TISの考える「金融 × AI」セッション
~ 「金融 × AI」で何が出来る!? ~

開催報告

2018年7月13日(金)弊社『bit&innovation1』にて、AI企・Fサ事の共催で 『TISの考える「金融 × AI」セッション ~「金融 × AI」で何が出来る!? ~』 を開催いたしました。

AIが期待される昨今、さまざまな業務、分野でAIの導入、活用が検討されています。多くの業務がある中で、特に、「金融」という複雑・かつ確実性を求められる環境制約の中、どのようにAIというものを活用しているか、「TISが考える金融×AI」という観点でさまざまなユースケースを紹介いたしました。
2つの個別セッションの他、AI技術を活用したソリューション、製品を展示、デモンストレーションを実施し、AI技術を体験していただきました。
また、スタートアップ企業様にもご参加いただき、自社のAI技術のご紹介をしていただきました。
お忙しい中、会場へ足をお運びいただいた皆様、誠にありがとうございました。

本セミナーについてのお問い合わせは下記よりお願いいたします。

開催要項

タイトル TISの考える「金融 × AI」セッション
~ 「金融 × AI」で何が出来る!? ~
開催日 2018年07月13日(金)
会場 TIS株式会社『bit&innovation1』
東京都新宿区西新宿6丁目24番1 西新宿三井ビルディング 23階
時間 10:00~13:00
定員 60名
参加費 無料(事前登録制)
主催 TIS株式会社

セッションレポート

2018年 AI活用本格化!時代に乗り遅れないためのAIの理解

登壇者:AIサービス事業部 AIサービス企画開発部 福島主査

「SHIFTBY AI」これからを形にするサービスとして、TISが取り組む最先端AI技術のご紹介を行いました。
自然言語分野におけるテキスト対話(チャットボット)、音声認識、音声自動対話や、業務へ活用する機械学習、深層学習技術、また、ロボティクス分野への参入についてもお話しました。
詳細については、資料をご確認ください。

「金融×AI」でなにができる !? 基幹業務を劇的に変革する AIテクノロジー活用ユースケースのご紹介

登壇者: フィナンシャルサービス事業部 フィナンシャルサービス第3部 小林副部長

AI技術の進歩により、AIの技術をどう業務に活かしていくかご検討されている金融機関も多いかと思われます。
本セッションでは、TISの考える「金融×AI」、AIの導入アプローチ方法を説明し、「SCORE LINK」、「F-lend」、「sosiego」を中心にユースケースを紹介、金融業務におけるAIの活用事例を紹介いたしました。
「AI-OCR」の技術を用いて帳票フォーマットを自動認識の具体的なフローやAIによる保険金支払査定業務サポート事例を紹介いたしました。
詳細については、資料をご確認ください。

更新日時:2019年4月1日 16時19分

PAGE TOP

お問い合わせ
お問い合わせページはこちら