サイト内検索
サイト内検索を閉じる

DXを加速するローコード開発×アジャイル開発 セミナー

2021年5月26日

◆本セミナーはこんな方にオススメ◆

  • レガシー企業文化からどう脱却するか検討中の方
  • 現在のシステム開発のやり方では、顧客ニーズに追いつけないとお悩みの方
  • ローコード開発、アジャイル開発に前向きになれない方

事業環境が急速に変化する中、顧客の変化に応じ、デジタル競争の勝者となるために、企業文化を変革する必要性が迫られています。
今回のセミナーでは、そのお悩みを解決するための一つの手段として、アジャイル開発とローコード基盤の併用による相乗効果を解説、デモ、事例を通じて、分かりやすくお伝えいたします!

皆さまのご参加をお待ちしております。

セミナー概要

DXを加速するローコード開発×アジャイル開発 セミナー
開催日 2021年5月26日(水)
開催時間 14:00~16:00
会場 オンラインセミナー(Zoom)
主催 TIS株式会社
共催 OutSystemsジャパン株式会社
参加費 無料(事前登録制)

ページの先頭へ

プログラム

13:45~ 受付開始
14:00~14:30

セッション1
ローコード開発基盤によって加速するアジャイル開発

現在、多くの企業が変化に強いアジャイル開発のアプローチでITを活用しようと動き出しています。しかし、アジャイル開発の人材の不足や短い期間でユーザーのニーズを把握し、ユーザーが望む「動作する」システム機能(または、その一部)を提供することは容易ではありません。
ローコード開発基盤の出現によって、アジャイル開発に必要な「要求の探索⇒開発と結合⇒デプロイ」からなるデリバリーパイプラインの構築が可能となり、開発と運用とが連携しながら効率よく業務を行うことが可能となりました。
本セッションは、最初にアジャイル開発の特徴と対処すべき課題を示し、ローコード開発基盤の活用による解決の可能性を示します。

TIS株式会社
プロジェクトマネジメント第2部
エキスパート 張 嵐

14:30~14:40 休憩
14:40~15:10

セッション2
ローコードを活用したアジャイル開発の実践(デモンストレーション)

企業のDXへの大きな課題はスピードと人材不足ではないでしょうか。OutSystemsのローコード開発プラットフォームを活用すれば、より少ない開発者数でも、数倍のスピードでの開発が可能になります。今まで「年単位」だったプロジェクトが「数ヶ月」または「数週間」で実現できます。OutSystemsのビジュアルな開発プラットフォームをデモンストレーションと共にご紹介します。

OutSystemsジャパン株式会社
シニア・ソリューション・アーキテクト 河原﨑 剛

15:10~15:20 休憩
15:20~15:50

セッション3
急速な事業変化に求められるローコード開発の最適解

TISでは、開発期間の短縮、生産性の高さだけではなく、利用の実態が確認できないシャドーITの撲滅やシステムの乱立を解消にも有効な手段として、ローコード開発基盤「OutSystems」を活用して、DX実現やIT戦略の推進を支援しております。
本セッションでは、OutSystemsを導入したプロジェクトの事例を交え、SIerの目線から見たローコード開発の効果や活用方針をご紹介致します。

TIS株式会社
産業ビジネス第6部
エキスパート 鳴海 孝祐

ページの先頭へ

お申し込み

以下よりお申し込みください。

お申し込みはこちら

ページの先頭へ

お問い合わせ

TIS株式会社 産業ビジネス第3事業部
担当:OutySystems担当
TEL:050-1702-4016 E-mail:outsystems_sol@ml.tis.co.jp

ページの先頭へ

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2021年4月20日 17時31分

PAGE TOP