TIS、東南アジアトップクラスのスーパーアプリケーションを提供するGrab Holdings Inc.と資本・業務提携
~東南アジアにおける金融・決済領域の協業拡大を目指す~

2020年2月25日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、東南アジアトップクラスのスーパーアプリケーションを提供するGrab Holdings Inc.(本社:シンガポール、President: Ming Maa、以下:Grab社) と戦略的パートナーシップを目指すために、資本・業務提携したことを発表します。出資額は、1.5億ドル(約165億円)となります。

Grab社(https://www.grab.com/)は、ユーザーの日常生活にあらゆるサービスを提供する東南アジアトップクラスのスーパーアプリケーションを展開しています。Grab社の提供するアプリケーションは、1億8,500万以上ダウンロードされており、ユーザーは同社のアプリケーションを通じて900万人以上のドライバーやレストランなどの加盟店にアクセスすることができます。Grab社は東南アジアで最も豊富なオンデマンド配車サービスの提供をはじめ、フードデリバリーサービス、配達サービス、デジタルペイメントサービス、その他金融サービスを東南アジア8ヵ国339都市に展開しています。

TISにとって今回の資本・業務提携は、同社との関係を一層強化するとともに、Grab社の東南アジアにおけるビジネス拡大をサポートすることを目的としています。TISの金融および決済領域での豊富なITシステム構築の実績と、これまでに培ってきた最先端テクノロジーのノウハウを活用することで、Grab社のモバイルおよび決済プラットフォームサービスの利便性を高めるIT戦略パートナーを目指します。

今回の提携により、TIS とGrab社はGrabPayなどのキャッシュレスペイメントの利便性を高めるために、東南アジアおよび日本でのデジタルペイメントのインフラ強化および新たな決済技術の開発にも共同で取り組みます。

TIS 代表取締役会長兼社長 桑野 徹のコメント

「当社のグローバル戦略において、ASEANトップクラスのIT連合体となることを目指してきました。今回、東南アジア最大のデジタルペイメントプラットフォームを展開するGrab社との提携は、グローバル市場にむけ最適な決済ソリューションを展開するという当社の目標をさらに前進させます」

Grab社 President Ming Maa氏のコメント

「東南アジアでは、デジタルペイメントの普及が進んでおり、モバイルデバイスを持ちながら銀行口座を保有しない人々にも大いに役立っています。私たちは日々の決済をより便利にする必要があると感じており、TISを戦略的パートナーとして迎え、東南アジアにおける安全なデジタルペイメントのインフラをさらに強化できることを楽しみにしております」

TIS株式会社について (https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信などさまざまな業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 浄土寺/橋田
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本件に関するお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 海外事業企画部 
TEL:03-5337-4397 E-mail:global@ml.tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

更新日時:2020年4月9日 11時13分

PAGE TOP