サイト内検索
サイト内検索を閉じる

「東京ミッドタウン八重洲」にデリバリーサービスなど複数サービスロボットの運用を可能にするRoboticBase®の導入が決定
~日本橋室町三井タワーで実証実験を実施~

2022年4月22日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)は、2022年8月末竣工予定の大型複合ビル「東京ミッドタウン八重洲」(所在:東京都中央区)においてサービスロボット導入が決定し、その運用プラットフォームとしてTISの複数ロボットを統合管理するプラットフォーム「RoboticBase®」が採用されたことを発表します。TISはサービスロボットインテグレーターとして「DX on RoboticBase」で導入を支援しています。
ロボット導入にあたり「日本橋室町三井タワー」(所在:東京都中央区)にて実証実験を実施いたしました。

「東京ミッドタウン八重洲」では、ポストコロナ時代を見据え、首都圏の大規模オフィスとしては初の「完全タッチレスオフィス」を実現するなどさまざまな点で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策技術を実装しています。さらにオフィスビル内でのデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためにロボット活用の検討を進めています。

今回の「東京ミッドタウン八重洲」で導入予定の清掃ロボット・デリバリーロボットは、自動で清掃、運搬を行うだけでなく、エレベーターを自分で呼び、乗降階を指定することもできるため、完全な省人化が実現可能です。
また、省人化に向けたロボット活用だけではなく、コロナ禍において広がりを見せているフードデリバリーや施設内の飲食店でのテイクアウト品のデリバリーをロボットが担うことで、施設利用者にとってロボットをより身近に感じられるオフィスビルを目指しています。さらに、当施設内において高速・大容量、低遅延、多接続を強みとする5Gを活用した、より高度なロボット運用も検討していきます。

TISは、「東京ミッドタウン八重洲」での複数ロボット導入において、ロボットを活用した次世代のビルオペレーションを前提とした構想企画検討フェーズから、業務・システム要件定義、開発・実証を支援し、サービスロボットインテグレーターとして、「DX on RoboticBase」を導入しました。
DX on RoboticBase」は、企業のロボティクス関連ビジネスを支援し、DXをロボティクスで実現するTISのサービスです。複数ロボットを統合管理するマルチロボットプラットフォーム(RoboticBase®)と、ロボット導入コンサルティング、インテグレーションを提供しています。

TISでは今後、施設内だけでなく屋外も含めた複数業務ロボットの管理や、複数施設・地域を跨いだ複合ロボット管理を実現していきます。人とロボットの役割を分担することで、業務効率化やコスト削減を図り、新サービスの開発も同時に進め、Withロボットによる新しい時代の新しい働き方や人とロボットが共働・共生する社会の実現を目指します。

東京ミッドタウン八重洲の概要

「東京ミッドタウン八重洲」は、三井不動産が展開する「東京ミッドタウン(六本木)」(所在:東京都港区)、「東京ミッドタウン日比谷」(所在:東京都千代田区)に続く3施設目の東京ミッドタウンブランドです。日本全国につながる新幹線をはじめ、地下鉄、バスなど多彩なモビリティの結節点であり、まさに日本の玄関口といえる街・八重洲に誕生します。「東京ミッドタウン八重洲」・「バスターミナル東京八重洲」の開業を皮切りに、東京駅周辺施設との連携や進行中の再開発事業と合わせ、世界に誇る東京の新たな玄関口として、八重洲エリアの更なる賑わい醸成に貢献していきます。
詳細はこちらをご参照ください。https://www.yaesu-project-2022.jp

「DX on RoboticBase」について

お客様のニーズに沿ったサービスロボットと、IoTやAI技術を組み合わせ、サービスロボットが人の業務を代行・分担する環境や仕組みを構築するための企画・検証から、導入・運用までを3つのサービスで支援します。

① マルチロボットプラットフォーム(RoboticBase®)
本プラットフォーム上では、さまざまな企業が開発・提供する警備や案内などの業務に特化した各種サービスロボットを束ね、統合的に業務利活用することができます。「効率的に連携し特定業務を分担する」「カメラやIoTデバイスとのデータ連携によりサービスロボットが様々な付加サービスを提供する」といった人の業務を代行・分担できる環境を実現します。

東京ミッドタウン八重洲で利用されるRoboticBaseの画面例

東京ミッドタウン八重洲で利用されるRoboticBaseの画面例

② マルチロボットインテグレーション
複数のロボット同士やエレベーター・自動ドアなどの設備、センサーなどの環境や人を含めた相互連携を実現するマルチロボットプラットフォーム「RoboticBase®」を中心に、複数のサービスロボットを統合的に管理し、人とロボットが共生する社会の実現をインテグレートします。

マルチロボットインテグレーション全体像

マルチロボットインテグレーション全体像

③ マルチロボットコンサルティング
ニーズに沿ったサービスロボットとIoTやAI技術を組み合わせ、サービスロボットが人の業務を代行・分担する環境・仕組みを構築するための企画・検証から導入・運用までをTISがワンストップで支援するコンサルティングサービスです。
顧客の多種多様な課題解決を図るために、特定ベンダーの製品やソリューションに依存しない中立的な立場で、お客様業務を熟知したIT導入の実績・ノウハウや、これまでのロボットシステム開発の知見を融合し、サービスロボットによる価値創出・業務改革・ビジネス創出・新規市場開拓の実現にお客様を導きます。

本サービスの詳細は、以下URLをご参照ください。
https://www.tis.jp/service_solution/dxrb/

TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループのTISは、金融、産業、公共、流通サービス分野など多様な業種3,000社以上のビジネスパートナーとして、お客様のあらゆる経営課題に向き合い、「成長戦略を支えるためのIT」を提供しています。50年以上にわたり培ってきた業界知識やIT構築力で、日本・ASEAN地域の社会・お客様と共創するITサービスを提供し、豊かな社会の実現を目指しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループは、国内外グループ2万人を超える社員が『ITで、社会の願い叶えよう。』を合言葉に、「金融包摂」「都市集中・地方衰退」「低・脱炭素化」「健康問題」を中心とした様々な社会課題の解決に向けてITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして新たな価値を創造し、人々の幸せと持続可能な豊かな社会の実現に貢献します。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 橋田/髙橋
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本サービスに関するお問い合わせ先

TIS株式会社 ビジネスイノベーションユニット
ビジネスイノベーション事業推進部 荒木/青沼
E-mail:biu_marketing@tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

PAGE TOP

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2022年6月29日 20時55分