Modern Cloud Day Tokyo

2019年8月6日

この度、TISは8月6日(火)~8月7日(水)に開催される「Modern Cloud Day Tokyo」にてセッションとブース出展いたします。
本イベントでは、オラクルが日本において次世代データセンターを開設し、提供する第二世代クラウド・プラットフォームに加え、機械学習やAI(人工知能)で迅速な意思決定を支えるクラウド・アプリケーション、さらにはハイブリッドクラウド・ソリューションなど、企業の成長を支えるオラクルの最新テクノロジーをお伝えします。また、実際にクラウドサービスを活用し、業務革新や新たな価値を創造している企業による取組みや効果をご紹介します。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

イベント概要

Modern Cloud Day Tokyo
開催日 2019年8月6日(火)~8月7日(水)
開催時間 9:30~18:00[受付開始 9:00]
※パビリオン(3F北辰) 12:00~18:00
会場
主催 日本オラクル株式会社
協賛 TIS株式会社、他
参加費 無料(事前登録制)

ページの先頭へ

TISブース

展示タイトル

ミッションクリティカルなシステムをOracle Cloud環境に移行する

展示概要

TISは今年1月より、Oracle DBをクラウド環境にマイグレーションする「Oracle DBクラウドマイグレーションサービス」を提供してまいりました。また、グループ会社であるインテック社がDCAN(データセンター接続ネットワーク)を使用した、Oracle Cloud InfrastructureとTISのデータセンターとの接続サービスを開始いたしました。
これにより、マルチクラウド環境は元よりハイブリッドクラウド環境でもサービスを提供可能となりました。
アプリケーションを含んだミッションクリティカルな領域でのクラウド移行には、高い技術力とコンサルティング能力が求められます。
クラウド移行へのノウハウを、多くの実績を持ち、かつオラクルを知り尽くしたTISのブースでご覧ください。

ページの先頭へ

TISセッション

セッション情報

8/6(火)16:30-17:15 セッションID:N-4

セッションタイトル

ミッションクリティカルなシステムをOracle Cloud環境に移行するには

セッション内容

ERPを中心とした基幹システムは、利用開始から10年以上が経過し、今後どういった基盤でシステムを運用するのかは大きな課題です。本講演では、ミッションクリティカルなシステムをCloud環境に移行することで、どのようなメリットがあるのかを説明します。そして具体的にどういったステップで移行するのか、Cloudに移行したシステムをどのように運用するのかについて事例に基づいてご説明いたします。

ページの先頭へ

お申し込み

以下よりお申し込みください。※イベントサイトへリンクします。

お申し込みはこちら

ページの先頭へ

お問い合わせ

TIS株式会社 経営管理サービス企画室
担当:マーケティングチーム
TEL:03-5337-4345 E-mail:sol@tis.co.jp

ページの先頭へ

更新日時:2019年7月29日 11時45分

PAGE TOP

お問い合わせ
お問い合わせページはこちら