製造業様向けIoT活用セミナー2018
~IoTデータ利活用がもたらす次世代ものづくりとは?~

2018年1月26日

近年ではIoT(Internet of Things)、ビッグデータ、BI(Business Intelligence)、AI(人工知能)などデータ活用に関連するキーワードが世間の注目を集めています。
製造業も例外ではなく、海外を含めた各拠点にある機械(設備)から、IoTの活用により収集・分析したデータをどのように活用して付加価値を生み出していくか?について、いち早く取り組んだ企業が大きなビジネスチャンスを掴んでいます。
本セミナーでは、次世代ものづくりに取り組まれている製造業様において、IoTソリューションを活用し、具体的な業務アクションに繋げている事例を挙げながらIoTデータを有効に利活用する方法をご紹介します。

セミナー概要

製造業様向けIoT活用セミナー2018
~IoTデータ利活用がもたらす次世代ものづくりとは?~
開催日 2018年1月26日(金)
開催時間 14:00~17:00(受付開始 13:30)
会場

フクラシア丸の内オアゾ(丸の内北口ビルディング15F)

主催 TIS株式会社
共催 クオリカ株式会社
参加費 無料(事前登録制)
定員 50名
申込締切日 2018年1月25日(木)

ページの先頭へ

プログラム

13:30~ 受付開始
14:00~14:05

ご挨拶

TIS株式会社
専務執行役員 岡本 安史

14:05~15:05

セッション-1
『守りのIoTと攻めのIoTと、それぞれの実践課題』

IoT導入・活用が経営の近々の課題とされていますが、小売・流通等のBtoCビジネスにおけるマーケティング事例はメディアで取り上げられているものの、BtoBビジネス、中でも製造業における実践の実態については、明らかになっていません。
そこで、様々な産業で事業開発の実務支援コンサルティング経験が豊富なコンサルタントから、製造業におけるIoT活用のパターンと、その実践における実行課題についてご紹介します。

スピーカー:
株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター
チーフ・コンサルタント 高橋 儀光 氏

15:05~15:20 休憩
15:20~16:05

セッション-2
『スマートものづくりー未来の製造業にむけて』

付加価値が「もの」そのものから、「サービス」「ソリューション」へと移る中、データ流通、利活用により、製造業のビジネス革新、現場力の向上を後押しする取り組みをご紹介します。

スピーカー:
TIS株式会社
製造ビジネス事業部
エキスパート 長井 大典

16:05~16:55

セッション-3
『製造現場には製造現場のIoTがある!IoT成功の秘訣を教えます』

日本の製造業では、新たな「ものづくり改革」の取り組みとして、IoTが注目されています。なぜ注目するのか?そこに求めるものとは・・・IoT導入の成功の秘訣とは?これまで多くの採用実績のあるクオリカのIoTソリューションと共にご紹介します。

スピーカー:
クオリカ株式会社
テクノロジーインサイド事業部
IoTビジネス推進部長 斉藤 淳 氏

16:55~17:00

御礼のご挨拶

クオリカ株式会社
執行役員 テクノロジーインサイド事業部
事業部長 宮下 孝夫 氏

セミナー終了後

個別ご質問、ご相談

クオリカ IoTソリューション「CareQube+」「FactoryQube」の導入検討につきまして、個別のご質問、ご相談をお受けいたします。

ページの先頭へ

お申し込み

以下よりお申し込みください。

お申し込みはこちら

ページの先頭へ

お問い合わせ

TIS株式会社 製造ビジネス企画営業部
担当:IoTセミナー事務局
TEL:03-5337-4580
E-mail:monoweb@pj.tis.co.jp

ページの先頭へ

更新日時:2018年1月5日 17時31分

PAGE TOP

お問い合わせ
お問い合わせページはこちら