サイト内検索
サイト内検索を閉じる

TIS、「SuperStream on Oracle データベースクラウド移行運用サービス」を提供開始
~クラウド移行による財務会計システムの最適化を実現~

2021年10月19日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)は、オンプレミスで稼働している財務会計システムSuperStreamをOracle Cloud Infrastructure(以下、OCI)へ、最小限のコストで安全に移行と拡張を行う「SuperStream on Oracle データベースクラウド移行運用サービス」(以下:本サービス)の提供を開始することを発表します。

本サービスは、SuperStreamをご利用されている全てのお客様のクラウド化に向けて、これまでのTISのSuperStreamとOCIの知見に基づいて、お客様システムの事前調査を行ったうえで、移行から運用までワンストップで支援します。

TISは、20年以上にわたり培ってきたSuperStream導入サポートの専門部隊のノウハウと、Oracle Database活用サポートの専門部隊によるCloud移行サービスで、お客様の様々なシステム導入をサポートしてきました。
これらを融合することで、電子帳簿保存法改正、インボイス対応など変わりゆく経理業務に柔軟に対応できるよう令和時代の経理業務に最適な財務会計システムを実現します。さらに、クラウド経費精算システム「Spendia」や他システム連携を円滑に行うACTIONARISEシリーズの「会計自動仕訳エンジン」など、TIS独自のサービスを組み合わせることで更なるDX促進に向けた機能拡張を提案していきます。

「SuperStream on Oracle データベースクラウド移行運用サービス」のサービスステップ

「SuperStream on Oracle データベースクラウド移行運用サービス」のサービスステップ

本サービスにより、経理部門、情報システム部門の「トータルコスト削減」「財務会計システムの性能課題」「機器の維持メンテナンス負担」といった課題を解決し、経理業務のDX促進と経営の効率化、高度化を支援します。

TISは、財務会計システムSuperStreamのクラウド化を検討している全てのお客様に対して「SuperStream on Oracle データベースクラウド移行運用サービス」を販売し、2024年までに30社への提供を目指します。

背景

昨今の経理業務は、テレワーク促進や2022年1月からの電子帳簿保存法の要件の緩和、2023年10月より導入されるインボイス制度への対応など、大きな変革が求められています。一方で、機器の維持メンテナンスやリプレイス、増え続ける業務データ量に対する性能課題など、"現状維持のための様々な対応"が不可欠です。また、課題解決策の1つであるシステムのクラウド化についても、クラウドサービスのソフトウェアライセンスの問題が立ちはだかり、容易ではありません。

背景

そこでTISは、このような課題をもつお客様に対し、SuperStreamとOCIのサービスの中でもデータベースのクラウドサービスにあたるOracle Database Cloud Service(以下、DBCS)のノウハウをもとに課題を解決する新たなサービスを提供します。システムを早期にクラウド化し、TISが運用を担うことで、お客様が現在の業務を変えることなく本来対応すべき経理業務の課題に集中できる環境を実現します。

「SuperStream on Oracle データベースクラウド移行運用サービス」の特長

本サービスは、現在利用しているSuperStreamのアドオン・カスタマイズを維持したままクラウド環境へ移行し、トータルコストとクラウド基盤運用の最適化を両立させます。

  1. 長年SuperStreamの導入サポートを行っている専門部隊が、お客様の現状業務やシステムの調査を行い、経理業務の維持・最適化を見据えたクラウド化を提案します。
  2. Oracle Database専門部隊による実績豊富な「Oracle DBクラウドマイグレーションサービス」をベースにした安心確実なクラウド移行を行います。
  3. お客様の業務に最適なクラウド基盤運用を提供します。
「SuperStream on Oracle データベースクラウド移行運用サービス」の特長

SuperStreamのOracle Database Cloud Service(DBCS)への移行メリット

SuperStreamをオンプレミスで利用しているお客様は、DBCS を活用しクラウド化することで以下のメリットがあります。

  1. 数年毎に発生していたハードウェアリプレイスが不要となります。これにより、リプレイスの作業負担やコストを削減できます。
  2. クラウド化により利用実績に応じた課金となるため、運用費、データセンター費用も削減できます。最低限のスペックからスタートし、必要時に拡張するなど、柔軟で迅速なシステム運用が可能です。(1コア、15GBメモリから利用可能)
  3. Oracle Databaseのライセンス費用を保守料金込みで、従量制料金で支払できます。期間限定の大量データ処理についても、必要な時のみのライセンスコスト増で抑えることができ、従来のような高負荷状態を基準にライセンスを購入する必要がありません。
  4. クラウド化することにより、ハードウェアの管理、DBパッチ適用作業など各種維持メンテナンスの負担を下げることができ、お客様社内の人員リソースを、本来注力すべき業務にシフトすることができます。また、Oracle Cloudから提供される新機能を活用して業務を進化させることもできるようになります。

「SuperStream on Oracle データベースクラウド移行運用サービス」の概要

本サービスは、企業のクラウド導入に向けて現状分析を行い、移行計画を策定する「調査企画サービス」と、実際の移行作業を行う「システム移行サービス」、移行後の運用を支援する「クラウド運用サービス」の3つのサービスから成り、クラウド移行に必要な全てのフェーズにおいてお客様をサポートします。

  1. 「調査企画サービス」
    現状のお客様システムの分析を行い、DBCS移行のメリットを享受できる最適なクラウド構成、ライセンス、移行計画を提案します。
    <費用>
    調査企画サービス:50万円~(税別)
  2. 「システム移行サービス」
    クラウド環境を構築し、お客様のSuperStreamをDBCSへ移行します。現在利用しているSuperStreamのアドオン・カスタマイズを「調査企画サービス」で評価してクラウド環境に移行します。
    <費用>
    システム移行サービス:150万円~(税別)
  3. 「クラウド運用サービス」
    移行したDBCS上のSuperStreamを監視運用します。ハードウェアはクラウド側で24時間365日運用されるため、自社で運用する必要がなく、万一の故障時に自動的に別のハードウェアに切り替わる機能も備えています。
    <費用>
    クラウド運用サービス:50万円~(税別)
  4. その他オプション
    TISのITアウトソーシングサービスの利用により、24時間365日体制でのシステム監視やリモートオペレーション対応も提供可能です。

サービスの詳細は以下をご参照ください。
SuperStream on Oracle データベースクラウド移行運用サービス
https://www.tis.jp/service_solution/ss_oci/
Oracle DBクラウドマイグレーションサービス
https://www.tis.jp/service_solution/db_cloud_migration/

スーパーストリーム株式会社からのエンドースメント

スーパーストリーム株式会社は、このたびの「SuperStream on Oracle データベースクラウド移行運用サービス」の提供開始を歓迎いたします。今回提供されるサービスは、基盤のクラウド環境を安全に移行できるとともにコスト面においても最小限で実現でき、お客様およびパートナー様の課題を解決できるものと確信しています。また、基盤だけでなくTIS様の様々な独自サービスを組み合わせることにより、お客様に快適な環境のご提供を頂けるものと期待しております。

スーパーストリーム株式会社 代表取締役社長 村松 昇氏

日本オラクル株式会社からのエンドースメント

日本オラクル株式会社は、このたびの「SuperStream on Oracle データベースクラウド移行運用サービス」の提供開始を心より歓迎いたします。オラクルはデータベースの分野で40年以上にわたり業界を牽引し、クラウドの時代においてもリーディングカンパニーとして、エンタープライズ向けのクラウドサービスを提供しております。TIS様は、ERPの分野とOracle Cloud Infrastructureにおいて優れた知見を備えた強力なパートナー様です。TIS様が提供される新しいサービスにより、お客様のデータドリブンなデジタルトランスフォーメーションの実現が加速することを期待しております。

日本オラクル株式会社 常務執行役員 アライアンス統括 佐野 守計氏

SuperStream-NXについて

SuperStream-NXはスーパーストリーム株式会社が提供する経営基盤ソリューションです。1995年6月の提供開始以来、国内の中堅・大手企業を中心に、累計で9,779社(2020年3月末時点)を超える導入実績があり、機能の充実度や顧客満足度について特に高い評価をいただいています。さまざまな業種の業務ノウハウと日本の商慣習を充分にふまえた製品開発を続けており、企業のバックオフィスを支える経営基盤として、経営的視点に立った情報活用と企業の成長戦略を強力にサポートしています。

Oracle Cloud Infrastructureについて

Oracle Cloud Infrastructureは、従来のワークロードをサポートし、最新のクラウド開発ツールを提供します。最新の脅威を検出して防御するよう設計されているため、さらなるイノベーションが可能になります。低いコストで高いパフォーマンスを提供し、お客様のTCOを低減します。詳細は以下をURL参照ください。
https://www.oracle.com/jp/cloud/

TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3,000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 橋田/髙橋
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本件に関するお問い合わせ先

TIS株式会社 エンタープライズ営業企画ユニット エンタープライズビジネス企画部
TEL:03-5909-4547 E-mail:sol@tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。
※ Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

PAGE TOP

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2022年4月1日 19時27分