サイト内検索
サイト内検索を閉じる

TIS、ブロックチェーン技術を活用した豊田通商の船舶向け燃料受発注を一元管理する業界初のクラウドサービス「BunkerNote」の構築を支援
~ブロックチェーンによって情報の耐改ざん性・透明性を担保し、業務スピード(情報伝達スピード)を飛躍的に向上~

2021年7月29日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史、以下:TIS)は、豊田通商株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:貸谷 伊知郎、以下:豊田通商)のブロックチェーン技術を使った、船舶燃料業界初の船舶向け燃料受発注を一元管理するクラウドサービス「BunkerNote(バンカーノート)」の構築を支援したことを発表します。

「BunkerNote」は、船舶燃料・舶用潤滑油・船用品の受発注、納品実績、請求情報の一元管理を行う内航船社、燃料サプライヤー、燃料配給船社向けに豊田通商が提供しているクラウドサービスです。これまで、紙ベースで行われていたバンカーオイルの商流をBlockchainを活用したプラットフォームで電子化することが可能になりました。
一般的に文書の電子化は、紙に比べ内容の改ざんが容易なため「透明性」と「原本性」、「耐改ざん性」に課題があります。しかし、改ざんが非常に困難な仕組みであるブロックチェーンを使うことによって、紙文書の3つの特性を担保したまま情報を電子化し、業務スピード(情報伝達スピード)を飛躍的に向上させることができます。

また「BunkerNote」では、多くの金融機関で実績のあるR3 HoldCo LLCのブロックチェーンプラットフォーム「Corda」を活用しています。一般的なブロックチェーン製品は、全てのユーザーにデータの「透明性」が適用されてしまいますが、R3 Cordaを利用することで取引当事者間のみで情報共有をすることができ、透明性と同時に「秘匿性」も担保し、ビジネスプライバシーの確保も実現できます。

「BunkerNote」は、船舶・舶用機器のインターネット化(IoT)、ビッグデータを活用した安全性・効率性の高い船舶「IoT活用船」や、液化天然ガス等の環境に優しい代替燃料に対応した「代替燃料船」など先進船舶の導入等を促進するために国土交通省海事局が設けた「先進船舶導入等計画」に認定されています。
2021年6月14日よりファーストステップであるデジタルBDNサービスが稼働し、同年8月にセカンドステップの受発注管理プラットフォームが稼働予定です。
ファーストステップでは、海上での補油業務において行われるBDN紙帳票への実績や署名作業を手書きから電子化し、海上作業の作業負荷を削減すると共に、BDNに記載されている情報の伝達速度と正確性を向上させています。セカンドステップでは、電話・FAX・メールなどで行われている船会社・燃料サプライヤ間の受発注、補油条件、請求のやり取りの電子化を追加し、コミュニケーションコスト抑制・正確性の向上を図ると共に、リアルタイムでの各取引の状況把握を可能にします。

その結果、従来の方法からこのプラットフォームを導入することで、数日間かかっていたBDNの手書き郵送業務を補油当日に原票入手と大幅に短縮できるほか、各種取引情報をCSV形式で提供できるため、これまで紙から転記していたことによる手間やヒューマンエラーを削減できます。

TISでは「BunkerNote」の研究開発において開発基盤とナレッジを活用して、受発注~納入計画・指示~請求までの業務をブロックチェーン上で契約を自動的に実行するスマートコントラクトを活用して構築しました。また、船上作業で利用されるタブレットアプリとブロックチェーンネットワークとの通信機能も担当しました。

BDN(bunker delivery note)とは船舶燃料の納品受領書のこと。

「BunkerNote」の全体イメージとTISの構築範囲

「BunkerNote」の全体イメージとTISの構築範囲

TIS選定の背景と理由

国内船舶燃料業界では電話・FAXによる受発注や、船上で手書きの納品書を作成するなどの商慣習が残っており、書類の処理、整合性の確認、郵送や保管などに人件費が掛かるほか、文字の読み間違えなどによるヒューマンエラーの改善も求められていました。こうした課題を解決するため、豊田通商は「BunkerNote」の構築に着手し、開発を進める上で以下の理由からTISをパートナーとして採用しました。

TISの選定理由

  • 現行業務をよく理解した上で、実現したいことを先回りした提案だった点
  • 当時は、国内で利用事例の少なかったR3 Cordaの構築経験があり、他のBlockchainネットワークで構築した仕組みとの相互接続性が可能となることなど、知見を活かした提案だった点
  • 現状課題の解決だけでなく、将来構想を見据えた提案だった点

豊田通商株式会社 機械・エネルギー・プラントプロジェクト本部CEO 永井 康裕氏は以下のように述べています。
「船舶燃料受発注の効率化を起点に業界のデジタル化を推進し、船がモノを運ぶことに集中できる環境を整えることで、海上物流の更なる生産性向上に貢献してまいりたい。パートナーのTISには引き続きご支援を頂きたい。」

クラウドサービス「BunkerNote」について

「BunkerNote」は、豊田通商が内航船社、燃料サプライヤー、燃料配給船社向けに提供している船舶向け燃料受発注を一元管理するクラウドサービスです。
「BunkerNote」については以下URLをご参照ください。
https://www.toyota-tsusho.com/press/detail/210302_004771.html

TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 橋田/髙橋
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本件に関するお問い合わせ先

TIS株式会社 産業公共事業本部 産業ビジネス第3事業部 
産業ビジネス第3企画営業部
E-mail:tis_bcdbproject@ml.tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

お問い合わせ
各種お問い合わせページ
お問い合わせフォーム
サービスに関するお問い合わせ
お電話
0800-600-9810
携帯電話
050-5816-9805
受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00(土・日・祝日を除く)

更新日時:2021年9月6日 22時44分

PAGE TOP