サイト内検索
サイト内検索を閉じる

気候変動への対応

TISインテックグループは、地球環境問題の中でも、とりわけ重要度が増している気候変動への対応について、事業活動からの温室効果ガス排出削減、事業活動を通じた気候変動対応の推進の両面から、取り組みを進めています。

温室効果ガス排出削減目標

TISインテックグループは、2030年度までに温室効果ガス排出量を2019年度比で27.5%削減の温室効果ガス排出削減目標を設定、SBT認定を取得しています。

データセンターでの温室効果ガス排出削減取り組み

当社グループではデータセンター事業を展開しており、グループの温室効果ガス排出量(Scope 1, 2)のうち、データセンター事業からの温室効果ガス排出割合が8割以上を占めています。(2020年度実績)
全国に8か所あるTISデータセンターについては、2030年度までに再生可能エネルギー利用率を50%まで引き上げる目標を設定済です。2024年度までに予定しているTISデータセンターの集約効果と合わせて、TISデータセンターにおける温室効果ガス排出量を67%削減(2019年度比)可能であると試算しております。その他グループ保有のデータセンターについても、順次取り組みを拡大していく予定です。

この他、自然光採光や小規模の太陽光発電の設置、屋上緑化などの取り組みを進めています。

自然光採光(太陽追尾装置)、太陽光発電モニター、屋上緑化イメージ

オフィスでの温室効果ガス排出削減取り組み

地域毎でのグループオフィス集約、並びに各オフィスへの再生可能エネルギー導入を積極的に進めています。既に東京本社、名古屋本社、大阪本社および、豊洲オフィスにおいて再生可能エネルギーの利用を開始しており、他オフィスについても、順次取り組みを拡大していく予定です。

Scope1,2における温室効果ガス削減長期シミュレーションと実績推移

※2021年3月期、前年同期と比較して排出量が増加している理由は、算出対象とするデータセンターを追加したためです。

PAGE TOP

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2022年6月29日 20時39分