サイト内検索
サイト内検索を閉じる

TCFDに基づく情報開示

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD: Task Force on Climate-related Financial Disclosures)は、金融安定理事会(FSB)により設置されたタスクフォースで、気候変動がもたらすリスク及び機会について、企業が把握、開示することを推奨する提言を、2017年6月に発表しました。
TISインテックグループは、2021年6月にTCFDへの賛同を表明しています。
TCFDでは「ガバナンス」「戦略」「リスク管理」「指標と目標」の4つの基礎項目における情報開示が求められています。

ガバナンス

TISインテックグループは、「コーポレートサステナビリティ委員会」を設置し、気候変動対応など環境課題を含むサステナビリティに関する課題に対する施策の検討やその進捗モニタリングを行っています。 「コーポレートサステナビリティ委員会」は、当社の代表取締役社長を委員長とし、常勤取締役、常勤監査役、主要グループ会社社長、及び当社マテリアリティ推進を所管する部門の長をメンバーとして年2回開催しています。「コーポレートサステナビリティ委員会」で検討された事項は経営会議で審議され取締役会へ付議・報告されます。

環境課題に関する施策は、サステナビリティ施策および活動の一つとして「グループ・コーポレート・サステナビリティ担当者会議」を通じて当社グループ各社へ展開されます。また、気候変動対応に関するリスクと機会を恒常的に進める機構として、「TIS省エネルギー推進会議」、「気候変動ビジネス連絡会」を設置しています。

さらに、個別の課題に応じたワーキンググループを立ち上げることにより臨機応変に対応しています。2021年度には部門横断的な「気候変動対応検討会」を立ち上げ、TCFDに即した開示を実施するため気候変動に関するリスクや機会などの特定と評価を行いました。

戦略

気候関連のリスクと財務影響

TISインテックグループは、2021年に当社の短期、中期、長期の気候関連リスクを特定し、2030年の財務影響評価を実施しました。

気候関連のリスクイメージ図

気候関連の機会

TISインテックグループは、2021年に短期、中期、長期の気候関連の機会を特定しました。

気候関連の機会イメージ図

シナリオ分析

TISインテックグループは、2021年に2℃シナリオ、4℃シナリオ、部分的に1.5℃シナリオを用いて、2050年までを考慮したシナリオ分析を実施しました。具体的には、特定した気候関連リスクに沿って、電力価格、炭素税、再生可能エネルギーコストなどのパラメータを用いて、シナリオごとに2030年、2050年の定量評価を行いました。分析の結果、より厳しい温室効果ガス排出削減目標の設定は、戦略として一定のレジリエンスが認められました

リスク管理

TISインテックグループは気候関連のリスクを2021年に部門横断的に開催した「気候変動対応検討会」で特定、評価しました。同検討会では、気候関連のリスク一覧を作成、それをさらに分析評価し、温室効果ガス(GHG)削減結果により低減できるリスク、温室効果ガス削減の方法に関するリスク、気候変動の物理的影響に伴うリスクの3つに分類、整理した上で、対応を検討しています。

TISインテックグループは「気候変動対応検討会」において、下図の通り気候関連のリスクを管理するプロセスについて検討し、必要な対応を進めています。

「気候変動対応検討会」では、全社的なリスク管理を統括する部門も参加し、気候関連のリスク管理と当社の総合的リスク管理の統合について、検討を始めています。

指標と目標

指標

当社グループでは、気候関連のリスクを評価する際に、温室効果ガス(GHG)排出量、再生可能エネルギー導入比率、財務影響を指標として用いています。
気候関連の機会を評価する際には、市場規模、売り上げ等を参考値として用いて評価を行っています。

集計範囲:
Scope1, Scope2:TIS、インテック、アグレックス、クオリカ、AJS、ソランピュア、中央システム、TISシステムサービス、TISソリューションリンク、TIS東北、TISトータルサービス、TIS長野、TIS西日本、TIS北海道、ネオアクシス
Scope3:TIS、インテック、アグレックス、クオリカ、AJS、TISシステムサービス、TISソリューションリンク

当社グループの温室効果ガス排出量に関連するリスクは、移行リスクの「評判」リスクとしてGHG削減目標が達成できなかった場合の社会的信頼の低下、「市場」リスクとしてGHG排出削減活動に伴うコスト増と再生可能エネルギーの購入コスト、「規制」リスクとしてカーボンプライシング強化のコスト増がリスクとして特定されています。

温室効果ガス排出量

当社グループでは、気候関連リスクを管理するために温室効果ガス排出量の削減目標を設定しています。

Scope 1 + 2 :2030年度までに温室効果ガス排出量を2019年度比で27.5%削減
Scope 3:2030年度までに温室効果ガス排出量を2019年度比で27.5%削減

Scope1 + 2 の目標値は、国連気候変動枠組条約のパリ協定の2℃以下目標に整合した数値として、SBT認定を取得しています。

また当社グループでは、全国14カ所のデータセンターのうち8カ所について、2030年度までに再生可能エネルギー利用率を50%とする目標を設定しています。

PAGE TOP

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2022年6月29日 20時38分