TIS、『自律型ハイブリッドクラウドプラットフォーム』の技術開発プロジェクトを開始~ 経済産業省の平成25年度「産業技術実用化開発事業費補助金」に採択 ~

2013年11月28日

TIS株式会社

報道関係各位

ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下TIS)は、経済産業省が公募した“平成25年度「産業技術実用化開発事業費補助金(ソフトウェア制御型クラウドシステム技術開発プロジェクト)」”に採択され、『自律型ハイブリッドクラウドプラットフォーム』の技術開発プロジェクト(以下、本技術プロジェクト)を開始したことを発表します。

本技術プロジェクトは、中長期的なハイブリッドクラウド時代を見据えて、システムの障害時や自然災害の被災時に事業継続が可能なシステム実行プラットフォームを実現するソフトウェア制御型クラウドシステムに関連する技術を検証し開発するプロジェクトです。

TISでは、本技術プロジェクトの成果の一部を2014年3月までに、オープンソース・ソフトウェア(OSS)として広く公開する予定です。

『自律型ハイブリッドクラウドプラットフォーム』技術開発プロジェクトの概要

『自律型ハイブリッドクラウドプラットフォーム』技術開発プロジェクトは、近年注目されている『SDN(Software-Defined Networking) 』の技術を活用し、パブリッククラウドやプライベートクラウドを跨いだシステムを構築する際に発生する、システム基盤方式設計や、ディザスタリカバリ(DR)を考慮したシステム運用設計などの作業を、テンプレート化することで再利用を可能とする技術の開発を行うプロジェクトです。

<『自律型ハイブリッドクラウドプラットフォーム』の利用イメージ>

<本技術プロジェクトの背景と狙い>
今後エンタープライズシステム(企業システム)の実現形態は、プライベートクラウドとパブリッククラウドが混在する『ハイブリッドクラウド』に向かうと予想されています。しかし、オンプレミスやプライベートクラウドを主として構築された現在のエンタープライズシステムでは、バッチ処理でパブリッククラウドと連携する形式が多く、その活用方法もバックアップなどに限定されているのが現状です。

一方で、『SDN』の技術を活用すれば、プライベートクラウドやパブリッククラウドといった『個別のクラウド』の垣根を超えたネットワークの設計が可能になります。将来のエンタープライズシステムでは、このSDN技術を活用することで、システムリソースを複数のクラウド環境に、目的に応じて配置することが可能になると考えられています。

本技術プロジェクトは、多種多様なシステム稼働環境を統合的に管理するソフトウェアを開発し、エンタープライズシステムから稼働環境に依存する仕様を切り離すことで、『個別のクラウド』を超えたシステム方式設計における自由度と再利用性を高めることを目的としています。

<技術要素>
本技術プロジェクトでは、コンピューティングリソースおよびネットワークの仮想化技術、クラウド統合化技術、クラウド設定自動化技術、ハイブリッドクラウド統合監視技術などを用いて、プライベートクラウドとパブリッククラウドを含む多種多様なシステム稼働環境を統合的に管理するソフトウェアの開発を目指します。このソフトウェアを開発するための技術には、OpenStack、OpenFlow、Chef、Zabbix、RubyなどのOSS技術を積極的に活用し、開発した技術もオープン仕様およびOSSとして広く公開します。

また、これまでエンタープライズシステムにおいて暗黙知として蓄えられてきた方式設計に関するノウハウを形式知として共有するエコシステムのしくみも提供します。

<将来構想>
『ハイブリッドクラウド』環境の統合的な運用を実現する本技術プロジェクトの開発技術を活用することで、システム開発者は、システムの設計、構築、運用の各段階で、プライベートクラウドやパブリッククラウドといった稼働環境に依存しないシステム開発が可能になります。また、ソフトウェア制御の技術を活用すれば、エンタープライズシステムに自律的な自己修復と拡張の機能を提供することも可能になります。

これにより、システムインテグレータおよびエンタープライズシステムのユーザは、開発するシステムが実現する価値そのものにより注力できるとTISでは考えています。

「産業技術実用化開発事業費補助金(ソフトウェア制御型クラウドシステム技術開発プロジェクト)」について

「産業技術実用化開発事業費補助金(ソフトウェア制御型クラウドシステム技術開発プロジェクト)」は、国内企業に広く受け入れ可能な機能と性能を備えた情報インフラとして、柔軟性、拡張性、効率性を備え、かつ省電力なクラウドコンピューティング環境を実現するとともに、クラウドコンピューティング環境の稼働を支える高可用、高効率なデータセンターの構築に係る新たな情報処理基盤の開発を目的に公募されました。

2013年5月10日~6月11日の期間で公募が実施され、期間内に6件の応募があり、審査委員会において審査の結果、TISを含む3社が採択事業社として選定されました。詳細は以下、経済産業省のWebサイトをご参照ください。

・公募について
http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/k130510001.html

・採択結果について
http://www.meti.go.jp/information/publicoffer/saitaku/s130726002.html

本件に関するお問い合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 コーポレート本部 企画部 浄土寺
TEL:03-5337-4232  E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本件に関するお問い合わせ先

TIS株式会社 コーポレート本部 戦略技術センター 担当 石橋・松井
TEL:03-5337-4244  E-mail:cloudconductor@tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

更新日時:2020年4月9日 11時49分

PAGE TOP