TISデジタルマーケティングセミナー in東京 デジタルマーケティングの全貌 ~経営・マーケティング・システム各部門の視点から考える正しい顧客との向き合い方~

2017年2月16日

デジタルマーケティングを構成する各要素を俯瞰し捉え、全貌を知る

消費者行動が大きく変化している今、マーケティングの中心となったデジタルマーケティング。
多くの企業は少なからずデジタルマーケティングに取り組み成果を挙げていますが、その成果の大小は企業規模や取り組み内容、リテラシーや方向性によって様々です。
ただ、今後デジタルマーケティングの重要性が更に高まることは確実で、その流れの中、デジタルマーケティングへの取り組みを強化することは企業の競争力を高めることに直結し、その流れに乗れない企業は競合に大きく差をつけられることにもつながります。
一方で、デジタルマーケティングは日々進化を続け、そのスピードの速さから、最早全体像の把握どころか個別分野の把握さえ難しいという状況が存在し、マーケッターを悩ませています。

そこで本セミナーでは、デジタルマーケティングを構成する各要素技術である、MA、DMP、CMS、ECなどについて俯瞰的に捉え解説。
その上で、デジタルマーケティングの全貌を知ることが可能です。
組織の壁を越え、デジタルマーケティングを推進したいという経営層、マーケティング担当者が今、知るべき内容のセミナーです。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

セミナー概要

TISデジタルマーケティングセミナー in東京
デジタルマーケティングの全貌
~経営・マーケティング・システム各部門の視点から考える正しい顧客との向き合い方~
開催日
2017年2月16日(木)
開催時間 14:30~17:30(受付開始 14:00)
会場

ベルサール新宿グランド
新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー5階 (TIS本社ビル)

主催 TIS株式会社
参加費 無料
定員 150名

ページの先頭へ

プログラム

時間 Session テーマ プログラム
14:30~
14:40
(10分)
0 全体

受付開始

ご挨拶~デジタルマーケティング市場の変化とTISの取り組みについて

講師:TIS株式会社 エンタープライズデジタルインテグレーション事業部
   デジタルインテグレーション企画営業部 部長 佐々木喜一郎

14:40~
15:20
(40分)
1 全体概論・組織

経営・マーケティング・システム各部門の視点から考える正しい顧客との向き合い方

昨今、消費者の購買行動には著しく変化しており、市場競争において企業が勝ち抜くためには、社内の様々なチャネルを統合し活用するための、全社横断型のオムニチャネルに対応したマーケティング基盤の構築は避けて通れません。
市場の変化に追随するためには、他社に先駆けて最新のITを活用した新たなソリューションを積極的に導入すると同時に、経営・マーケティング・システム各部門で全社統合のマーケティング組織や戦略を作り、動かす組織にも人や予算のしっかりした配分も必要となります。
本講演では顧客接点からのデータの集約がオムニチャネル成功の一つのキーであるとし、次世代全社マーケティング基盤を実現するため、今何に取り組まなければならないかについて、お客様の全社オムニチャネル戦略を推進支援した実経験の中で、浮かび上がってきた組織的な問題点や理想のマーケティング基盤のあり方についてご説明いたします。

講師:TIS株式会社 エンタープライズデジタルインテグレーション事業部
   デジタルインテグレーション第1部 秋野 隆

15:20~
15:50
(30分)
2 ライトタイムマーケティング

マーケティングHUBで実現する
進化したライトタイムマーケティングの具体策

チャネルを横断し、多様化する顧客行動に対し、各企業が顧客満足度を上げ、売上向上を目指すためには、顧客に対し最適なタイミングで最適な情報を提供する、いわば“ライトタイムマーケティング”の考えが求められます。
一方で、ライトタイムマーケティング実現のためには、チャネル間のデータ分断や運用面の複雑さなどの課題を乗り越える必要があり、多くの企業ではこの課題がためにつまずいている現状があります。
本講演では、この課題を解決し、ライトタイムマーケティングを実現するための具体策を提示すると共に、弊社TISの取り組みを解説します。

講師:TIS株式会社 エンタープライズデジタルインテグレーション事業部
   デジタルインテグレーション企画営業部 小林 圭一

(10分)

休憩
16:00~
16:20
(20分)
3 CMS

UXとガバナンスの両立がこれからのWebサイトのカギ!
~プレゼンスを高めるためのCMS活用方法~

今のマーケティングを推進するための3つの“D”「Digital」「Direct」「Desire」を推進するためには、サイト閲覧者の“欲求”を“ダイレクト”に訴求するデジタルコンテンツが成功のカギとなります。
その一方で、ガバナンスの観点からUserExperienceと全社としてのブランディング・統一性は不可欠です。
本講演ではこの相反する内容を実践するため、CMSを導入することを前提に最適なCMSとは何か?
CMSの活用はどのように行うかを顧客目線でお話しさせていただきます。

講師:TIS株式会社 エンタープライズデジタルインテグレーション事業部
   デジタルインテグレーション第2部 門脇 章

16:20~
16:40
(20分)
4 EC

パッケージ選定から始めていませんか?
~SIerだから語れる失敗しないECサイト構築の進め方~

ECサイト構築にあたって、まず“要件を満たすパッケージは?“という点から検討をスタートしている企業様は多いのではないでしょうか?
要件と機能とのフィット&ギャップだけを基準に「パッケージ」を選定することは、ECサイトにとっては要注意で、実際に構築してみると、想定外の障壁が現れるリスクが大きくなってしまいます。
本講演では大手通販業をはじめ他業種のECサイト構築・運用を手がけた経験を活かし、失敗しないECサイト構築の進め方について説明させて頂きます。

講師:TIS株式会社 エンタープライズデジタルインテグレーション事業部
   デジタルインテグレーション第2部 山本 豪

16:40~
17:10
(30分)
5 Telephony

オンライン行動(Web)とオフライン行動(電話)をつなげる技術と、
つなげることで得られるもの

貴社のユーザはWebでコンバージョンする方がほとんどですか?
それとも一度オフライン行動(電話)を経る方が一定数いらっしゃいますか?
あるいは最後はオフラインコンバージョンするケースが多いですか?
複数のチャネルで行動するユーザの落としてくれるデータは、チャネル間をつなぐことで格段に高いビジネス価値を持つようになります。
本講演ではチャネル間データ連携に挑戦したB2C企業の成功事例をご紹介する中で、その可能性について語ります

講師:TIS株式会社 エンタープライズデジタルインテグレーション事業部
   デジタルインテグレーションサービス推進部 阪本 悟

17:10~
17:30
(20分)
6 Marketing
Platform

デジタルマーケティング実現ためのプラットフォームとは?

顧客接点が多様化、複雑化する中で顧客起点のマーケティングが重要性を増す状況において、「散在するデータ資産を統合的に管理し顧客理解を深めマーケティング施策に活用できる仕組み」と「市場変化のスピードに呼応した早期の立ち上げ」が重要な課題となっています。
本講演ではTISが約20年で100社以上のお客様のマーケティング業務領域のシステム構築支援で培って来たインテグレーション技術・ノウハウと業務知識、及びシステム運用ノウハウを集約した『TIS Marketing Canvas』についてご紹介するとともに、お客様のマーケティング業務の高度化についてITの側面から説明させていただきます。

講師:TIS株式会社 エンタープライズデジタルインテグレーション事業部
   デジタルインテグレーション第1部 二宮 義彰

終了

ページの先頭へ

お申し込み

お申し込みはこちら

ページの先頭へ

お問い合わせ

デジタルインテグレーション事業部 デジタルインテグレーション企画営業部
担当:吉原敬史 大森美和
TEL:03-5337-4320 E-mail:techmonos@tis.co.jp

ページの先頭へ

更新日時:2017年2月2日 16時9分

PAGE TOP

お問い合わせ
お問い合わせページはこちら