「TOKYU CARD」の案内に活用する「Pepper」のアプリの構築をTISが支援

2015年9月9日

TIS株式会社

 ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)は、東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)と東急カード株式会社(以下、東急カード)が9月9日から二子玉川駅において「TOKYU CARD」※1の案内に活用したヒト型ロボット「Pepper」のアプリケーションの構築を支援したことを発表します。

 「TOKYU CARD」の「Pepper」による案内は、二子玉川が目指す「クリエイティブ・シティ」の実現の一環であり、7月に全施設が開業した二子玉川ライズなどの来街者の方に、楽しい時間やお得な情報を提供することを目的として実施するものです。

 「Pepper」は、二子玉川駅改札前や二子玉川ライズ S.C.タウンフロント1階で、来街者と会話をしながら「TOKYU POINT」※2の貯め方や使い方、「雨の日ポイントキャンペーン」をはじめとした東急線利用でポイントが加算されるお得なキャンペーンなど、「TOKYU CARD」及び「TOKYU POINT」の魅力や活用方法を案内します。

※1 東急カードが発行する東急線沿線での利用でお得に「TOKYU POINT」が貯まるカードです。
※2 東急グループをはじめ、TOKYU POINT加盟店で貯まるポイントです。TOKYU POINT加盟店以外でも、毎月のクレジットカードのご利用額に応じて貯まるプレミアムポイントや、各種条件により貯まるTOKYU POINTがあります。貯まったポイントは、1ポイント=1円として、TOKYU POINT加盟店で使えるほか、PASMOにチャージして電車やバスに乗ることもできます。 ※PASMOは、株式会社パスモの登録商標です。

<「Pepper」を活用した案内のイメージ>

TISが構築した「Pepper」のアプリケーションの概要

 今回の「Pepper」活用では、”新規会員獲得の増加“、”来街者への集客・告知効果“などを目的に以下のようなモードを持つアプリ※3をTISが構築しました。

1)呼び込み(1対多)モード
来街者に対して興味を引かせるために「Pepper」が呼び込みを行うモード。「カードはすぐに作れて、今日からポイントがためることができるよ」「だから、TOKYU CARD入って」など、「Pepper」がカードの動画や画像を使って魅力を案内しながら集客を行います。

2)対話(1対1)モード
呼び込みで近づいて来たお客様(来街者)を認識し、自己紹介後にコミュニケーションを行うモード。「TOKYU CARD」を持っているかの質問への回答結果次第で、「Pepper」の対応が変わり、カード発行のご案内や写真撮影・ゲームといったコミュニケーションをお客様と行います。

※3 今回構築したのはソフトバンクロボティクスのPepperを活用し、TISが独自開発したアプリケーションです。

今後の展開

 東急電鉄と東急カードでは、今後は、「Pepper」を活用しながら、東急線の駅やグループ施設におけるお客様対応の更なる充実を検討していきます。

 TISでは、シーンや用途に合わせた「Pepper」のアプリ構築支援を推進していくと同時に、人工知能分野における"機械学習"や"自然言語処理"といった技術要素を活用し、特定領域の話題において人間と対話し、人間に情報推薦できるロボットアプリケーションを開発していく予定です。

「TOKYU CARD」および「TOKYU POINT」について

「TOKYU CARD」および「TOKYU POINT」の詳細については【別紙】をご参照下さい。

「Pepper」について

 「Pepper(ペッパー)」はソフトバンクロボティクス株式会社が2015年6月から一般販売を開始した自分の感情を持ったパーソナルロボットです。人との生活ができるよう、最先端の技術が詰め込まれ、首や腕、腰などの可動部をフルに使った自然な動きと搭載された様々なセンサーを組み合わせることで人間との多彩なコミュニケーションを行います。詳細は以下URLをご参照下さい。http://www.softbank.jp/robot/products/

TIS株式会社について

 ITホールディングスグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

ITホールディングスグループについて

 ITホールディングスグループは、約2万人、50社超から成るIT企業グループです。グループ各社が様々なエキスパートであり、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのクライアントのビジネスとその先にあるお客様の日々を支えています。クライアントの課題を解決するだけでなく、クライアントのさらにその先にあるお客様のニーズを先取りして一歩進んだ提案をしていきます。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 コーポレート本部 企画部 広報室 浄土寺/橋田
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本件に関するお問合せ先

TIS株式会社 戦略技術センター
TEL:03-5337-4578 E-mail:ai-biz@ml.tis.co.jp

更新日時:2018年4月2日 13時24分

PAGE TOP