日経産業新聞フォーラム「与信管理DAY」~米中貿易戦争の影響・対策と、拡大が予想されるモラトリアム法倒産~

開催報告

2019年11月6日(水)日経ホール(大手町)で開催された、日本経済新聞社 主催「与信管理DAY」にて登壇いたしました。

TISセッションでは、「視点を変えると見えてくる 自社に最適な企業評価・分析手法」と題しまして、多様なビジネスモデルが生み出されている中で、自社に最適な企業評価、データ選定、負荷のかからない業務適用などをバランス良く行うための、企業評価・分析手法についてご説明いたしました。

お忙しい中、会場へ足をお運びいただいた皆様、誠にありがとうございました。

開催要項

タイトル 日経産業新聞フォーラム「与信管理DAY」~米中貿易戦争の影響・対策と、拡大が予想されるモラトリアム法倒産~
開催日 2019年11月6日(水)
会場 日経ホール(大手町 / 東京都千代田区大手町1-3-7)
時間 12:30~17:40
定員 500名
参加費 無料(事前登録制)
主催 日本経済新聞社

 

視点を変えると見えてくる 自社に最適な企業評価・分析手法

講演概要

講演概要

1998年から与信審査業務を支援している、フィナンシャルサービス部長(小林)が登壇いたしました。

講演では、「審査評価の目的とは?」「審査手法は?」「適切なプロセスは?」「各プロセスでの観点は?」「決算書を用いた分析の観点は?」「高度化に必要なこととは?」等について、ご説明いたしました。

2019年12月13日 日経産業新聞「与信管理DAYフォーラム」

審査とは、与信後の代金の回収遅延や貸し倒れリスクを排除・提言する施策を事前検討するもの。そのために財務情報、取引情報、第三者評価などをできる限り取得し内容を吟味する。
多様なビジネスモデルが生み出されている中で、自社に最適な企業評価、そのためのデータ選別、負荷のかからない業務適用をバランスよく行うためには、限られた時間と情報で審査を高度化することが不可欠だ。

更新日時:2020年4月9日 11時33分

PAGE TOP

お問い合わせ
お問い合わせページはこちら