サイト内検索
サイト内検索を閉じる

TIS、ツネイシホールディングスにクラウド型経費精算システム「Spendia」を導入
~内製化による経理DXで、グループ全体のペーパーレス化を実現~

2023年8月8日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)は常石グループ各事業会社の持株会社であるツネイシホールディングス株式会社(本社:広島県福山市、代表取締役社長:神原 宏達、以下:ツネイシホールディングス)にクラウド型経費精算システム「Spendia」を導入したことを発表します。

ツネイシホールディングスは、海運・造船をはじめ、環境・エネルギー・ライフ&リゾートの5事業を展開する常石グループ各事業会社の持株会社として、広島県の本社と東京支店の2拠点を中心にビジネスを手がけています。

背景

ツネイシホールディングスでは、過去10年来、経費申請・精算はスクラッチ開発をしたシステムで対応してきました。しかし、従来のシステムは社内ネットワークに限定したWebアプリのため、出張先やテレワーク環境からは使用できないなど、ここ数年の働き方の変化に対応できないといった課題が生じるようになりました。もう一つの課題は、システム更改に手間と時間を要することです。自社開発したシステムのため、電子帳簿保存法やインボイス制度に対応させるには、大がかりな追加開発を要します。そこで、新しい制度に合わせた自動更新が期待できるクラウド型サービスへ移行し、ユーザーの自由度を高めることを検討しました。さらに、グループ各社でも同様の経費精算業務の課題が顕在化していたことから、グループをあげてクラウド型サービスに移行することを構想し、まずツネイシホールディングスが先行導入し効果を確認後、順次グループ各社へ展開していくこととしました。

TISの「Spendia」選定理由

ツネイシホールディングスでは2020年頃より、市場で定評のあるクラウド経費精算サービスの情報収集を開始しました。2021年中頃、常石グループの他のプロジェクトで技術パートナーの一社であったTISから経費精算クラウド「Spendia」の提案を受け、PoCを実施し、以下の点を評価して2022年3月に採用が決定しました。

評価ポイント

  • 候補サービスの中で、スマホアプリのUIが分かりやすく直感的に操作が可能な点
  • クラウド経費精算のため過去の領収書等をデータで検索できる点
  • ペーパーレスのため、郵送など不要で申請者への差し戻しがしやすい点
  • 画面上でパラメータを選ぶだけで経費申請のルールを設定でき、承認フローをGUIベースで設計しやすい点

導入方法

今回の「Spendia」導入は、過去の事例の中でも特にお客様主導の進め方で実施しました。これまでは、お客様が求める要件に基づき、TISが「Spendia」上でパラメータを入力し、経費申請ルール等を設定していく方法でしたが、今回は「ツネイシグループがデジタル戦略を加速させていくには、従業員一人ひとりが“自ら変わっていく・改革の担い手になる”」という強い思いのもとお客様自らセルフセットアップをしたいとの希望があり、その点が内製化されました。また、並行して長い年月の中で独自化・複雑化していた社内規定の見直しも実施され、こうした独自ルールを近年の一般的な規定にあわせてシンプル化することで、働き方の改善にもつなげることができました。

導入効果

導入から1年弱が経過した時点で、申請端末の割合はスマホとPCがほぼ同等になり、自宅や出張先からスマホで経費申請できる便利さは社内でも好評で利用者が増えつつあります。また、申請者および経理担当者にとって以下のメリットを実感されています。

  • ペーパーレス化による作業効率の向上
    以前は東京支店から広島の経理担当まで、紙の領収書を郵送していたが、今回の導入でペーパーレス化でき、郵送によるタイムラグも解消。
  • オンライン化によりスキマ時間の活用が可能に
    申請に不備があった際の差し戻し・再提出がオンラインで完結できるようになった。また、承認がオンライン化されたことにより承認者である上長も、離席中・出張中でもスキマ時間を利用して承認が可能。結果的に、立替金の支払いの早期化につながった。

現在、「Spendia」のグループ展開は既に2つの事業会社で導入を実施しています。グループ会社によって事業形態が異なるため今回の導入経験を踏まえ、社内規定の見直しを含めて経費精算業務のデジタル化を進めていきます。

ツネイシホールディングス株式会社 情報戦略部 課長代理 中根 暢子氏コメント

Spendia」は受け取った経費申請を処理する業務でも直感的に使いやすく、TISのサポートもほとんど必要ないほどです。今回の導入を成功事例としてグループ各社に紹介し、各社が自ら経理DXに積極的に取り組むムードを醸成していきたいと思います。今後、当グループのビジネスでは、電子取引の比重が高まるといった、さまざまな変化が予想されます。TISには、時代を先取りしたスピード感のある提案・対応で、新たなビジネスのチャンスを生み出していただくことを期待しています。

本件の詳細は以下URLもご参照ください。
https://www.tis.jp/casestudy/casestudy_149.html

Spendiaについて

Spendia」は経費精算システムを20年以上提供してきた知見をもとに、TISが日本の制度や商習慣に合わせて開発したクラウド型経費精算システムです。SaaSでありながら大手企業ならではの要件にも対応できる豊富な機能と柔軟性を持ち、スマホアプリで経費精算を完了できる利便性が特長です。
詳細はhttps://www.tis.jp/service_solution/spendia/をご参照ください。

ツネイシホールディングス株式会社について

ツネイシホールディングスは、1903年創業、海運・造船・エネルギー・環境・ライフ&リゾートの5つの事業からなる常石グル-プ各事業会社の持株会社です。『社員の幸せのために事業の安定と発展を追求する』という常石グル-プの企業理念のもと、これからも持続的な成長を図り、地域社会と共に進化し、発展する企業を目指しています。
詳細はURL:https://www.tsuneishi-g.jp/をご参照ください。

TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループのTISは、金融、産業、公共、流通サービス分野など多様な業種3,000社以上のビジネスパートナーとして、お客様のあらゆる経営課題に向き合い、「成長戦略を支えるためのIT」を提供しています。50年以上にわたり培ってきた業界知識やIT構築力で、日本・ASEAN地域の社会・お客様と共創するITサービスを提供し、豊かな社会の実現を目指しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループは、国内外グループ2万人を超える社員が『ITで、社会の願い叶えよう。』を合言葉に、「金融包摂」「都市集中・地方衰退」「低・脱炭素化」「健康問題」を中心とした様々な社会課題の解決に向けてITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして新たな価値を創造し、人々の幸せと持続可能な豊かな社会の実現に貢献します。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 橋田/髙橋
TEL:050-1702-4071 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本サービスに関するお問い合わせ先

TIS株式会社 DXビジネスユニット 経営管理サービスユニット
経営管理DXサービス企画部Spendia事業推進室
E-mail:marke_mb@pj.tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

PAGE TOP

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2023年10月17日 15時41分