コンプライアンス

グループコンプライアンス宣言

「グループコンプライアンス宣言」は、コンプライアンスに関する当グループ共通の組織活動に関する基本方針を示すものとしてまとめたものです。

グループコンプライアンス宣言

わたくしたちTISインテックグループの役員や社員などの構成員は、「グループ行動規範」に則り、良き社会の一員としてコンプライアンスをあらゆる局面において最優先し、社会規範や社会の期待のさらに上を歩みます。

代表取締役会長兼社長  桑野 徹

グループコンプライアンス組織

TISインテックグループとしてグループ内部統制委員会を設置し、グループ全体のコンプライアンスの適正化、向上の活動を実施しています。

グループ各社の個別内部通報窓口に加え、TISインテックグループ全体が利用できる内部通報窓口を設置し、より透明で公正に内部の諸問題に対処します。

グループコンプライアンス組織

ヘルプラインの設置

社内において法令、社内規程、社会規範に違反する行為が発生、または発生の恐れを知った場合、すべての役員・従業員(シニア社員、契約社員、派遣社員などを含む)、退職者、TISとの間で請負契約などを締結する取引事業者の従業員がメールまたは電話、面談にて相談・通報できるヘルプラインを設置しています。
ヘルプライン利用者のプライバシーの保持に最大限配慮されます。また、相談・通報を理由とした不利益を与えることはありません。
相談には専門の弁護士およびスタッフが対応し、必要に応じて利用者の同意を得た上で会社へも報告し、問題の解決を図ります。

内部通報認証制度

2020年1月、TISは内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)を取得しました。
内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)は、自らの内部通報制度を自己評価して申請を行い、指定登録機関(公益社団法人商事法務研究会)がその内容を確認して認証基準に適合していることを判定するものです。当該認証基準に適合している場合、 コンプライアンス経営等を推進するための優れた経営システムを構築する事業者であることを示すマーク 「WCMS(Whistleblowing Compliance Management System)」の使用が許可されます。

WCMSマーク

更新日時:2020年6月17日 14時40分

PAGE TOP

お問い合わせ
お問い合わせページはこちら