サイト内検索
サイト内検索を閉じる

TIS、交通決済領域に強みを持つインドネシアのベンチャー企業「AINO」に追加出資
~協業強化で東南アジアの交通決済の高度化を目指す~

2022年6月8日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)は、インドネシアのPT Aino Indonesia(所在地:Yogyakarta、President Director:Hastono Bayu Trisnanto、以下:AINO)に追加出資したことを発表します。これによりAINOはTISの持分法適用会社になります。

AINOは2013年4月に設立されたインドネシアの国立ガジャマダ大学が出資する「Gama Multi Group」に属すベンチャー企業で、中央銀行よりPayment Gateway Licenseを取得しており、首都ジャカルタでBRT「Trans Jakarta」や「MRT Jakarta」に交通決済ソリューションを提供しています。

TISでは2018年よりAINOへ出資し協業を始め、両社でスマートフォンを前提とした東南アジア向け交通決済パッケージ「ACASIA」の共同開発や、次世代交通サービスとしてのMaaSについて共同で事例研究などをしてきました。
その成果が認められたこともあり、2021年にAINOはJATeLコンソーシアム※1メンバの中核企業として「ジャカルタ統合交通決済基盤(Jaklingko)」の案件受注に貢献しました。今後、東南アジア最大の配車サービスを展開するGrabと連携したMaaSサービスがこの基盤を活用して展開される予定です。

※1 JATeLコンソーシアム:PT Jatelindo Perkasa Abadi、AINO、Thales、Lykoの4社から構成される共同事業体。PT JAKARTA LINGKO INDONESIAの案件に入札することを目的として結成されました。

今回の追加出資により、AINOはインドネシア国内他都市へ、TISは東南アジア他国へそれぞれACASIAの導入を進め、東南アジアの交通決済のデジタル化を支援します。さらにMaaSやPark and Ride等ビジネス領域の拡張を図っていきます。将来は複数都市間の交通決済を結ぶクロスボーダー連携も推進することでさらなる利便性向上とシェア拡大を目指していきます。

交通決済パッケージ「ACASIA」

背景

ASEANの大都市では、人口集中に伴う交通渋滞が慢性化、移動時間のロスによる社会的損失や排気ガスによる大気汚染は看過できないレベルにまで深刻化してきています。そうした課題を解決するために、各国政府や地方自治体の多くは具体的な目標を定め公共交通の利用者増加を重要な施策として打ち出しています。
ACASIAは「Open Loop Multi Media」をコンセプトに設計された交通決済パッケージであり、多くの利用者を持つスーパーアプリと高い親和性が保てるプロダクトです。人々が普段利用しているモバイルアプリに交通利用機能を付加する事で、公共交通の利便性を高め、バイク等の自家用車からの「モーダルシフト」を促進し公共交通利用者数の増加、それによる社会問題の解決に貢献します。
このような背景からTISはACASIAのさらなる機能強化と多都市展開を促進させることを目的としてAINOへ追加出資を行いました。

今後について

交通決済領域におけるノウハウと実績がAINO最大の強みであり、TISと共同開発したACASIAを活用して実績を拡大しています。TISとAINOはその実績を基にさらなるノウハウの蓄積、ACASIAへの還元、そして新たな地域への導入を推進し、交通決済の高度化を目指してACASIAの海外展開に注力していきます。

TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループのTISは、金融、産業、公共、流通サービス分野など多様な業種3,000社以上のビジネスパートナーとして、お客様のあらゆる経営課題に向き合い、「成長戦略を支えるためのIT」を提供しています。50年以上にわたり培ってきた業界知識やIT構築力で、日本・ASEAN地域の社会・お客様と共創するITサービスを提供し、豊かな社会の実現を目指しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループは、国内外グループ2万人を超える社員が『ITで、社会の願い叶えよう。』を合言葉に、「金融包摂」「都市集中・地方衰退」「低・脱炭素化」「健康問題」を中心とした様々な社会課題の解決に向けてITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして新たな価値を創造し、人々の幸せと持続可能な豊かな社会の実現に貢献します。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 橋田/髙橋
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本サービスに関するお問い合わせ先

TIS株式会社 DX企画ユニット PAYCIERGE(ペイシェルジュ)総合窓口
E-mail:paycierge@ml.tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

PAGE TOP

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2022年6月29日 20時55分