TIS、近鉄百貨店のクラウド型管理会計システムの導入を支援
~ 「Oracle PBCS(Oracle EPM Cloud-Planning)」で全10店舗を横断した多角的な予実管理を実現 ~

2019年11月29日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下TIS)は、株式会社近鉄百貨店(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長執行役員:秋田 拓士、以下 近鉄百貨店)の各店舗・売場の詳細な月次実績などが把握できる管理会計システムとして、クラウド型管理会計「Oracle PBCS※1(現名称Oracle EPM Cloud※2-Planning)」の導入を支援したことを発表します。

※1:正式名称は「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」
※2:正式名称は「Oracle Enterprise Performance Management (EPM) Cloud」

新管理会計システムは、簡単で多様な切口による予実管理ができる管理会計基盤として、近鉄百貨店の全10店舗の売場で2019年3月から業務利用がスタートしています。
従来システムでは、店舗単位の実績のみでより詳細な情報を得るために約10日間の作業が必要だったところを、新システムでは月次実績を締めた当日に全店舗での複数切り口による予実対比を閲覧できるなど、集計・分析作業の大幅なスピード化を実現しています。また、販売現場のリーダーが、店舗全体での収支や他店舗の売場ごとの詳細な収支をリアルタイムで閲覧できる環境の実現は、経営的な意識の浸透にも貢献しています。

近鉄百貨店の新管理会計システムイメージ

近鉄百貨店の新管理会計システムイメージ

TISは、本プロジェクトにおいて「Oracle PBCS」での分析軸の絞り込みなどの要件定義から導入までのサポートと、近鉄百貨店の現場でシステムを利用する約170名へのトレーニングなどを担当し、本番稼働後の早期定着化を支援しました。

TIS選定の理由

近鉄百貨店は、近鉄グループの百貨店部門として近畿地方を中心に10店舗を展開しています。同社では10年程前から管理会計システムを利用していましたが、自動的に導出されるのは店舗単位の月次実績のみで、より粒度の細かい数字の把握には人手と時間を要しているという課題がありました。例えば、“本店の特定のフロアのみの収支”や“全店舗の婦人服売場を横串した収支”などの数字を得るには、システムから書き出したデータをいったんExcelで集計・加工する必要があり、すべての収支帳票が出揃うまでに大幅に時間がかかるなどの課題がありました。
販促施策や改装など効果的な“次の一手”を打つためには、全店舗・売場の詳細な月次実績は欠かせない情報であるため、近鉄百貨店ではこの課題を解消し、タイムリーな予実管理を行うために2017年より管理会計システムの見直しを開始しました。

近鉄百貨店では、同社の要件を満たせるとの観点から「Oracle PBCS」を新管理会計システムに採用することを決定し、以下の理由から導入パートナーにTISを選定しました。

TISの選定理由

  • 実際の近鉄百貨店の店舗・売場を例に、分かりやすく導入メリットを提示した提案力
  • 「Oracle PBCS」の豊富な導入実績
  • ユーザー部門への「Oracle PBCS」トレーニングによる早期定着の支援

株式会社近鉄百貨店 総合企画本部 IT戦略部 部長 藤本 忠雄氏は、今回の新管理会計システムの導入に関して以下のように述べています。
「要件定義のセッションでは、ユーザー部門の十数名からそれぞれの希望があり調整が大変でしたが、TISが折衷案を示したり、場の流れをコントロールしてくれたことで、参加メンバーが納得して次の段階へ進むことができました。また、全10店舗の約9,000の売場では、改装やブランドの入れ替えなどの都度変更が発生し、マスター情報の作成は一番苦心しましたが、TISの進捗管理のおかげで予定に間に合わせることができました。今後は「Oracle PBCS」のさらなる活用のアイディアなどを提案いただき、ともに最良の方法で実現を目指していきたいと思います」

本件の詳細は以下URLもご参照ください。
https://www.tis.jp/casestudy/casestudy_111.html

株式会社近鉄百貨店について

近鉄沿線を中心に、あべのハルカス近鉄本店、上本町店、奈良店、和歌山店、四日市店、草津店など10店舗を展開する近鉄グループの百貨店部門です。本店は高さ日本一300mの展望台「ハルカス300」や「あべのハルカス美術館」、「大阪マリオット都ホテル」を有する超高層複合ビル「あべのハルカス」の中核施設。日本最大級の約10万㎡の営業面積を誇り、国内外のお客様から支持されています。詳細は以下をご参照ください。https://www.d-kintetsu.co.jp/

TIS株式会社について

TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。https://www.tis.co.jp/

TISインテックグループについて

TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 浄土寺/橋田
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本件に関するお問い合わせ先

TIS株式会社 サービス事業統括本部 エンタープライズ営業企画ユニット 島田
エンタープライズビジネス企画部
TEL:03-5337-4345 E-mail:sol@tis.co.jp

※ OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

更新日時:2019年11月29日 11時0分

PAGE TOP