新リース会計基準適用後の格付け業務における落とし穴

2020年10月15日

2019年1月以降に開始した事業年度のIFRS決算書より「新リース会計基準」が強制適用されます。
それにより、従来、「ファイナンス・リース」、「オペレーティング・リース」の大きく2つに分類されていた「リース」の概念が変わります。

本ウェビナーでは、初心者でも理解できるように、「新リース会計基準」適用後に格付け現場で起こりうる問題点・解決方法を紹介します。

  1. 新リース会計基準とは
  2. 新リース会計基準適用による決算書の変化
  3. 新リース会計基準適用による格付け影響と注意点

◇こんな方にオススメ

  • IFRS決算書の格付け業務を行っている方
  • 審査、経理業務でIFRS決算書を取り扱っている方
  • IFRSの決算書を日本会計

当日、アンケートにお答え頂いた方には講演資料をお送りします!
皆さまのご参加をお待ちしております。

【講演者】
TIS株式会社 サービス事業統括本部 ペイメントサービスユニット
フィナンシャルサービス部 主任 佐藤 友香

セミナー概要

新リース会計基準適用後の格付け業務における落とし穴
開催日 2020年10月15日(木)
開催時間 11:00~11:40(受付開始 10:50)
会場 オンライン(Zoom開催)
主催 TIS株式会社
参加費 無料(事前登録制)
定員 100名
申込締切日 2020年10月14日(水)17:00まで

ページの先頭へ

タイムテーブル

10:50 受付開始
11:00~11:30 講演
11:30~11:40 質疑応答

ページの先頭へ

お申し込み

以下よりお申し込みください。

お申し込みはこちら

※競合企業や同業他社の方は参加をご遠慮いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

お問い合わせ

TIS株式会社 デジタルトランスフォーメーションマーケティング部
担当:ウェビナー担当
TEL:03-5337‐4298 E-mail:marke_mb@pj.tis.co.jp

ページの先頭へ

更新日時:2020年9月25日 17時21分

PAGE TOP

お問い合わせ
お問い合わせページはこちら