金融業界における 情報漏えい対策の取り組みは? ~標的型攻撃から会社を守るために~

※本セミナーは終了しました。

標的型攻撃による情報漏えい事件があとを絶たず、世間の注目を集めています。情報漏えいは企業の社会的信用の失墜につながる重大な経営課題ではありますが、攻撃者の手法は高度化、複雑化、組織化しており、従来通りの対策だけでは完全に防ぎ切ることが困難なのが実情です。
 本セミナーでは、特に金融業界の標的型攻撃による情報漏えいの対策のポイントについて事例を交えてご紹介します。

金融業界における 情報漏えい対策の取り組みは? ~標的型攻撃から会社を守るために~
開催日 2015年10月21日(水)
会場

ベルサール東京日本橋

時間 14:30~17:30 (受付開始:14:00)
定員 30名
参加費 無料(事前登録制)
主催 TIS株式会社
共催 トレンドマイクロ株式会社
日本セーフネット株式会社

プログラム

時間 内容
14:30~14:40 主催者からご挨拶
Session1
14:40~15:10
(30min)
『標的型攻撃から身を守るに  ~事前の対策と、万が一に備えて~』

新聞紙上を賑やかしている「標的型攻撃」、すでに対策を講じられているかと思います。
しかしながら、今一度 見直しする必要がないでしょうか?
そもそも、標的型攻撃とは、マルウェア対策だけで十分でしょうか?
考えられるケースと、その脅威に立ち向かう製品のご提案を
1.標的型攻撃から身を守るために
2.標的型攻撃を受けてしまったら
の観点からご案内させていただきます。

TIS株式会社 プラットフォームサービス第2部  エキスパート 中村 敬

Session2
15:10~15:50
(40min)
『金融機関が考えるべき標的型サイバー攻撃への対応とは?:
導入するだけではなく、運用も見据えたセキュリティ実装を』

2015年4月に金融庁の監督指針の改正が行われ、サイバー攻撃に対する取り組みについて方針が提示されました。
企業経営にも大きな影響を及ぼしかねない標的型サイバー攻撃の被害を防ぐためには、単なるシステム導入ではなく運用も見据えたセキュリティ実装が必要となります。
本セッションでは、金融機関におけるセキュリティ対策のポイントと国内での実績豊富な当社セキュリティソリューションをご紹介します。

トレンドマイクロ株式会社 スレットディフェンスSE本部 栃沢 直樹

15:50~16:00 休憩
Session3
16:00~16:40
(40min)
『マイナンバーなどの機密データ漏えい対策:
漏洩をしても安心できるセキュリティ対策案とは(HSM活用事例)』

2016 年1 月に開始予定の「マイナンバー」やその他機密情報を守るため、様々なソリューションがありますが、情報漏えい対策として「データの暗号化」が注目されております。この暗号化では、実は暗号鍵の管理手法が重要な役割を担っております。
本セミナーでは、内部脅威の理解から、HSMとは?の解説、国内外で実績のあるHSMを使っての暗号鍵の漏洩防止方法を事例を交えてご紹介いたします。

日本セーフネット株式会社 データプロテクション事業部 舟木 康浩

Session4
16:40~17:20
(40min)
『事故発生時に備えた、これからのセキュリティ対策 ~CSIRTに期待される役割とは~ 』

近年のサイバーセキュリティでは、標的型攻撃など、日に日に巧妙化する脅威に備え、システム対策を最新化していくだけでなく、事故発生時に備えた組織全体の対応体制の整備が望まれています。
本セミナーでは、CSIRTに期待される役割と事故対応マニュアルの整備および、実行力を高めるための訓練について、事例を交えて解説いたします。

TIS株式会社 プラットフォームサービス第2部 シニアエキスパート 三木 基司

17:20~17:30 質疑応答

ページの先頭へ

お申し込み

お申し込みは終了しました。

ページの先頭へ

お問い合わせ

※本セミナーは終了しました。

TIS株式会社 プラットフォームサービス事業部 プラットフォームサービス営業部
担当:高野
Tel:03-5337-4379 E-mail:security_info@ml.tis.co.jp

ページの先頭へ

更新日時:2016年9月15日 18時23分

PAGE TOP

お問い合わせ
お問い合わせページはこちら