サイト内検索
サイト内検索を閉じる

TIS、中国の自動運転EVスタートアップ企業PIX Moving社と資本・業務提携

2022年7月11日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)は、自動運転EV (電気自動車)向けの共通シャシーを開発する中国の貴州翰凱斯智能技術有限会社(HanKaiSi Intelligent Technology Co., Ltd., Guizhou)(本社:中国貴州省貴陽市、総裁:喩川、以下: PIX Moving社)と資本・業務提携したことを発表します。

背景・目的

TISは事業活動を通じた社会課題の解決の分野として「低・脱炭素化」「都市への集中・地方の衰退」「金融包摂」「健康問題」を掲げており、PIX Moving社との資本・業務提携は特に「低・脱炭素化」「都市への集中・地方の衰退」の解決に貢献する事業と考えています。自動車のEV化や自動運転技術の進歩に伴い自動車産業が大きく転換し、ソフトウェアの重要性が高まる転換期において、PIX Moving社との提携を通じてMaaS(Mobility as a Service)、スマートシティ領域等における新たなITサービスを創出していきます。

PIX Moving社の概要とサービス・製品の特徴

PIX Moving社は中国、米国、イタリアに拠点を置く自動運転EVスタートアップ企業です。同社はスケートボード型のEVシャシー※1、各種MaaS用ロボットの開発・製造、自動運転の移動空間「RoboBus※2」、及び有人運転EV商用車/乗用車の量産化製品を提供しています。
PIX Moving社は、汎用的なEVスケートボード型シャシーの上部にレストラン、小売店、フィットネスジム、ホテル、カフェといった都市の空間を搭載して、シェア、移動、レイアウト、連携を可能にする「移動空間」というコンセプトを打ち出しています。これまでに日本を含め世界20ヵ国に多種の製品を提供しています。
また、レベル4※3の自動運転技術「PIX Rover汎用自動運転システム※4」を搭載するスケートボード型EVシャシーは実質的には四輪型のサービスロボットとも言え、MaaSやスマートシティ領域での様々な実用化が期待されます。

PIX Moving社の概要とサービス・製品の特徴

※1 スケートボード型EVシャシー
PIX Moving社のスケートボード型EVシャシーはドライブ・バイ・ワイヤ技術を全面的に採用し、電力供給・ステアリング・トランスミッション・制動システムの統合より、機械構成を大幅に簡素化することでシャシーをコンパクト化している。
※2 RoboBus
RoboBusはPIX Moving社が提供している無人運転のミニバスで、観光地域、大学キャンパス、空港、スマートコミュニティ、スマートシティなどにおける人の送迎サービスでの活用を想定している。
※3 自動運転のレベル4
限定領域内でシステムが全ての運転タスクを実施する完全自動運転。あらかじめ決まった経路を走行するバスや空港内など特定のエリア内で走行する車、過疎地域での循環バスなどでの利用が期待されている。
※4 PIX Rover汎用自動運転システム
PIX Moving社は日本発の⾃動運転オープンソース「The Autoware Foundation」のメンバーであり、「Autoware」をベースに同社が独自開発した自動運転システムでレベル4を実現している。

PIX Moving社との協業

TISはグローバル戦略において最先端技術の獲得と市場への投下を重要な施策として推進しており、本提携でもPIX Moving社とTISインテックグループ各社が創り出すサービスを日本、中国、およびASEAN地域に展開していきます。
まずは、MaaS、スマートシティ分野が拡大する中国市場において、TISと当社グループの中国現地法人の提愛斯数碼(上海)有限公司(本社:上海市、董事長:韓 鵬、以下:TISI上海)とPIX Moving社の3社が共同で、MaaS関連のITサービスの構築・提供を行います。先行領域として介護施設、オフィスビル、工場などを対象に、屋外で稼働するサービス型自動運転EVをPIX Moving社が開発し、屋内のロボットやビル設備も含めた統合管理をTISの複数ロボットを統合管理するプラットフォーム「RoboticBase」で実現します(イメージ図①)。これにより、例えば屋外の自動運転EVによって運ばれた荷物を屋内の配送ロボットが受け取り、施設内の利用者に渡すなど、屋内外をまたぐ、複数・異種の自動運転EV、ロボットを活用した利便性の高いサービスの提供が可能になります。
また、PIX Moving社が開発する自動運転EVに、TISの強みである決済やXR(Extended Reality)等のサービスを組み合わせた新たなサービスも開発していく予定です(イメージ図②)。
中国で実績を積み重ね、それをもとに日本及びASEAN市場に向け関連サービスの拡大を目指していきます。

PIX Moving社との協業

RoboticBaseの概要

RoboticBaseはTISが開発提供する独自サービスで、複数のサービスロボットを統合的に管理し、ロボット同士やセンサーなどの環境や人を含めた相互連携を実現するプラットフォームです。
日本国内において、すでに様々な施設でのロボット運用の実績があります。

RoboticBaseの概要

PIX Moving社の概要

社名 貴州翰凱斯智能技術有限会社
(HanKaiSi Intelligent Technology Co., Ltd., Guizhou)
ブランド名 PIX Moving
設立 2017年
拠点 中国 貴州省貴陽市(本社、組立て工場)
米国 サンノゼ(研究開発センター)
イタリア トリノ(デザインセンター)
中国 北京、深セン、上海(営業・開発)
代表者 喩川
主要事業 スケートボード型EVシャシー、MaaS用EV・ロボットの開発・製造
URL https://www.pixmoving.com/

TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループのTISは、金融、産業、公共、流通サービス分野など多様な業種3,000社以上のビジネスパートナーとして、お客様のあらゆる経営課題に向き合い、「成長戦略を支えるためのIT」を提供しています。50年以上にわたり培ってきた業界知識やIT構築力で、日本・ASEAN地域の社会・お客様と共創するITサービスを提供し、豊かな社会の実現を目指しています。

提愛斯数碼(上海)有限公司(TISI上海)について(https://www.tisi.com.cn/

TISの中国現地法人であり、上海市を拠点に現地の日系企業、及び中国ローカル企業に対し、SI・受託開発に加え、ITインフラの導入・保守・サポート、ERPシステムを核としたソリューションサービスを提供しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループは、国内外グループ2万人を超える社員が『ITで、社会の願い叶えよう。』を合言葉に、「金融包摂」「都市集中・地方衰退」「低・脱炭素化」「健康問題」を中心とした様々な社会課題の解決に向けてITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして新たな価値を創造し、人々の幸せと持続可能な豊かな社会の実現に貢献します。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 橋田/髙橋
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本件に関するお問い合わせ先

TIS株式会社
ビジネスイノベーションユニットビジネスイノベーション事業推進部 荒木/青沼
E-mail:biu_marketing@tis.co.jp

グローバル事業部 グローバル事業企画部
TEL:03-5337-4397 E-mail:global@ml.tis.co.jp

提愛斯数碼(上海)有限公司(TISI上海) DX推進部
TEL:86-21-3372-8011 E-mail:dx_marketing@ml.tisi.com.cn

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

PAGE TOP

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2022年7月11日 10時30分