サイト内検索
サイト内検索を閉じる

TIS、ECサイト構築を支援するecbeingの脅威インテリジェンスプラットフォーム「DeCYFIR」導入を支援
~ECサイトへの“攻撃の予兆”を可視化し、先回りのセキュリティ対策を実現~

2021年11月12日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)は、企業のECサイト構築を支援する株式会社ecbeing(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:林 雅也、以下:ecbeing)にサイファーマ株式会社(以下:サイファーマ)の脅威インテリジェンスプラットフォーム※1「DeCYFIR」の導入を支援したことを発表します。

※1自組織にとっての攻撃者の特定と理解、攻撃者から見る自組織のリスクの把握ができる情報を提供するサービスの総称

ecbeingのパッケージ製品である「ecbeing」は、企業のECサイト構築に必要なインフラからソフトウェアまでを一括して提供するソリューションです。これまでに1,400のECサイト構築実績があり、市場占有率は13年連続シェア1位※2のトップベンダーです。
このたび、ecbeingは顧客ECサイトへのサイバー攻撃対策をより強化することを計画し、TISの支援による製品比較、PoCを経て、脅威インテリジェンスプラットフォーム「DeCYFIR」を導入しました。

※2富士キメラ総研社発行の富士マーケティング・レポート(ECサイト構築パッケージソリューション市場占有率調査)より

「ecbeing」は1999年の製品発売以来、顧客企業のECサイトを運用するサーバーを対象に、段階的にセキュリティ対策を強化してきました。これまでの主な対策には、多層防御(アンチウイルス・EDR・ファイアウォール・IPS等)、24時間365日の有人監視サービスの利用などがありました。しかし、近年サイバー攻撃の規模や手口が変化したことで、“どのような攻撃者が、企業のどの場所を狙っているか”といった攻撃の予兆を可視化し、攻撃者から見た自組織の状況を把握したうえで先回りした対策を打つなど、さらなるセキュリティの強化が喫緊の課題となっていました。
TISはecbeingの課題解決に向けて、欧米で10年程前から導入が進んでいる有力なセキュリティ対策の脅威インテリジェンスを提案し、複数製品の比較検討を支援、PoCを経て「DeCYFIR」が導入されました。

「DeCYFIR」選定の背景と理由

脅威インテリジェンスを実現するサービスを選定するにあたり、TISはグローバル市場で実績のある5製品を候補として選択し、デモ版の試用や提供ベンダーからの情報、さらに客観的に比較ができるよう比較項目を約120項目用意し、ecbeingに最も適した製品の選定を支援しました。
その結果、サイファーマが提供する「DeCYFIR」は以下の点で優位性があり選定に至りました。

「DeCYFIR」選定理由

  • 経営層、セキュリティ管理者、セキュリティ運用者、それぞれに適したフォーマットで脅威情報が提供される点
  • 過去、現在だけでなく今後見込まれる潜在的な脅威を予見できる点
  • ecbeingが所属するソフトクリエイトホールディングスグループ全体でサービスを利用できる点

「DeCYFIR」の導入効果

  • 「DeCYFIR」の脅威情報と、SIEM・EDRで収集・分析した攻撃者のIPアドレスの痕跡(IoC)を突きあわせることで、攻撃者の姿と行動がより明確に確認できるようになった。
  • 狙われる可能性のある攻撃対象領域について、先手を打った対策を講じることができ安全性をさらに強化可能になった。

株式会社ecbeing CSIRT 部長代理 加藤 新氏は以下のように述べています。
「これ以上の要望はないと言えるほど「DeCYFIR」に満足しています。また、「DeCYFIR」のもたらす情報を利用して、ecbeingはEASM※3のグループ展開を進めています。グループ各社のIT部門が脅威情報に基づきセキュリティ対策を行うことが、グループ全体のインシデントレスポンスの強化につながります。TISとサイファーマには、これからもセキュリティに関するビジネスパートナーとして、一歩先を見据えた提案をいただけることを期待しています。」

※3 External Attack Surface Managementの略で、日本語では「外部攻撃対象領域管理」の意味。インターネットに公開されているIT資産やシステムの把握と、それらに存在する脆弱性を管理する取り組みのこと。

本件の詳細は以下URLもご参照ください。
https://www.tis.jp/casestudy/casestudy_129.html

株式会社ecbeingについて

ECサイト構築パッケージソフト「ecbeing」は、1999年のサービス販売開始以来、大手や中堅企業を中心に1400サイト以上の導入実績があるECのパッケージシステムで、13年連続EC サイト構築構築パッケージシェアNo1を誇る総合ソリューションです。「ecbeing」は業種や業態を問わず、戦略立案から、デジタルマーケティング、サイト制作、システム構築、運用、データセンターまでワンストップでご提供が可能です。

脅威インテリジェンスプラットフォーム「DeCYFIR」について

サイファーマの「DeCYFIR」は、お客様の属する業界・地域・利用技術にパーソナライズされた脅威インテリジェンスを提供するプラットフォームです。サイバーインテリジェンスを攻撃対象領域管理、脆弱性インテリジェンス、ブランドインテリジェンス、サイバー情勢認識、デジタリリスク保護機能と組み合わせることにより、お客様のサイバーセキュリティ態勢の強化を支援しています。

TISは2021年7月にサイファーマと協業を開始し、潜在的なセキュリティ脅威への対応を支援するため「脅威インテリジェンスDeCYFIR活用支援サービス」提供しております。
脅威インテリジェンスDeCYFIR活用支援サービスについての詳細は以下URLをご確認ください。
https://www.tis.jp/service_solution/decyfir/

TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 橋田/髙橋
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本サービスに関するお問い合わせ先

TIS株式会社 IT基盤技術事業本部 IT基盤技術事業部 IT基盤営業部
E-mail:ps-info@ml.tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

PAGE TOP

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2022年4月1日 19時26分