TIS、ベトナム国家大学ホーチミン市校工科大学と提携-有力校へ助成金を提供し、IT活用の発展のための研究テーマを支援-

2013年10月29日

TIS株式会社

報道関係各位

ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下TIS)は、ベトナムの有力大学の一つであるベトナム国家大学ホーチミン市校工科大学([Vietnam National University, Ho Chi Minh City - University of Technology]、所在:ベトナム ホーチミン市、学長:ヴ・ディン・タイン[Vu Dinh Thanh]、以下 HCMUT)と提携し、研究助成金の提供に関する契約を締結したことを発表します。


写真:研究助成金の調印式(左:HCMUT学長 タイン氏、右:TIS社長 桑野)

ベトナムは、経済成長率が2012年度で5%と高い成長性を維持し、インターネット普及率が38%を超える本格的な拡大期となるなど、IT関連市場として更なる成長が期待されています。
TISでは、ベトナムにおけるIT活用の発展への支援と、将来のベトナムにおける事業拡大の布石として、研究助成金の提供を3年間実施することでHCMUTと合意しました。

HCMUTとTISは、初年度のテーマとして、「ホーチミン市内の交通量情報のリアルタイムでの取得および予測」と「特定の製品やサービスに対するネット上の評価の総合分析」 の2つの研究を選定しました。助成金の対象となる研究テーマを1年ごとに選定することで、幅広いテーマに対しての研究活動を実施していく予定です。

HCMUT 学長 ヴ・ディン・タイン氏のコメント

「私たち、HCMUT一同は、TISと私どもの大学とが研究助成金プログラムの合意に至ったことをとてもうれしく思います。今回の合意により、将来実りの多い結果をもたらすものと約束されており、HCMUTとTISの両者による情報科学と技術におけるさらなる協力関係への重要な一歩であると感じているからです。この研究により、世界の開発のトレンドに沿った、新たな技術製品をもたらしてくれると信じています。
また、この協力関係は、日本の民間企業とベトナムの大学という異分野のプロフェッショナルの協同作業であり、このことが日越外交40周年の記念に大きく貢献するものと考えています」

TISのASEAN展開

TISでは、ASEAN進出の日系企業のサポートニーズと、現地での将来のビジネス展開も視野に入れた調査や各種営業活動の実施のため、ベトナムをはじめ、シンガポール、そして本年10月にインドネシアとタイに拠点を新設しASEANでのビジネスを推進しています。
今回のHCMUTとの提携も、有望な市場であるベトナムでの将来のビジネス拡大を目指したものです。TISは今後もASEAN地域のビジネスを推進する施策を積極的に展開していきます。

ベトナム国家大学ホーチミン市校工科大学について

ホーチミン市工科大学は、ベトナムに3校ある国家大学の1校で、11学部合計26,000人の学生を要しています。ベトナムの技術系大学の中では、研究・教育の中核と認知されており、ベトナム南部の技術系大学の中で最大規模かつ最高位に位置し、最も歴史ある大学です。同大学では、工学教育の世界標準レベルへの到達と、教育・研究機関としての国際的な認知向上を目標とし、その達成のために、以下の3点の重点施策を掲げています。

(1) 教育と研究の品質レベルのさらなる向上
(2) 継続的な産学連携の促進
(3) ベトナム国内および海外の大学、各種機関、組織との連携の拡大

以上のような活動を通して、ホーチミン市工科大学は、アジア地域において、グローバルな環境を有し、理想的な教育、研究を行う、先進的な大学のひとつになることを目指しています。

・学部:情報工学、応用化学、機械工学、電気・電子工学、土木工学、応用科学、管理工学、環境科学、地質・石油工学、交通工学、材料科学

TISのASEAN地域の拠点

TISのASEAN地域拠点

本件に関するお問い合わせ先

<報道関係からのお問い合わせ先>

TIS株式会社 コーポレート本部 企画部 浄土寺
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

<本件に関するお問い合わせ先>

TIS株式会社 コーポレート本部 企画部 海外事業企画室
TEL:03-5337-4397 E-mail:global@ml.tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

更新日時:2019年4月1日 16時44分

PAGE TOP