グローバル経営管理の未来2020
~テクノロジーで進化するインサイト&アナリティクス~(東京)

2020年1月31日

近年の経済のデジタル化とテクノロジーの台頭が目覚ましく、経理財務部門への期待が高まり、意思決定の迅速化やアナリティクスの強化など、経営管理領域において高度化が求められる一方で、間接部門として常にローコスト運営を要請されるという極めて難しい状況にあります。
しかし、経理財務部門は企業活動全体を俯瞰した新しい経営管理モデルを構築するリーダーとしての役割を果たす必要があり、また今日、企業戦略部門、経理財務部門および各オペレーション部門を包括的に連携した統合業績管理が、進化するテクノロジーの手助けによって現実化し、グローバル経営管理の在り方も急速に変化しています。
本セミナーでは、グローバル経営管理の新しいモデルやテクノロジーの紹介を通じ、未来の経営管理基盤の構築に向けた示唆および方向性を提示します。
本セミナーは、KPMGコンサルティング、Tagetik Japan、TISの共催で開催いたします。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

イベント概要

グローバル経営管理の未来2020
~テクノロジーで進化するインサイト&アナリティクス~(東京)
開催日 2020年1月31日(金)
開催時間 14:00~17:00(受付開始 13:30)
会場

KPMGコンサルティング株式会社 大手町フィナンシャルシティ サウスタワー 20階セミナールーム S1

共催 KPMGコンサルティング株式会社、TIS株式会社、Tagetik Japan株式会社
参加費 無料(事前登録制)
定員 80名

ページの先頭へ

プログラム

13:30 受付開始
14:00~14:10

ご挨拶

KPMGコンサルティング株式会社
執行役員 パートナー 後藤 友彰 氏

14:10~15:10

統合業績管理(IBP)で実現するインサイト&アナリティクス
~最新動向のご紹介~

不確実性の高い経済環境において、迅速に意思決定を行うためには、経営層からビジネス現場まで統合された情報管理基盤に基づく業績管理の仕組みを構築し、高度なインサイト&アナリティクス環境を実現することが必要です。中でも、企業の戦略・オペレーションと財務実績および予測情報をシームレスに結び付けた情報を、企業のパフォーマンス向上に活用する手法であるIBPの重要性がますます高まっています。本講ではKPMGの海外における知見も含めて、IBPおよびインサイト&アナリティクスの最新動向を実例を交えてご紹介します。

講師:
KPMGコンサルティング株式会社 シニアマネジャー 村上 信司 氏

15:10~15:50

事例に学ぶ、Integrated Business Planning(IBP)
~統合業績管理の実現に向けて~

デジタル時代のテクノロジー進化、市場のビジネスモデルの変化に伴い企業の意思決定や業績管理には、決算情報だけではなく財務数値に連動した詳細なデータを活用したアナリティクスやインサイトなどが求められてきます。より効果的な経営判断を実現する仕組みとして、経営管理プラットフォーム「CCH Tagetik」を事例と共にご紹介します。

講師:
Tagetik Japan株式会社 マネージングディレクター 箕輪 久美子 氏

15:50~16:05 休憩
16:05~16:50

先進的企業が経営管理統合プラットフォームを選択する理由
~デモでわかる「CCH Tagetik」の活用メリット~

CCH Tagetikは圧倒的な柔軟性とユーザビリティをもって予実管理・グループ連結・レポートでの可視化などをワンプラットフォームで活用することができるソリューションとして評価されています。本セッションではSIerの目線から、導入のメリットや実際の活用方法についてCCH Tagetikの実機デモンストレーションを通してご紹介します。

講師:
TIS株式会社 経営管理サービスユニット 経営管理サービス第2部 副部長 西郷 高幹

16:50~17:00 質疑応答

ページの先頭へ

お申し込み

以下よりお申し込みください。※受付サイトへリンクします。

お申し込みはこちら

ページの先頭へ

お問い合わせ

TIS株式会社 エンタープライズビジネス企画部
担当:マーケティングチーム
TEL:03-5337-4345 E-mail:sol@tis.co.jp

ページの先頭へ

更新日時:2019年12月18日 15時14分

PAGE TOP

お問い合わせ
お問い合わせページはこちら