サイト内検索
サイト内検索を閉じる

TIS、Oracle Cloud InfrastructureとMicrosoft Azureのマルチクラウド運用でセキュリティの統合管理・監視を一元管理するメニューを提供開始

2023年10月27日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)は、「マルチクラウドインテグレーションサービスfor Oracle Cloud Infrastructure & Microsoft Azure」を拡張し、異なるメーカーのクラウドを利用する際にセキュリティ統合管理・監視の一元化を可能とするマルチクラウド セキュリティ統合管理・監視メニューの提供を開始することを発表します。

TISの「マルチクラウドインテグレーションサービスfor Oracle Cloud Infrastructure & Microsoft Azure」は、Oracle Cloud Infrastructure(以下:OCI)とMicrosoft Azure(以下:Azure)の導入に向けた、コンサルティングから運用までワンストップで提供するサービスです。

今回、メニュー拡張としてOCIとAzureのマルチクラウド運用におけるセキュリティの統合管理・監視の一元化が可能になるメニューを提供します。
本メニューでは、IaaS・PaaSそしてSaaSなど企業内のあらゆる場所からセキュリティデータの収集が可能な Microsoft Sentinel の活用や Microsoft Entra ID と連携を行い、OCIとAzure のマルチクラウド運用において一元的にセキュリティ統合管理・監視を行います。OCIコンソールの不正利用等の監視だけでなくOracle Base Database Serviceの監査情報なども含め、統合的にOCIリソースすべてへの不正アクセスの監視も可能です。そのため、お客様の運用負荷軽減と不正アクセス等の効率的な早期発見への寄与が可能になります。さらには、TISのサービスである「ITリスクマネジメントプラットフォーム」にセキュリティ監視などの各種アラート情報を連携することで、障害管理や構成管理等も含めたシステム運用保守の一元化・効率化が提供可能です。

本サービスで提供するマルチクラウド セキュリティ統合管理・監視のイメージ

本サービスで提供するマルチクラウド セキュリティ統合管理・監視のイメージ

背景

近年、ビジネスの目的に応じてクラウドサービスを利用する事例が増えており、特にオラクルとマイクロソフトのパートナーシップの拡大により、OCIと Azure を併用するマルチクラウド環境が増加しています。
しかし、複数のクラウドサービスを同時に利用するマルチクラウド環境では、各クラウドにおけるセキュリティ対策の違いや管理の煩雑さから、セキュリティの脅威や事故発生のリスクが高まるという課題がありました。
そこでTISでは、複数のクラウドを一元管理する統合管理・監視が可能なセキュリティオプションを拡張しました。

マルチクラウド セキュリティ統合監視の導入プロセス概要

本メニューでは、Microsoft Azure のサービスを活用したOCIと Azure の一元的な運用監視に向けた支援をします。各種サービスご利用にあたり、お客様の最適構成を納得感を持って頂くための実現性検証をするPoCをメニューとして用意し、その結果を基にした導入イメージの具体化を実現します。

マルチクラウド セキュリティ統合監視の導入プロセス概要

① PoC
弊社メニューを利用したMicrosoft Sentinel - OCI連携および、お客様の運用実現の可能性を検証します。ログ収集・可視化の検証結果をもとに導入イメージを具体化します。

② 要件確認、設計・導入
OCIのセキュリティ監視要件や対象を整理し、Microsoft Sentinel およびOCIの各種設定を行い、動作確認を実施します。

③ 運用設計、手順作成・引継ぎ
OCI各サービスの Microsoft Sentinel による監視運用に向けた運用設計・引継ぎを行います。

本サービスをご利用いただくメリットは以下の通りです。

  • メーカーの異なるクラウドにおける運用監視の煩雑化の解消
  • 不正アクセス等の早期発見への寄与
  • 運用一元化によるコスト削減

詳細は、以下URLをご参照ください。
https://www.tis.jp/service_solution/oci_azure_multicloud/

今後について

今後は「マルチクラウドインテグレーションサービスfor Oracle Cloud Infrastructure & Microsoft Azure」のオプションメニューをさらに拡張し、運用サービスの構築と、問題発生監視・検知だけでなく、脆弱性診断・予防監視についてもサービスに追加して行きます。

オンラインイベントの開催

日本オラクル株式会社、日本マイクロソフト株式会社、TISの3社共催でオンラインイベントを開催します。
タイトル:マルチクラウド時代のセキュリティ最新トレンド
詳細URL:https://v2.nex-pro.com/campaign/60451/apply?np_source=in-sales

「マルチクラウドインテグレーションサービスfor Oracle Cloud Infrastructure & Microsoft Azure」について

Microsoft Azure の導入・Oracle Databaseのクラウド化を検討しているお客様へOCIとAzureのマルチクラウド導入をコンサルティングから運用・保守までワンストップでご提供するサービスです。
詳細はhttps://www.tis.jp/service_solution/oci_azure_multicloud/をご参照ください。

Microsoft Sentinelについて

Microsoft Sentinel はクラウドネイティブのセキュリティ情報イベント管理 (SIEM) プラットフォームです。組み込みの AI を使用しているため、企業全体の大量のデータの迅速な分析が可能です。Microsoft Sentinel では、ユーザー、アプリケーション、サーバー、オンプレミスまたは任意のクラウドで実行されているデバイスなど、すべてのソースのデータを集計し、数秒以内に数百万件を超えるレコードについてユーザーが推察できるようにします。組み込みのコネクタが含まれ、人気のあるセキュリティ ソリューションを簡単に装備できます。
詳細はhttps://azure.microsoft.com/ja-jp/products/microsoft-sentinel/をご参照ください。

TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループのTISは、金融、産業、公共、流通サービス分野など多様な業種3,000社以上のビジネスパートナーとして、お客様のあらゆる経営課題に向き合い、「成長戦略を支えるためのIT」を提供しています。50年以上にわたり培ってきた業界知識やIT構築力で、日本・ASEAN地域の社会・お客様と共創するITサービスを提供し、豊かな社会の実現を目指しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループは、国内外グループ2万人を超える社員が『ITで、社会の願い叶えよう。』を合言葉に、「金融包摂」「都市集中・地方衰退」「低・脱炭素化」「健康問題」を中心とした様々な社会課題の解決に向けてITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして新たな価値を創造し、人々の幸せと持続可能な豊かな社会の実現に貢献します。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 髙橋/浄土寺
TEL:050-1702-4071 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

サービスに関するお問合わせ先

TIS株式会社 DXビジネスユニット DX企画ユニット DXマーケティング部
E-mail:marke_mb@pj.tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ Oracle、Java、MySQL及びNetSuiteは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
※ Microsoft、Azure、Microsoft Sentinel、Microsoft Entra は、米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

PAGE TOP

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2023年10月27日 13時0分