サイト内検索
サイト内検索を閉じる

TIS、「Carbony」VPPプラットフォームの活用により北陸電力提供の電気自動車(EV)導入トータルサービス拡充を支援
~実証実験ではEVのみからの給電で72時間無停電を実現~

2022年6月28日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)は、脱炭素ソリューション「Carbony」のCarbony VPPプラットフォームの提供により、北陸電力株式会社(本社:富山県富山市、代表取締役社長 松田 光司 、以下:北陸電力)及び北陸電力グループの脱炭素社会の実現に向けた電気自動車(以下:EV)の導入を支援する「EV導入トータルサービス※1」のBCP特化タイプ※2の開発を支援したことを発表します。

※1)EV導入トータルサービスは、電気自動車(EV)を活用したエネルギーマネジメントやBCP機能の活用など、EVの導入・活用を一括でサポートするものです。詳細は北陸電力株式会社のWebサイトをご覧ください。
https://www.rikuden.co.jp/ev_dounyu/
※2) BCP特化タイプは、停電時に複数台のEVのみで無停電での長時間給電を実現できる国内初のサービスです。詳細は北陸電力株式会社のWebサイトをご覧ください。
https://www.rikuden.co.jp/press/attach/22042001.pdf

TISのCarbony VPPプラットフォームは、アグリゲーター向けにバーチャル・パワー・プラント※3(以下:VPP)事業への参入障壁を低減させ、ビジネスとして経済合理化を実現しながら需要家向けに新たなエネルギー利活用創出の基盤となる次世代エネルギープラットフォームです。
Carbony VPPプラットフォームを採用した北陸電力のBCP特化タイプは、EVを活用したエネルギーマネジメントやBCP機能の活用などを目的にEVの導入・活用を一括でサポートするサービスで、その中でも、BCP対策として求められる長時間の給電を可能にするものです。
※3)仮想発電所。分散型のエネルギーリソースをIoTによって仮想的に束ね、電力の需給バランス調整を行うしくみ

TISは、2022年4月20日からの北陸電力のBCP特化タイプ提供に先立ち、北陸電力と共同で実証実験を実施しました。その結果、災害時に電力確保期間として望ましいとされる72時間無停電で給電することに成功しました。

サービス提供に至る背景

「EV導入トータルサービス」は、EVの普及を積極的に支援すること、EVの活用シーンを増やすことが脱炭素社会実現に寄与するという考えに基づき、北陸電力が企画・提供しています。
これまでもV2H(Vehicle to Home)をBCP対策として活用するしくみはありましたが、一般的なシステムではEV1台の電力供給で賄える設備範囲が限定的であることなどから、実運用に課題がありました。そのため、北陸電力とTISはEV複数台連携による「設備への電力供給量拡大」「無停電での電力供給」を可能にするしくみを共同開発し、北陸電力のサービスとして提供することになりました。

サービス提供に至る背景
※画像出典)北陸電力株式会社

Carbony VPPプラットフォームの採用理由と提供機能

北陸電力のBCP特化タイプでは、蓄電池に見立てたEVとその周辺機器をIoTによって束ね、V2Hを安定的に実現する充放電量の制御を行うためのしくみにTISのCarbony VPPプラットフォームを採用しています。
北陸電力は、Carbony VPPプラットフォームによってより高度なEV活用・BCP運用が可能である点を評価し、採用しました。

Carbony VPPプラットフォームの基本機能である分散電源リソース管理(使用状況モニタリング、リソース操作計画シミュレーション、各リソースへの充放電指示)に加え、北陸電力向けに独自開発した停電時対応機能を実装しています。

「EV導入トータルサービス」内BCP特化タイプイメージ

「EV導入トータルサービス」内BCP特化タイプイメージ

モニタリング画面イメージ

モニタリング画面では、EV電池残量のモニタリング、停電判定通知、電力使用量に応じたEVへの自動放電制御(最大:EV3台で18kW)、EVの車両切替指示などを閲覧・管理できます。

モニタリング画面イメージ

実証実験について

北陸電力では、BCP特化タイプを商用化するために、北陸電力の施設においてEVを活用した長時間給電の実証試験を行い、災害時に電力確保期間として望ましいとされる72時間無停電で給電を実現しました。

実証実験の目的

  • EVを複数台連携した状態で、EVの電力を北陸電力内施設に給電し、施設内で利用するV2Hの実施
  • エネルギーマネジメントシステムによるEVからの充放電量制御を行い、無停電での施設への長時間給電の実施

実験概要

実証施設 北陸電力の社宅(収容可能人数約40人)
給電時間 72時間(災害時に電力確保時間として望ましいとされる時間)
使用設備 コンセント機器(PC、TV、携帯電話4台、炊飯器、電気ヒーター2台、電気ポット)
照明機器(避難スペース、トイレ、給湯室)、換気扇、IHクッキングヒーター(2口)
使用電力 使用電力量計145kWh/3日間
実験概要

今後について

TISは、今後も北陸電力の目指す脱炭素社会への寄与というビジョンに賛同し、TISの強みであるデジタル技術の活用を通じて、北陸電力のサービスの高度化・拡充に向けた取り組みを支援していきます。
エネルギーの安定供給や、脱炭素社会の実現に向けた再生可能エネルギーの普及拡大を実現するためには、VPPは必要不可欠なしくみです。TISはデジタル技術によってVPPシステムの高度化・拡充を推進し、調整力の価値を向上させるとともに、調整力の活用による新たなサービスの創出を通じて社会課題の解決を進めて参ります。

Carbony VPPプラットフォームについて

Carbony VPPプラットフォームは、TISが持つ豊富な国内エネルギー業界への知見をもとに、欧州やアジア圏で導入実績を持つアグリゲーション事業者向けソリューション「EIP」(株式会社アイオンコミュニケーションズ提供)をベースにローカライズした、国内でのアグリゲーションビジネスに最適化したアグリゲーター向けクラウドサービスです。
TISは、VPP事業参入障壁の低減と、経済合理化を実現しながら、さらに需要家向けサービスとして新たなエネルギー利活用創出の基盤となる次世代エネルギープラットフォームとして提供いたします。

詳細は以下URLをご参照ください。
https://www.tis.jp/service_solution/Carbony/VPP/

脱炭素ソリューションブランド「Carbony」について

Carbonyは“デジタルの力によって、マルチステークホルダーと脱炭素を共創し、持続可能で豊かな次世代エネルギー社会を実現する”をコンセプトとする脱炭素ソリューションブランドです。
様々な立場の人々が脱炭素を実現しながら、持続性のある生活を便利かつ快適に営める社会の実現に向けて、同じ意志を持つ事業者様との共創を通じて様々な取り組みを進めています。
TISは最新のデジタル技術、業界の知見やシステム・サービス構築経験を強みとして、Carbonyの拡大を推進していきます。

詳細は以下URLをご参照ください。
https://www.tis.jp/service_solution/Carbony/

TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 橋田/髙橋
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本サービスに関するお問い合わせ先

TIS株式会社 産業公共事業本部 エネルギー社会基盤事業部
エネルギー社会基盤企画営業部
E-mail:energy-sales@ml.tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

PAGE TOP

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2022年6月30日 15時33分