【危機管理カンファレンス2015】 2020年へのロードマップ~世界に誇れる危機管理~

※本セミナーは終了しました。

この度、TISは9月29日(火)に開催される、危機管理・BCPの専門誌 リスク対策.com主催の「危機管理カンファレンス2015」にて講演を行います。

 「危機管理カンファレンス2015」は、BCP/危機管理/情報システム部門の実務担当者が集結する国内最大級のカンファレンスです。
 今年は「2020年へのロードマップ~世界に誇れる危機管理~」をテーマに、組織の危機管理、BCM(事業継続マネジメント)、災害対応などにおいて、今、求められている改善点、それらを解決しうる題材を取り上げ、今後の危機管理の方向性を考察していきます。

 TISの講演では、自然災害に限らず、あらゆる危機対応時の初動対応から事業継続対応をサポートし、被害状況などの全体把握に有効なBCMプラットフォームについてご紹介します。

 皆様のご来場を心よりお待ちしてお ります。

イベント詳細 : http://risk-conference.net/

【危機管理カンファレンス2015】 2020年へのロードマップ~世界に誇れる危機管理~
開催日 2015年09月29日(火)
会場

東京コンファレンスセンター・品川 5階 ホール&501会議室

時間 09:20~18:25 (受付開始:08:50)
参加費 無料(事前登録制)
主催 リスク対策.com

TISセッション

Session-6A  時間:15:25~16:10  会場:ホールA 【定員190人】

【タイトル】

状況判断や意思決定に欠かせない情報収集と共有をサポート
 ~被害状況など全体把握に有効なBCMプラットフォームの活用法~

【概要】

BCP発動時の体制確立から、双方向のコミュニケーションが可能な災害掲示板、写真や拠点の周辺情報の共有が可能な地図機能、そして、ディシジョンメイキングのための自社生産拠点やサプライチェーンの被害状況の管理等、事業継続マネジメントに必要な一連の流れをシステム化したTISの危機管理情報共有システム「Bousaiz(ボウサイズ)」。

本セッションでは、自然災害に限らず、あらゆる危機対応において適切な状況判断を行うための情報共有プラットフォームとしての活用方法とともに、初動対応から事業継続対応をサポートするさまざまな機能をご紹介します。

【講演者】

TIS株式会社 公共事業部 公共ソリューション部 部長 林 伸哉

ページの先頭へ

お申し込み

お申し込みは終了しました。

ページの先頭へ

お問い合わせ

※本セミナーは終了しました。

TIS株式会社 公共事業本部 公共事業部 公共ソリューション部
Tel:03-5337-4506
E-mail:government-sol@ml.tis.co.jp

ページの先頭へ

更新日時:2016年9月15日 18時24分

PAGE TOP

お問い合わせ
お問い合わせページはこちら