サイト内検索
サイト内検索を閉じる

TIS、丸紅のScope3可視化・最適化プラットフォームを構築
~段ボール調達に伴うCo2排出量を可視化PoCによる最適なサプライヤー選定で脱炭素化に貢献~

2022年3月31日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)は、丸紅株式会社(以下:丸紅)の段ボール調達に伴う温室効果ガス(以下:GHG)排出量の可視化と、環境負荷を考慮したサプライチェーンの最適化を実現するScope3※1可視化・最適化プラットフォーム構築を支援したことを発表します。

丸紅のScope3可視化・最適化プラットフォームは、メーカーが段ボール調達をする際に、環境負荷を加味した最適なサプライヤー選定を支援するプラットフォームです。
本実証実験は、丸紅のパートナー企業である複数メーカーの段ボール調達に伴うC02排出量を可視化します。次フェーズでは、環境負荷・製品コスト・配送距離等どの複数条件を基に、環境負荷(CO2排出量)も加味した最適なサプライヤー選定や調整量をシミュレーションを行う実証実験を実施予定です。

Scope3の算出にはサプライヤ企業やユーザー企業からの元データ提供が必要であり、そのデータ量は多く、入力作業はとても煩雑です。そこでTISはUI/UXデザインを考慮し、サプライヤ企業およびユーザー企業にとってユーザビリティの高いプラットフォームを、短期間かつ、要望にもすぐにシステム反映できるアジャイルでの開発を提案し、パートナーに選定されました。

TISは本プラットフォームを通じて提供したいメッセージをログイン画面等のデザインで表現し、システム全体の世界観を形成しました。
元データ入力などのUXデザインは、サプライヤー企業のユーザー属性やデータ入力のヒアリング、メーカー企業が可視化したい情報の調査に基づいて作成しました。また、アジャイル開発により、ヒアリングから得た要望をすぐにシステムに反映するとともに、環境分野のTIS有識者も交えたプロジェクト体制で開発を進めたことで約2ヶ月でシステムのリリースを実現しました。

TISは、2021年度から取り組む中期経営計画「Be a Degital Mover2023」において、解決すべき社会課題の一つとして「低・脱炭素化」を掲げ、自社およびお客様の「低・脱炭素化」の実現に向けた取り組みを推進しています。丸紅の取り組み支援を通して、企業単位だけでなく、サプライヤ企業のGHG排出量の情報提供およびサプライチェーン全体のGHG排出量把握の効率化を促進し、日本全体の脱炭素社会実現を目指します。

※1 Scope3:GHGプロトコル(GHG排出量の算定と報告の基準)で定められた対象範囲の区分。Scope1は企業からの直接排出、Scope2は企業が消費するエネルギー、Scope3はScope1、2以外の間接的な排出。

実証実験 イメージ図

実証実験 イメージ図

背景

昨今、地球温暖化への対策が急がれる中、企業活動においてもCO2をはじめ温室効果ガス(GHG)の削減に向けた様々な取り組みが行われています。一方、企業単独での取り組みには限界があり、事業活動に関連する他社の排出量であるScope3排出量も含めた取り組みが重要となっています。これまでは調達資材ごとの業界平均CO2排出値の活用やサプライヤー毎の算出手段に基づく報告数値などを活用し、大まかな算出を行っていましたが、Scope3の削減を実施するには現状に関する詳細な把握が必要不可欠となります。しかし、Scope3領域はステークホルダーが多く、GHG排出量の算定・可視化が非常に困難です。

丸紅が持つ段ボールに関する知見と、TISが持つUI/UXデザインおよびアジャイル開発の知見を掛け合わせることでサプライチェーン全体のGHG削減を目指し、Scope3可視化・最適化プラットフォームを構築し、実証実験を行うことになりました。

実証実験の概要

内容:
サプライヤから必要情報を収集し、GHGプロトコルに準拠したCO2排出量計算プログラムで各社のCO2排出原単位※3を自動算出。また次のフェーズでは、可視化された環境負荷データを活用し、コスト・Co2排出量・立地拠点等、複数条件での最適なサプライチェーンシミュレーションを実施。

対象:
Scope3の15カテゴリーのうちカテゴリー1「購入した製品・サービス」の原材料の調達とカテゴリー4「輸送、配送(上流)」の調達物流

目的:
段ボール調達におけるScope3「可視化」の達成。GHGプロトコルに準拠した(第三者機関の認証or監修含む)、段ボール調達に伴うScope3合計値の数値化。

※3 CO2排出原単位:製品1t生産するのに必要なCO2排出量(tCO2/t)

今後について

丸紅では今後も複数のユーザー企業と実証実験を継続実施し、本プラットフォームの有用性の検証を行うと同時に、最適化シミュレーション等の機能拡充も図っていく予定です。また本プラットフォームの更なる価値向上に向けては、外部企業との連携含めた幅広い選択肢を模索していきたいと考えています。
TISは、実証実験の結果をもとに本プラットフォームのさらなる精緻化、利便性向上を図り、丸紅の脱炭素社会実現に向けた取り組みを支援していきます。

TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループのTISは、金融、産業、公共、流通サービス分野など多様な業種3,000社以上のビジネスパートナーとして、お客様のあらゆる経営課題に向き合い、「成長戦略を支えるためのIT」を提供しています。50年以上にわたり培ってきた業界知識やIT構築力で、日本・ASEAN地域の社会・お客様と共創するITサービスを提供し、豊かな社会の実現を目指しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループは、国内外グループ2万人を超える社員が『ITで、社会の願い叶えよう。』を合言葉に、「金融包摂」「都市集中・地方衰退」「低・脱炭素化」「健康問題」を中心とした様々な社会課題の解決に向けてITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして新たな価値を創造し、人々の幸せと持続可能な豊かな社会の実現に貢献します。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 橋田/髙橋
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本サービスに関するお問い合わせ先

TIS株式会社 産業公共事業本部 エネルギー社会基盤事業部
エネルギー社会基盤企画営業部
TEL:03-5337-4544 E-mail:energy-sales@ml.tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

PAGE TOP

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2022年6月29日 21時1分