TIS、「VMware Cloud on AWS」の導入・運用支援サービスに新たなメニューを追加
~ ネットワーク設計のベストプラクティスなどを提供 ~

2019年11月8日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、ヴイエムウェア株式会社の提供するクラウドプラットフォーム「VMware Cloud™ on AWS」の導入・運用支援サービスを拡充することを発表します。

VMware Cloud on AWS」は、VMware の Software-Defined Data Center(SDDC)ソフトウェアをアマゾン ウェブ サービス環境上に構築するクラウドサービスです。

TISは、ハイブリッドなクラウド環境に対して包括的な運用を提供する「エンタープライズ・クラウド運用サービス」を展開しています。その対応プラットフォームの一つとして「VMware Cloud on AWS」を日本でのサービス開始時点から提供してきましたが、今回その関連サービスに以下のオプションメニューを追加します。

  • ネットワーク設計のTISベストプラクティスを提供する「ネットワークパック」
  • 事前検証の計画・実施を総合的に支援する「PoCパック」
  • VDI(仮想デスクトップ基盤)としての利用を支援する「VDI導入・運用サービス」

今回の新たなサービスメニューの追加は、「VMware Cloud on AWS」導入を検討する企業がもつ特有のニーズに応えるものであるとともに、TISの「エンタープライズ・クラウド運用サービス」のコンセプトの1つである「マルチクラウド対応」をより促進させるものです。

TISが提供する「VMware Cloud on AWS」関連サービスの全体像

TISが提供する「VMware Cloud on AWS」関連サービスの全体像

これらのサービスを活用することで、企業は「VMware Cloud on AWS」導入におけるアセスメントから設計・構築・運用まで一括でのアウトソースが可能となります。
TISでは、以下のニーズ・課題をもつ企業をターゲットに「VMware Cloud on AWS」関連サービスを提供していきます。

  • クラウド化を推進したいが既存の仮想化環境の規模が多く、アプリケーションの修正が必要なシステムが多いためネイティブなクラウドサービスへの移行負担が大きい
  • 社内にVMware製品のノウハウはあるがAWSのノウハウが無くクラウドの採用を進められない
  • できるだけアプリケーションに影響を与えずIT基盤をクラウド環境へ移行したい

背景

企業のITシステムのクラウド化が進む中で、既存の仮想基盤のリプレイス先として、オンプレミスの仮想化技術との親和性や移行性の評価が高い「VMware Cloud on AWS」を検討する企業が増えています。
VMware Cloud on AWS」導入では、既存のオンプレミス環境とAWS環境の双方との連携性を享受するためのネットワーク設計が重要になります。しかし、規模の大きい企業では、IT基盤とネットワークの担当者が分かれていることも多く、実際にIT基盤部門の担当者が導入を検討する際には、「どのような接続方法をとるか」「回線帯域はどの程度のものを用意したらよいか」などの通信要件の検討を行うために、社内のネットワーク部門や外注先のベンダ、キャリア業者など様々な関係者との折衝が必要になります。

そこでTISでは、「VMware Cloud on AWS」関連サービスを拡充することで、「VMware Cloud on AWS」の導入時の企業の負担の大幅な緩和を実現します。

TISが提供する「VMware Cloud on AWS」関連サービスの概要

VMware Cloud on AWS」導入から運用までを支援するTISの提供メニューは以下の通りです。

  • 「導入支援サービス」
    TISのエンジニアが環境設計・構築をはじめ、アセスメントから導入まで一元的に支援します。

  • 「運用支援サービス」
    VMware Cloud on AWS」環境の運用を支援します。要望により運用メニューを自由にカスタマイズでき、AWS環境も含めた総合的な運用代行にも対応します。

  • 「請求代行サービス」
    VMware Cloud on AWS」利用料の請求代行をTISが行い、通常のクレジット購入型に加えて月額利用型での提供が可能です。

  • 「ネットワークパック」
    TIS推奨の回線/通信機器を含むネットワーク設計のベストプラクティスを提供します。ユーザー企業内部のネットワーク部門や外部の通信キャリア・データセンター事業者との折衝も含めTISのエンジニアがトータル支援を行い、基盤担当者の負担を軽減します。

  • 「PoCパック」
    3パターンのPoC(Proof of Concept)プランをもとに、TISのエンジニアが企業のPoC実施を支援します。オンプレミスとの連携方式、バックアップ、セキュリティなど多岐にわたる項目を、個社別の環境、検証目的に合わせた最適な検証プランとして提案します。

  • 「VDI導入・運用サービス」
    VMware Cloud on AWS」環境上に、アプリケーションやデータをサーバー上に集約して処理を行うVDI(仮想デスクトップ基盤)を構築する「Horizon on VMware Cloud on AWS」の導入・運用を支援します。TISのVDI構築・運用の実績で培ったノウハウをメニュー化し、オンデマンドで安定した運用を提供します。

VMware Cloud on AWS」関連サービスの詳細は、以下URLをご参照下さい。
https://www.tis.jp/service_solution/vmc_on_aws/
エンタープライズ・クラウド運用サービス」の詳細は、以下URLをご参照下さい。
https://www.tis.jp/service_solution/cloud_management/

TIS株式会社について

TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。http://www.tis.co.jp/

TISインテックグループについて

TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 浄土寺/橋田
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本サービスに関するお問い合わせ先

TIS株式会社 サービス事業統括本部 プラットフォームビジネスユニット
TEL:03-5337-4379 E-mail:ps-info@ml.tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。
※ VMwareおよびVMware Cloudは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。
※ アマゾン ウェブ サービス、AWSは米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

更新日時:2019年11月8日 13時0分

PAGE TOP