TIS、クラウド型で提供する『Microsoft DynamicsAX2012グローバル導入サービス』を開始~ 中国・ASEANにおける日本の製造業の導入・運用をサポート ~

2014年1月9日

TIS株式会社

報道関係各位

ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下TIS)は、中国およびASEANエリアに展開する日本企業を対象に、クラウド型で提供する『Microsoft DynamicsAX2012 グローバル導入サービス』を2014年2月より開始することを発表します。

本サービスは、初期導入費用が安く、世界各国での豊富な導入実績と充実したサポート網などから海外拠点に展開しやすいMicrosoftのERPパッケージ「Microsoft DynamicsAX2012」を、クラウド型で提供するサービスです。システム導入から、クラウド提供による運用までをTISがワンストップでサポートし、海外拠点での導入負担の大幅な軽減、業務の効率化、グローバルでのIT統制の実現を支援します。

TISでは、本サービスを中国およびASEANエリアに展開する日本の製造業向けに提供していき、2015年度までに30件の導入を目指します。

サービス提供の背景や狙い

グローバル進出、ビジネス環境の変化、内部統制、グループ会計、決算早期化、事業活動の見える化などの様々な課題を背景に、日本の製造業では海外拠点を含むグループ全体で、業務ニーズやITニーズに柔軟かつ迅速に対応できるERPの構築が重要なテーマになっています。

「DynamicsAX」はSFAから会計、販売、購買、生産(組立加工・プロセス製造)、CRM、帳票・BIツール、ワークフローなど、製造業のサプライチェーン構築に最適な機能を標準装備し、カスタマイズ性も高く複雑な業務要件、プロセスに対応可能なERPパッケージです。

TISでは、アジア各国の日本企業の拠点へ「Microsoft DynamicsAX2009」など様々なERPを導入した実績から、海外拠点での法令対応などのノウハウを蓄積してきました。これらのノウハウを最新バージョンである「Microsoft DynamicsAX2012」の導入テンプレートに集約し、海外拠点に運用負荷がかからないクラウド型で提供するのが『Microsoft DynamicsAX2012 グローバル導入サービス』です。

『Microsoft DynamicsAX2012 グローバル導入サービス』の概要

本サービスは、システム導入コストの軽減と短期導入を可能とする「DynamicsAX2012グローバル向け業務テンプレート」、業務担当者のシステム導入負荷を軽減する「グローバル導入支援サービス」、システム管理者の運用負荷を軽減する「クラウドサービスfor DynamicsAX2012」の3つで構成されるサービスです。

1)「DynamicsAX2012グローバル向け業務テンプレート」

「DynamicsAX2012グローバル向け業務テンプレート」は、主に製造業向けに提供してきたTISのグローバルERP導入実績をベースに、そのノウハウを「Microsoft DynamicsAX2012」上の標準業務テンプレートに反映したものです。また、各国の言語、法令・税制要件への対応も順次追加対応していく予定です。これらテンプレートをベストプラクティスとして活用し、カスタマイズ量を最小化することで、システム導入コストを軽減し、最短3か月での導入が可能になります。

<提供テンプレートのイメージ>

<テンプレート例>
・言語対応
・各国法制・税制対応
・中国及びインドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム等のASEAN諸国へ対応
・業務標準テンプレート
・業務フロー
・システムフロー
・オペレーションマニュアル
・パラメータ/マスタ定義

2)「グローバル導入支援サービス」

TISのグローバルでのERP導入実績・ノウハウを導入方法論として集約して提供するのが「グローバル導入支援サービス」です。導入プロセスをメニュー化し、各プロセスを支援するドキュメントおよびマスタ・パラメータ設定値、設定支援ツールなどを提供することで、業務担当者のシステム導入負荷を軽減し、「Microsoft DynamicsAX2012」の確実な導入・稼動を実現します。また、稼働後も中国およびASEANエリアにあるTIS各拠点と現地アライアンスパートナーとの連携により、お客様のニーズに即した保守サポート体制を提供します。

<「グローバル導入支援サービス」の工程イメージ>

3)「クラウドサービスfor DynamicsAX2012」

「クラウドサービスfor DynamicsAX2012」は、TISのオリジナルのクラウドサービス上で「Microsoft DynamicsAX2012」を構築して、各拠点での運用負荷を最小化して利用できるサービスです。日本、中国、インドネシアで展開し、お客様個別に切り分けたセキュアなシステム環境を用意できるTISのオリジナルの企業向けのIaaS「TIS Enterprise Ondemand Service」シリーズを利用して提供します。クラウド型での提供のため、システムメンテナンスに人員を割く必要がなく、拠点でのERPシステムの運用負荷を軽減し、最短3ヶ月という早期でのシステム立上が可能になります。

<クラウド利用イメージ>

『Microsoft DynamicsAX2012 グローバル導入サービス』提供価格と導入期間

条件により個別見積になりますが、初期費用では750万円~、導入期間では最短で3か月~での導入が可能です。想定する最小構成の条件モデルと費用試算は以下の通りです。

<想定するグローバル導入モデル/1拠点導入当り>
・業種 : 日本国内の大手製造業の海外販社(販売拠点)
・地域 : 中国・ASEAN
・売上規模 : 売上高200億円未満
・利用者数 : 10~20名
・導入期間:3か月~
・初期費用:750万円~(税別)

※アドオン開発なしで提供するテンプレートを活用した導入を行う場合の標準価格

『Microsoft DynamicsAX2012 グローバル導入サービス』の詳細は以下URLをご参照ください。

「TIS Enterprise Ondemand Service」について

「TIS Enterprise Ondemand Service」は、企業IT システムに向けたサーバ環境やネットワークサービス/運用機能を、オンデマンドで提供するIaaSです。国内で蓄積したノウハウ、技術を応用して、中国で展開する「飛翔雲(フェイシャンユン)」、インドネシアで展開する「Cloud Berkembang(クラウド ブルクンバン)」など各国の要件に合わせたシリーズ提供を行っています。

金融業、製造業など多くのシステムで活用されており、セキュアなお客様専用ネットワーク上に、必要なときにすぐにシステムリソースを追加・削減できる柔軟性を特長としています。

「TIS Enterprise Ondemand Service」の詳細情報は下記URLをご覧下さい。
http://www.tis.jp/service_solution/cloud/

本件に関するお問い合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 コーポレート本部 企画部 浄土寺
TEL:03-5337-4232  E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本サービスに関するお問い合わせ先

TIS株式会社 産業事業本部 西日本産業事業部 西日本産業システム営業部 河端
TEL:06-6821-1050  E-mail:dynamicsax_sales@ml.tis.co.jp

※記載されている情報は、発表日現在のものです。 最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

更新日時:2019年4月1日 16時44分

PAGE TOP