調査は外部機関に委託しています。なお、集計結果は、肯定的(選択肢5段階のうち、「4.しばしば当てはまる」、「5.ほとんど常に当てはまる」)に回答した社員の割合をスコア(パーセント)として表示しています。

社員の成長を支援する施策・制度

自己実現・成長のための制度

日常的な1on1実施によるキャリア形成に加え、社員が自らの中長期的キャリアを描き、年に一度、キャリアプランシートを作成。自己成長・自己実現について上司と面談する機会を設けています。各自のキャリアプラン実現のため、会社主導による社内流動性を高め、多様な業務経験を通じた社員の成長および適正配置を加速する仕組みを整えるとともに、年に数回公募の機会を提供しています。

<取り組み概要>

  • 年間ひとりあたりの学習研究日数:12日以上
  • 役職者への1on1ロールプレイ研修受講:全員必須
  • 公募:年2回定期公募、その他臨時公募

社会活動における多様な経験の機会提供

仕事以外の時間を通して、人としての成長やキャリアの自律を促し、多様な経験からプロフェッショナルとして活躍するための知見を獲得することを目的とし、成長支援制度を整備・運用しています。

<取り組み概要>

①キャリア支援休暇

  • 積立休暇の利用事由に、学び、兼業、ボランティア活動を追加
  • ボランティア休暇制度(年10日、5日有休)

②キャリア支援制度

  • 学びを目的とした休職(通算2年)
  • 兼業、ボランティアを目的とした休職(通算1年)
  • 学び、兼業、ボランティアを目的とした短時間勤務(通算2年)

③社会貢献機会の提供

従業員が社会貢献活動に気軽に取り組めるように、ボランティア参加機会の提供、情報発信、ボランティア月間を設けて参加を呼びかけを行うキャンペーン等を実施しています。

社員会との対話

会社と社員の意思疎通と相互理解、社員の親睦の充実を目的として定期的に協議の場を持っています。

従業員株式所有制度

グループの従業員に対し、当社グループの中長期的な企業価値向上へのインセンテ ィブ付与、福利厚生の拡充及び株主としての資本参加による従業員の勤労意欲高揚を通じたグループの恒常的な発展を促すため、信託型従業員持株インセンティブ・プランを導入しています。 本プランは、「TISインテックグループ従業員持株会」に加入するすべてのグループ従業員を対象とするインセンティブ・プランです。

外部評価

新・ダイバーシティ経営企業100選

新・ダイバーシティ経営企業100選ロゴマーク

経済産業省は、ダイバーシティ経営に取り組む企業のすそ野拡大を目的に、多様な人材の能力を活かし、価値創造につなげている企業を表彰する「新・ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業大臣表彰)を実施しています。
TISは、経営資源としての人や組織の良質化およびグループ経営方針「OUR PHILOSOPHY」に基づく企業文化形成に向け、ダイバーシティ&インクルージョンを推進しています。中期経営計画(2018-2020)では基本方針の一つとして「社員の自己実現重視」を掲げ、働きがい向上と人材マネジメントの高度化を推進しており、その取り組みの結果、社内満足度が向上するとともに構造転換を遂行する人材の確保・育成を実現したことが評価されました。

健康経営優良法人

健康経営優良法人ホワイト500ロゴマーク

「健康経営優良法人」とは、経済産業省と日本健康会議が、健康課題に即した取り組みや健康増進に向けて特に優良な健康経営を実践している企業を認定するものです。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としています。
これまでの認定では、健康経営優良法人(大規模法人部門)全体が「ホワイト500」とされていましたが、健康経営優良法人2020では、健康経営優良法人(大規模法人部門)上位500社として、TIS、インテックが2年連続で「ホワイト500」に認定されました。

「グッドキャリア企業アワード2020」大賞

「グッドキャリア企業アワード2020」大賞マーク

「グッドキャリア企業アワード」は、厚生労働省が、従業員の自律的なキャリア形成支援について他の模範となる取り組みを行っている企業を表彰し、その理念や取り組み内容などを広く発信することで、キャリア形成支援の重要性を普及・定着させることを目的に実施しています。
TISは、「1人ひとりの自己実現を重視したタレントマネージメントや女性の活躍を促すキャリア支援の推進」が評価され、「グッドキャリア企業アワード2020」大賞(厚生労働大臣表彰)を受賞しました。

えるぼし

えるぼしマーク

『えるぼし』マークは厚生労働大臣より女性の活躍推進に関する取り組みが優れている企業に与えられる認定です。厚生労働省が定める5つの基準(「採用」「継続就業」「労働時間等の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」)の評価数により3段階で認定されるものです。

TIS、インテック、アグレックスは、全ての評価基準を満たす企業として、マーク『えるぼし』の最高位となる認定3段階目を取得しています。

くるみん・プラチナくるみん

『くるみん』マーク

『くるみん』マークは、「次世代育成支援対策推進法」に基づき、仕事と育児の両立支援についての行動計画を策定し、目標を達成した企業が取得できるものです。

TISは、2008年、2011年、2016年、2019年の4回にわたり継続してこの認定を取得しており、2019年に優良な「子育てサポート企業」として『プラチナくるみん』の認定を取得しています。引き続き男性の育休取得支援および性別に関わらないキャリア教育による人材の育成および確保に向けた施策を実施しています。次世代育成支援対策の実施状況については、下記「一般事業主行動計画公表ページ」より詳細をご確認ください。インテックソリューションパワーにおいては『プラチナくるみん』マークを、アグレックス、AJS、TIS西日本は『くるみん』マークを取得しています。

テレワーク先駆者百選

テレワーク先駆者百選ロゴマーク

『テレワーク先駆者百選』とは、総務省が平成27年度(2015年度)から、テレワークの普及促進を目的として、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体を『テレワーク先駆者』及び『テレワーク先駆者百選』として、外部有識者による審査会で選定しているものです。

TISが選定された2018年度は、36団体が『テレワーク先駆者百選』として選定されました。

トモニン

『トモニン』マーク

『トモニン』マークは、厚生労働省が、「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進に取組んでいる企業に対し、使用を認めているシンボルマークです。
TISは介護離職を未然に防止するため、仕事と介護を両立しやすい職場環境の整備に取組んでいます。

日経Smart Work経営

『日経Smart Workプロジェクト』ロゴマーク

『日経Smart Workプロジェクト』は、先進技術の導入やイノベーション、構造転換を通じた働き方改革を企業の生産性向上につなげ、日本経済の成長を目指すキャンペーンです。日本経済新聞グループが総力を挙げ推進しています。

TISは第3回日経「スマートワーク経営」調査において星4つを獲得しました。

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2021年9月6日 22時25分

PAGE TOP