サイト内検索
サイト内検索を閉じる

TIS、アズワンの「SuperStream-NX」バージョンアップとクラウド移行を2カ月半で実現
~夜間・休日のCPUオフ運用で、基盤運用コストも抑制~

2023年6月28日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)は、アズワン株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役社長:井内 卓嗣、以下:アズワン)の「SuperStream-NX」バージョンアップとクラウド移行を2カ月半で実現したことを発表します。

アズワンは、研究者や医療従事者が日常的に使用する商品を中心に取り扱う総合商社で、10万点超の商品を収録したカタログや、900万点掲載のWebでオーダーを受け、全国4,700社以上の提携販売店と連携し、商品を速やかにデリバリーする体制を設けています。

背景

アズワンでは、2000年代初頭にスーパーストリーム株式会社の会計システム「SuperStream-CORE」を導入し、バージョンアップを重ねながら財務会計や経理業務に利用してきましたが、2023年10月施行のインボイス制度に備えて、前倒しで準備するために2022年夏、最新版である「SuperStream-NX 2022-06-01版」へのアップグレードを計画しました。新バージョンの運用開始時期を2022年11月と想定、保守を約5年担当し、信頼のあったTISをITパートナーとして選定して2か月半でのアップグレードプロジェクトに臨むことにしました。

課題と解決

プロジェクトを進める上でスケジュール上の最大の課題となったのが、新バージョン「SuperStream-NX 2022-06-01版」が動作要件としているOracle Database 19cの準備でした。すでにアズワンでは、オンプレミス環境で前バージョンのOracle Database 11gを運用中であり、そのままでは「SuperStream」の新バージョンには対応できない状況でした。
そこで、TISは、オンプレミスの作業期間短縮のため、オラクルのパブリック・クラウド「Oracle Cloud Infrastructure」(以下、OCI)の利用を提案しました。OCIを組み合わせるアイディアは、本件の直前にTISが手がけた基幹系の別プロジェクトを参考にしており、そのプロジェクトでは、OCIの利用で工期短縮とコスト圧縮を実現しました。その成功体験が裏付けとなり、今回も同様の手法を採用しました。

導入効果

「SuperStream-NX」のアップグレードおよびクラウド化は、計画どおり2カ月半で完了しました。品質面の問題もなく、前システムと同様のパフォーマンス・同じ手順で経理業務を継続できている点についてユーザー部門から好評を得られています。また、大きな効果としてOracle Databaseのクラウド化によるコスト削減があげられます。OCIでは、データベース・サービスも含めて、リソースを柔軟に増減することでコスト最適化を図ることができます。例えば、経理業務が行われない休日や夜間時間帯はCPUを停止する運用を行うことで、24h365d稼働させるより約60%の費用削減ができています。
アズワン株式会社 DX推進部 DX推進グループ グループ長 箱田 真一氏は以下のように述べています。
「これまで、社内システムをOCIと連携させて拡張するにあたり、ITパートナー数社に相談しましたが、TISの対応が最も的確で安心できるものでした。他社事例や、事前設定のための書式を提供してくれたのはTISだけで、多くの知見を持っていると感じました。今後、ECサイトやDXによる新サービス提供の基盤はOCI、モノの調達や配送を支えるシステムは堅牢なオンプレミスといったように、両基盤を組み合わせていく構想です。最良のシステムづくりに向け、TISからの提案にも大いに期待しています。
今回のプロジェクトを通じて印象に残っているのは、TISのスピード感です。当社ビジネスの根幹は、研究者や医療従事者が必要とするモノを迅速にお届けすること。このスピード重視の考え方に、TISの動きはとてもフィットしていると感じました。同じ価値観を持つパートナーとして、長くお付きあいいただければと思います」

本件の詳細は以下URLもご参照ください。
https://www.tis.jp/casestudy/casestudy_146.html

スーパーストリーム株式会社からのエンドースメント

スーパーストリーム株式会社は、TIS株式会社様がアズワン株式会社様のSuperStream on Oracleデータベースクラウド移行運用サービス事例を心より歓迎いたします。
SuperStream on Oracleデータベースクラウド移行運用サービスは、企業のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)推進に向けて課題となるオンプレミスシステムのクラウド化を短納期で安全に実施します。SuperStreamは、20年以上市場の声に耳を傾け、10,000社以上のお客様にご利用いただきながら機能を磨き続けてきた経営基盤ソリューションです。
TIS様の様々なサービスと組み合わせて、お客様に更なるDX推進サービスが提供でき、お客様が抱えておられる経営課題の解決に寄与することで、より一層両社のSuperStreamビジネスが拡大していくものと期待しております。

スーパーストリーム株式会社  代表取締役社長 村松 昇

日本オラクル株式会社からのエンドースメント

日本オラクル株式会社は、アズワン株式会社様のTIS株式会社が提供するSuperStream on Oracleデータベースクラウド移行運用サービスの事例を心より歓迎いたします。
本サービスでは、クラウド化により利用実績に応じた課金で費用削減を実現し、また各種保守運用の負担を下げて、お客様社内の人的資本を本来注力すべき業務にシフトさせることができます。
オラクルは、データベースの分野で40年以上にわたり業界をけん引し、クラウドの時代においてもリーディングカンパニーとして、エンタープライズ向けのクラウドサービスを提供しております。
ERPの分野とOracle Cloud Infrastructure(OCI)において優れた知見を備えたTIS様とともに、最適かつ安全なオンプレミスシステムのOCIへの移行を支援してまいります。

日本オラクル株式会社 常務執行役員 アライアンス統括 佐野 守計

アズワン株式会社について

アズワンは先進的な商品・情報ネットワーク・ロジスティクスで研究・産業・医療を縁の下で支えております。国内外約4,100社のサプライヤー様から900万点に上る取扱商品を全国14,000拠点の販売店様を経由して研究室や病院に必要なアイテムをお届けしております。ヒト・モノ・情報・サービスのハブとなって、サプライヤー様、販売店様とともに、研究・医療活動を阻害する要因をひとつでも多く取り除き、研究者・医療者の成果を加速させることが弊社の使命です。
詳細はURL: https://www.as-1.co.jp/をご参照ください。

TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループのTISは、金融、産業、公共、流通サービス分野など多様な業種3,000社以上のビジネスパートナーとして、お客様のあらゆる経営課題に向き合い、「成長戦略を支えるためのIT」を提供しています。50年以上にわたり培ってきた業界知識やIT構築力で、日本・ASEAN地域の社会・お客様と共創するITサービスを提供し、豊かな社会の実現を目指しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループは、国内外グループ2万人を超える社員が『ITで、社会の願い叶えよう。』を合言葉に、「金融包摂」「都市集中・地方衰退」「低・脱炭素化」「健康問題」を中心とした様々な社会課題の解決に向けてITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして新たな価値を創造し、人々の幸せと持続可能な豊かな社会の実現に貢献します。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 橋田/髙橋
TEL:050-1702-4071 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本サービスに関するお問い合わせ先

TIS株式会社 DXビジネスユニット DX企画ユニット DXマーケティング部
E-mail:marke_mb@pj.tis.co.jp

※ Oracle、Java、MySQL及びNetSuiteは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。NetSuiteは、クラウド・コンピューティングの新時代を切り開いたクラウド・カンパニーです。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

PAGE TOP

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2023年10月17日 15時40分