TIS、運搬、清掃、案内、警備業務のロボット活用に向けた「ロボット導入コンサルティングサービス」の提供を開始
~ 事前調査から導入までを特定ベンダーに依存せず中立的に支援 ~

2020年1月8日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、施設管理などを目的としたサービスロボット※1の導入を支援する「ロボット導入コンサルティングサービス」の提供を開始することを発表します。

※1:工場の生産ラインで用いられる産業用ロボットに対して、サービスロボットは、ヒトの生活のさまざまな場面で使われるロボット。運搬、清掃、警備、案内など人の業務の一部を代行・分担するロボットなど

ロボット導入コンサルティングサービス」は、ニーズに沿ったサービスロボットとIoTやAI技術を組み合わせ、サービスロボットが人の業務を代行・分担する環境や仕組みを構築するための企画・検証から、導入・運用までをTISがワンストップで支援するコンサルティングサービスです。

ロボットシステム導入の流れ

ロボットシステム導入の流れ

ロボット導入コンサルティングサービスの流れ

ロボット導入コンサルティングサービスの流れ

ロボット導入コンサルティングサービス」では、顧客の多種多様な課題を解決するために、特定ベンダーの製品やソリューションに依存しない中立的な立場で、システム導入のための要件定義やシステム設計などシステムインテグレータとしての実績・ノウハウと、これまでのロボットシステム開発の知見を活かし、運搬、清掃、案内、警備などの業務を担う自動走行のサービスロボットの運用を実現します。

本サービスを活用することで、サービスロボット導入を検討する企業は、ロボットの選定やコスト検討といった計画フェーズから実際に導入するまでの一連の流れを、TISの支援のもとでスムーズに進行することが可能になります。

背景

少子高齢化による労働者不足問題を背景に、人が担ってきた業務をサービスロボットに置き換えるといった試みが注目されています。
しかし、こうしたサービスロボットが様々な施設などで人と共存する環境を作るには、アーキテクチャや仕様・規格の異なるロボット同士の作業を連携させるプロセス制御や、センサーと連動して操作できる仕組みなど、ソフトウェアやネットワークなど多分野でのIT技術が必要不可欠です。
また、動くIoTデバイスとしてロボットのリスク管理や安全性を考慮したシナリオ設計も欠かせません。さらに、システム設計や業務プロセス、システム化の範囲、システムを構築するハードウエアに要求される機能や性能のマッピングなどの要件定義も必要で、サービスロボット導入に求められる要素は多様化、複雑化しています。

そこで、TISではロボットの専門技術に加えて、システム開発のノウハウを活かした「ロボット導入コンサルティングサービス」の提供を開始します。

「ロボット導入コンサルティングサービス」について

本サービスは、運搬、清掃、案内、警備などの業務を担うサービスロボットの活用に向けたコンサルティングサービスです。複数のロボットを管理・運用するTISプラットフォーム「RoboticBase(ロボティック・ベース)」や、様々なメーカーのサービスロボットを活用できる環境構築を実現します。本サービスの特長は以下です。

1)中立的なコンサルティングサービス
調査・企画から導入・運用フェーズまでの支援を、特定のアーキテクチャや仕様・規格に依存しない中立的な立場からアドバイスやサポートを行います。

2)TISのコーポレートベンチャーキャピタルとの連携
技術革新の加速や顧客ニーズの多様化に伴い、全てを自前主義で行うビジネスモデルが成り立ちにくくなっています。本サービスでは、ベンチャー企業の技術や知見を上手く取り込むために、TISのベンチャー企業への投資を行う「コーポレートベンチャーキャピタル」とも連動します。

3)サービスロボットを管理する機能のプラットフォーム「RoboticBase」
TISでは、ロボットやIoTデバイスの統合管理と企業システム間連携を実現するプラットフォームとして「RoboticBase」を開発しました。「RoboticBase」では、サービスロボットを管理する機能(稼働監視、タスク管理、ロボット制御、リスク管理、資産管理、オープンデータ連携、データ分析、レコメンド、決済連携など)を持ち、これを利用することで高品質なスピード開発が実現できます。

ロボット導入コンサルティングのメニュー


メニュー 概要
1 ロボットアセスメント ロボティクスを適用する対象業務、タスクの整理と、実現性や課題、費用対効果を整理します。また必要に応じて導入のための実証検証を行います。
2 ロボットシステム導入計画支援 ロボットシステムの導入体制、役割分担、スケジュール、コスト計画や新規システム開発、既存システムとのインタフェース、UI、アーキテクチャ等を整理します。
3 ロボットシステム要件定義支援 人とロボットの作業分担やユーザエクスペリエンスの観点から、業務プロセスの再設計を行います。
4 ロボットマニュアル作成支援 既存のロボット運用マニュアルが十分でない場合、新業務にあわせてユーザフレンドリーなロボット運用マニュアル作成を支援します。
5 ロボットコンテンツ作成支援 案内ロボットなどのコンテンツ作成は、多言語対応や作成ツール毎に異なり煩雑です。TISではデザインまで包括したコンテンツ作成を支援します。
6 ロボットシステム導入支援 ロボットやIoTデバイスを含めたシステム全体を実環境に導入支援します。導入中の保守対応として電話やメール以外に現地でのサポート、障害対応も行います。
7 ロボットユーザ評価・教育支援 ロボットシステムが当初の目標値、KPIを達成できているかの定期的なチェック、レポーティングや、利用するユーザへの研修・教育実施の支援をします。

ロボット導入コンサルティングサービス」の詳細は以下URLをご参照下さい。
https://www.tis.jp/service_solution/robotics-consulting

今後の展開

TISでは、「ロボット導入コンサルティングサービス」を公共施設、空港、再開発街区および駅型の複合施設、オフィスビル、病院、ホテルなど施設の特徴や用途に合わせたサービスロボットの活用を目指す企業向けに展開していきます。

「RoboticBase」について

TISの「RoboticBase」は、運搬、清掃、案内、警備など種類の違うサービスロボットやセンサー、カメラ、サイネージなどのIoTデバイスを統合管理する基本機能を備え、施設管理や企業システム、外部データとの連携などを行うプラットフォームです。

TIS株式会社について (http://www.tis.co.jp/

TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 浄土寺/橋田
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本件に関するお問い合わせ先

TIS株式会社 サービス事業統括本部 AI&ロボティクスビジネスユニット 松田
TEL:03-5337-4341 E-mail:robotics@ml.tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

更新日時:2020年1月8日 11時0分

PAGE TOP