TIS、複数の国際ブランドが認定するトークナイゼーション技術を持つSequent社を連結子会社化
~ 「5G」を活用した各種デバイス決済でも利用可能な技術で「デジタルウォレットサービス」の拡大を目指す ~

2020年1月21日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、スマートフォンやウェアラブル端末など各種デバイス決済で利用可能なトークナイゼーション技術※1を持つ米国Fintech企業のSequent Software Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、CEO:Joan Ziegler、以下:Sequent社)の株式を取得し、連結子会社化することを発表します。
※1:決済情報・カード情報を暗号化し、セキュアに格納する技術。

Sequent社は、複数の国際ブランドからの認定を受けている世界でも数少ないトークナイゼーションベンダーの1つです。現在は主に各国金融機関向けにサービスを提供しており、欧米・ASEANを中心にビジネスを展開しています。

TISでは、さまざまな決済手段とアプリ内決済などの多様なインターフェイスをひとつのアプリに統合する「デジタルウォレットサービス」にSequent社のトークナイゼーション技術を活用しています。
2020年春より開始予定の次世代ネットワーク「5G」を活用したIoT決済の広がりなど、今後の世界的な拡大が見込めるトークナイゼーション関連ビジネスの成長を早期に取り込むため、TISはこの領域で有力な技術を持つSequent社を子会社化します。

Sequent Software Inc.の概要

社名  Sequent Software Inc.
設立  2010年4月
資本金  $51.8M(約57億円)(2019年7月時点)
本社  カリフォルニア州サンタクララ
CEO  Joan Ziegler
従業員  36名(2019年7月時点)
事業  モバイル決済に特化したソフトウェア開発、サービス開発
URL  https://www.sequent.com/

TISでは、キャッシュレス決済のニーズが高まる中で、スマートフォンに加えてウェアラブル端末などでの決済時の安心・便利・楽しさを提供できる新たなサービスとして「PAYCIERGE(ペイシェルジュ)」の「デジタルウォレットサービス」を展開しています。
2020年春にサービス開始を予定している「5G」の活用が進み、スマートフォン以外のさまざまな端末で決済が行われる「IoT決済」が広がることで、デジタルウォレットの利用者のさらなる拡大やトークナイゼーション技術のさまざまなデバイスへの利用が見込まれています。

TISでは、Sequent社の有力なトークナイゼーション技術を早期にTISインテックグループ内に取り込み「IoT決済」などへの対応を進めることで、2025年には関連ビジネスで約50億円規模の売上を目指します。

「デジタルウォレットサービス」について

デジタルウォレットサービス」は、TISが提供するデジタル決済ソリューションブランド「PAYCIERGE」のサービスの一つで、さまざまな決済手段と非接触IC、QRコード、アプリ内決済などの多様な決済インターフェイスをひとつのアプリに統合する“デジタルウォレット”を実現するサービスです。TISが培ってきた高可用性決済ゲートウェイサービス、API管理サービス、トークンリクエスター代行サービス、決済通知サービス、認証・認可サービスなどを組み合わせ、安心・安全なウォレットサービスを最短6ヵ月で導入することが可能となります。

主な機能

  • ウォレット登録・管理(本人確認、認証、マネーロンダリング対策)
  • 決済連携(電子マネー、銀行口座決済、クレジット決済)
  • カードレス発行(各決済ブランドの非接触決済およびQRコード決済トークンに対応)
  • MaaSなど外部サービス事業者向けAPI提供(各種アプリ内決済API)
  • 決済手段を統合した残高照会、利用明細照会
  • 決済利用通知、マーケティング通知

詳細は以下、URLをご参照下さい。
https://www.tis.jp/service_solution/digital-wallet-service/

「PAYCIERGE」について

TISのデジタル決済プラットフォームブランド「PAYCIERGE」は、リテール決済を必要とするすべてのお客様に、利便性の高い、安心できるしくみを提供するデジタル決済ソリューションの総称です。日々進化する決済ビジネス市場のニーズに合わせ日々進化する決済ビジネス市場のニーズに合わせ、アライアンス活用、オープンAPI基盤、海外市場の展開など「つながり」をテーマにビジネスの成功を幅広くお手伝いします。詳細は以下、URLをご参照下さい。https://www.tis.jp/service_solution/paycierge/

TIS株式会社について(https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信などさまざまな業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 浄土寺/橋田
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本件に関するお問い合わせ先

TIS株式会社 サービス事業統括本部 
デジタルトランスフォーメーション営業企画ユニット PAYCIERGE総合窓口 
E-mail:paycierge@ml.tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

更新日時:2020年4月9日 11時12分

PAGE TOP