トップメッセージ

代表取締役会長 兼 社長 桑野徹

「中期経営計画(2018-2020)」を通じ、スピード感のある構造転換の実現とグループの持続的な企業価値向上に取り組んでまいります。

株主のみなさまには、平素より格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
2018年3月期における我が国経済は、企業収益や雇用情勢の改善等により、緩やかな回復基調が続き、当社グループの属する情報サービス産業の事業環境は、デジタル経営への志向を強める企業のIT投資動向の強まりを反映して好調に推移しました。
このような状況の中、当社グループでは、グループの変革を通じたさらなる成長と企業価値の向上に向けた諸施策を推進した結果、2018年3月期業績は過去最高を更新するとともに、第3次中期経営計画における全ての計数計画を大きく上回る等、グループの成長に確かな手応えを感じています。

2019年3月期からは新しい3か年の中期経営計画を開始いたしました。「Transformation to 2020 ~グループ一体となり構造転換を実現し、社会の課題解決をリードする企業へ~」のスローガンのもと、「グループビジョン2026」の達成に向けた土台構築のため、スピード感のある構造転換の実現と当社グループの持続的な企業価値向上に向け、各種施策に精力的に取り組んでまいります。また、事業を通じた社会課題の解決による持続的な社会発展への貢献という企業が本来有する社会的責任に対する認識をよりいっそう深め、グループとしての取り組みも強化してまいります。

株主のみなさまにおかれましては、引き続き一層のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2018年7月
代表取締役会長兼社長

桑野 徹

更新日時:2018年7月12日 10時51分

PAGE TOP

お問い合わせ
お問い合わせページはこちら