サイト内検索
サイト内検索を閉じる

ケーススタディでひも解く、ファイナンス組織の段階的DX
~電帳法・インボイス制度を見据えた対応ロードマップとは?~

2022年3月16日

昨年末に発表された『令和4年度税制改正大綱』から2年の猶予期間が設けられました。当面は、現行ERPでの対応や運用で賄う企業様も多く見受けられるように感じます。

電子帳簿保存法に加え、2023年にはインボイス制度に対応する必要があり、ファイナンス組織においてはより一層の業務負荷の増加が想定されます。

一方、激変するビジネス環境から、「見通し不透明」を前提とし、ファイナンス組織は経営・事業組織へのアドバイザリーとしての役割を求められます。ファイナンスの定型業務を低減し、戦略的ファイナンス組織を目指すことが企業競争力の向上につながると考えられます。

本ウェビナーでは、電子帳簿保存法・インボイス制度で求められる要件および本法対応のロードマップの解説と、ファイナンス組織のDX実現を目指したペーパレス化・デジタル化・自動化の段階的推進について、ケーススタディをひも解きながら解説いたします。

セミナー概要

ケーススタディでひも解く、ファイナンス組織の段階的DX
~電帳法・インボイス制度を見据えた対応ロードマップとは?~
開催日 2022年3月16日(水)
開催時間 14:00 ~ 15:00(受付開始 13:50)
会場 オンライン
主催 TIS株式会社、ウイングアーク1st株式会社、UiPath株式会社
参加費 無料(事前登録制)

ページの先頭へ

プログラム

今後2年で対応が必要!電子帳簿保存法とインボイス制度への対応

ウイングアーク1st株式会社
Customer Success部 敦賀 武志 氏

ファイナンス組織のDXは進んでいますか?電子帳簿保存法対応から始めるDXの段階的取り組み

TIS株式会社
エンタープライズビジネスユニット エンタープライズ営業企画ユニット
エンタープライズビジネス営業第2部 主査 伊藤 浩

業務をさらに自動化&効率化しよう~ペーパーレスDXを加速するUiPath活用術~

UiPath株式会社
ソリューション本部 アドバンスド テクノロジー アーキテクトチーム
部長 鷹取 宏 氏

ページの先頭へ

お申し込み

受付は終了致しました。

ページの先頭へ

お問い合わせ

TIS株式会社 エンタープライズビジネス企画部
担当:セミナー事務局
E-mail:sol@tis.co.jp

ページの先頭へ

PAGE TOP

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2022年6月29日 22時9分