サイト内検索
サイト内検索を閉じる

TIS、『Windows7/8移行支援サービス』の提供を開始 ~ OSのバージョンアップに伴う影響を事前に把握・分析し、安全かつ最適なコストでの新環境への移行を実現 ~

2013年4月25日

TIS株式会社

報道関係各位

ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下TIS)は、2014年4月に迫ったWindowsXPのサポート終了に伴うWindows 7やWindows 8へのバージョンアップを包括的にサポートする『Windows7/8移行支援サービス』を提供開始することを発表します。

『Windows7/8移行支援サービス』は、導入コンサルティングから事前検証、新OS環境の移行/構築、端末の展開、保守・サポートサービスまでをワンストップで提供するサービスです。

Windows XPから新OSへのバージョンアップでは、企業のクライアント端末およびサーバで稼動している膨大な数のアプリケーションに、誤作動や動作しないなど様々な影響が発生する可能性があります。本サービスでは、それらの影響を事前に把握・分析し、最適な移行方針を計画することで、安全かつ最適なコストでスムーズな新環境への移行を実現します。また、OSバージョンアップを機にシステム構成を見直したい、などのお客様の要望にも対応します。

TISでは、「バージョンアップ対象の端末が多い」「拠点が全国に点在する」などの理由から、バージョンアップに悩む企業を中心に本サービスを展開していきます。

『Windows7/8移行支援サービス』のプロセスとサービスメニュー

背景

WindowsXPおよびOffice2003は2014年4月にサポート終了になり、対象となる製品へのセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、ウィルスの感染や不正アクセスなどのリスクが大幅に高まります。このため、多くの企業ではサポート終了までにWindows7またはWindows8の新環境への移行作業を終わらせる必要があります。

しかし、実際には日本企業の約4割がいまだにWindowsXPからの乗り換えができていない状況です。その理由としては、「膨大な数のアプリケーションが移行後に稼動するか不安」「移行のためのコストが見えない」「移行にどれ位の期間がかかるかが分からない」「単純なOSバージョンアップだけには予算が付き難い」などがあるといわれています。

そこでTISでは、上記のような課題に対応するため、導入コンサルティングからスタートする『Windows7/8移行支援サービス』の提供を開始します。

『Windows7/8移行支援サービス』の概要

本サービスは、以下のプロセスとサービスメニューから構成されています。

<導入コンサルティング>
最適な移行方針を決める導入コンサルティングは以下の3つのサービスで構成されています。

1)アプリケーション動作分析支援サービス
OSバージョンアップで影響があるアプリケーション動作の分析※を行い、「修正の要否」「回避策」「修正内容」や「バージョンアップ全体のコストや期間」が把握できます。

※分析には、数多くの実績があるシトリックスの「Citrix® AppDNA™」を活用することで、分析作業の一部を自動化し、分析作業にかかるコストと期間を圧縮します。TISは「Citrix® AppDNA™」の分析結果を踏まえて、具体的な修正内容や回避策を提示します。

2)アプリケーション現状調査サービス
クライアント端末およびサーバにインストールされた膨大な数のアプリケーション情報を収集し、導入されているアプリケーションの種類や利用率、CPUやメモリーへの影響といったリソース状況の現状調査を行います。

3)クライアント環境総合コンサルティング
分析および調査で把握したお客様の課題を踏まえた、新環境の総合的な提案を行います。様々なソリューションを扱える独立系SIerの立場とノウハウを活かし、単純なOSのバージョンアップだけでなく、アプリケーションの仮想化やデスクトップ仮想化(VDI)の採用など、様々な方法と製品を組み合わせた新環境を提案し、お客様にとっての最適な移行方針の決定を支援します。

調査結果レポートのイメージ(一部抜粋)

<事前検証>
インフラ環境の事前検証を支援します。独立系SIerの強みを活かし、複数ベンダーの製品を比較しての調査検証も対応可能です。

<移行/構築>
PCへの移行やデスクトップ仮想化、アプリケーション仮想化などの複数の手法から選択した最適な移行方法を活用した新環境の構築と、移行作業を支援します。

<展開>
新しいOSに対応した端末の全社展開を支援します。特に作業負荷が高いキッティングや各拠点展開も包括的にサポートし、展開作業の負担を軽減します。

<保守>
ハードウェアやソフトウェアの保守・サポートをTISが一括で対応します。複数ベンダーの製品や方式を組合せたデスクトップ仮想化環境への対応なども総合的に保守・サポートします。

『Windows7/8移行支援サービス』の利用料金と導入期間

導入コンサルティング

 ・28万円(税別)~ 
 ・最短2週間で実施可能

その他サービス

 ・費用および実施期間は個別見積

『Windows7/8移行支援サービス』の詳細については、以下URLをご参照下さい。

  http://www.tis.jp/service_solution/windowsxpnext/

今後の展開

TISは、『Windows7/8移行支援サービス』を2014年3月までに50社への提供を目指します。

本件に関するお問い合わせ先

<報道関係者からのお問い合わせ>
TIS株式会社 コーポレート本部 企画部 広報担当 浄土寺/伊藤
TEL:03-5337-4232  E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

<サービスに関するお問い合わせ>
TIS株式会社 IT基盤サービス本部 IT基盤サービス第1事業部 IT基盤サービス第2営業部 担当 関/高田
TEL:03-5337-4390 E-mail:security_info@ml.tis.co.jp

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2021年9月7日 0時18分

PAGE TOP