Zabbixだけじゃない! OSSを徹底活用して運用自動化を実現

※本セミナーは終了しました。

本セミナーでは、Zabbixを中心に、JobScheduler(ジョブ管理)、CMDBUild(構成管理)、fluentd(ログ管理)などのOSSと連携させることによって、統合的な運用管理を行う方法について、ご紹介します。

Zabbixだけじゃない! OSSを徹底活用して運用自動化を実現
開催日 2015年05月28日(木)
会場

ITS株式会社 東京本社 セミナールーム

時間 14:30~17:45 (受付開始:14:30)
定員 40名
参加費 無料
主催 ITS株式会社
協賛 Zabbix Japan LLC、OSSラボ株式会社

プログラム

■15:00-15:10

主催者挨拶

TIS株式会社 IT基盤技術本部 OSS推進室 室長 溝口 則行

■15:10-15:50

基調講演
「Zabbix 3.0の新機能とAPIを利用したステータスの可視化や設定ツール」

Zabbix Japan 代表 寺島 広大

<概要>
リリース間近となる次期メジャーバージョンZabbix 3.0に搭載される新機能 のご紹介と、Zabbixの標準のWebインターフェースだけではなく、APIを利用 した障害状況の可視化や設定の定型化が行えることをご紹介します。

■15:50-16:30

「Zabbix監視運用業務の自動化事例」

OSSラボ株式会社 代表取締役社長 船井 覚

<概要>
OSS監視システムの定番Zabbixの大規模導入において、エージェントインストール、監視設定、構成管理などのZabbixの運用管理業務の工数は少なくありません。 OSSのジョブ管理システム「JobScheduler」や構成管理システム「CMDBuild」等のAPIを利用してZabbixと連携させ、Zabbixの運用管理業務を自動化した事例をご紹介します。

■16:30-16:40 休憩
■16:40-17:20

「Zabbixと外部連携の効果とその可能性を探る」

TIS株式会社 IT基盤技術本部 OSS推進室 池田 大輔

<概要>
システムの安定運用実現には監視ツールのZabbixだけではなく様々な連携が重要となります。このような連携という面においてZabbixがどのように適しているのかを紹介し、クラウド連携やfluentdなど有用なツールとの連携の実例も紹介します。

■17:20-17:30

「エンタープライズ向けOSSサポートについて」

TIS株式会社 IT基盤技術本部 OSS推進室 室長 溝口 則行

ページの先頭へ

お申し込み

お申し込みは終了しました。

ページの先頭へ

お問い合わせ

※本セミナーは終了しました。

TIS株式会社 IT基盤技術本部 IT基盤技術推進部
担当:溝口
Tel:03-5337-4588 E-mail:oss@pj.tis.co.jp

ページの先頭へ

更新日時:2016年9月15日 18時22分

PAGE TOP

お問い合わせ
お問い合わせページはこちら