第5回 情報セキュリティマネジメントSummit

2018年12月5日

昨年は、ランサムウエア「WannaCry」を使ったサイバー攻撃やJavaのフレームワーク「Struts2」の脆弱性を狙った攻撃に多くの日本企業が襲われ、受発注の仕組みが止まったりクレジットカード情報が漏洩したりといった被害が続出しました。毎年のように大きな情報漏洩事故も発生し、今やサイバーセキュリティは大きな経営リスクになっています。
こうした中、先進企業は経営層をトップに、リスク管理部門、CSIRT部門といった複数の組織にまたがる連合体での対処をはじめ、攻撃相手を徹底的に研究するサイバーインテリジェンスにも取り組み始めました。まさに、企業全体で、新たな情報セキュリティマネジメントの確立が求められているのです。
本セミナーでは、数々の事例を紹介しつつ、多くの企業が課題を抱えるセキュリティ対策や管理体制の最適解を示します。
是非、本セミナーにご参加されて、貴社のセキュリティの戦略立案にお役立てください。

イベント概要

第5回 情報セキュリティマネジメントSummit
開催日 2018年12月5日(水)
開催時間 10:30~17:20(受付開始 10:00)
会場

ホテル雅叙園東京 2F

主催 日経コンピュータ
共催 TIS株式会社、他
参加費 無料(事前登録制)

ページの先頭へ

TISセッション

[A-3]
14:50~15:30

海外拠点のセキュリティをどう守る?
事例から考えるグローバルセキュリティ統制の勘所

グローバル進出をしている企業にとって、長年の課題であった海外拠点のセキュリティ対策。
近年、GDPRなどの各国の規制・現地法が強化されるなか、グローバルでのセキュリティ統制をどう効かせるかは非常に重要なテーマとなっております。
本セッションでは、「グローバルセキュリティポリシー統一」「グローバルでのセキュリティ運用」「セキュリティ対策製品選定のポイント」などについて、実際の事例をもとに解説します。

講師:
TIS株式会社
エンタープライズセキュリティサービス部 主査 河田 哲

ページの先頭へ

お申し込み

以下よりお申し込みください。

プログラムの詳細やお申し込みは、以下よりアクセスください。(イベントサイトへリンクします。)

お申し込みはこちら

ページの先頭へ

お問い合わせ

TIS株式会社 プラットフォームサービスパートナー営業部
担当:プロモーションチーム
TEL:03-5337-4379 E-mail:ps_marketing@ml.tis.co.jp

ページの先頭へ

更新日時:2018年11月20日 15時2分

PAGE TOP

お問い合わせ
お問い合わせページはこちら