TIS、量子コンピュータのソフトウェアを展開するシンガポールのスタートアップ企業「Entropica Labs社」と資本・業務提携

2020年5月11日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下TIS)は、量子コンピュータのソフトウェアを開発するシンガポールのスタートアップ企業「Entropica Labs Pte. Ltd.」(本社:シンガポール、CEO:Tommaso Demarie、以下 Entropica社)と資本・業務提携したことを発表します。

量子コンピュータは量子力学の特性を演算処理に応用した新しい計算装置です。既存のコンピュータでは解決できなかったアルゴリズムを実現し、それらを高速に処理することにより様々な分野での問題解決に寄与することが可能となり、現代のデジタル技術に革命をもたらす技術です。

Entropica社は、量子コンピュータ上のアルゴリズムとその応用ソフトウェアの開発に注力するスタートアップ企業です。主に、量子コンピュータと既存コンピュータ間のデータインタフェース開発や機械学習の実装、最適化問題への応用に取り組んでいます。
Entropica社の技術は、多くの業種や企業での量子コンピュータの商業利用を可能にし、社会の課題解決に寄与することが期待されます。

TISは、グローバル戦略において最先端技術の獲得とグローバル市場への展開を重要なマイルストーンと位置付けており、その一環として今回のEntropica社との資本・業務提携を実現しました。この提携により、Entropica社の技術や開発者と連携して、今後、量子コンピュータ技術をお客様に提供していくための技術者育成や市場開拓を進めていきます。

Entropica社 CEO Dr Tommaso Demarie氏のコメント

TISとの資本・業務提携を実現できたことはEntropica社にとって大変光栄です。
この提携によりEntropica 社は日本やグローバルに広がるTISの顧客に量子コンピュータの素晴らしい技術を提供できることを楽しみにしています。

Entropica社 について

Entropica社は2018年5月にシンガポール国立大学の研究機関であるCentre for Quantum Technologiesから独立したスタートアップ企業です。
量子コンピュータを最適化問題と機械学習に応用するためのソフトウェアの開発に注力しており、RigettiやIBM、Microsoft といった量子コンピュータのハードウェアベンダーとも協力しながら量子コンピュータの技術の実用化と普及に努めています。

詳細は以下を参照ください。
https://entropicalabs.com

TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信などさまざまな業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 浄土寺/橋田
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本件に関するお問い合わせ先

TIS株式会社 グローバル本部
TEL:03-5337-4397 E-mail:global@ml.tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

更新日時:2020年9月16日 14時14分

PAGE TOP