TISと関西大学が運営するアントレプレナーシップ醸成プログラム「Kandai Entrepreneur Academy」成果発表会を開催
~7月16日(火)、大阪イノベーションハブにてプログラム参加の学生が登壇~

2019年7月2日

TIS株式会社
学校法人関西大学

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)と、学校法人関西大学(所在:大阪府吹田市、理事長:池内啓三、学長:芝井敬司、以下:関西大学)は、次代を担う人材育成の起業家精神の涵養を重視したアントレプレナーシップ醸成プログラム「Kandai Entrepreneur Academy」を、本年4月~7月の間に学生を対象として関西大学梅田キャンパスにて産学連携で開講しました。

新たなアイデア創出とその実現に向けたアクションプランやビジネスモデルのプレゼンテーションを行う本プログラムの成果発表会を「Kandai Entrepreneur Academy Flap Day」と題して下記の通り開催し、観覧参加者を広く募ります。

「Kandai Entrepreneur Academy Flap Day」の概要

開催日時 2019年7月16日(火)18:30~21:30
場所 大阪イノベーションハブ(グランフロント大阪 ナレッジキャピタルタワーC 7階)
定員 150名(着席数150席)
観覧参加対象者 イノベーション人材育成支援の方、企業の採用担当者、本プログラムに関心のある支援者及び、学生
予定プログラム アントレプレナーシップ醸成プログラム「Kandai Entrepreneur Academy」の受講者による成果発表
18:00 開場・受付
18:30 挨拶
18:40 7分間ピッチ
19:30 2分間ピッチ
19:55 スポンサー企業ピッチ
20:20 表彰
20:30 交流会
21:30 終了
発表の審査基準 解決しようとする課題の社会的重要性、事業の新規性・優位性
登壇者 Kandai Entrepreneur Academy 参加学生12名
主催 TIS株式会社、学校法人関西大学
共催 大阪イノベーションハブ
協賛 AHACRAFT株式会社 あべのトラス Guidable株式会社 株式会社関西TSUTAYA
スタートアップカフェ大阪 株式会社ベンチャー広報

イベントへのお申し込みは、以下サイトよりお申込み下さい。後日、参加申し込み完了の連絡が登録いただいたメールアドレス宛に届き、申込完了となります。
(※定員になり次第、受付終了)

背景

関西エリアでも「起業」「大学発ベンチャー」というワードが各種メディアなどで取り上げられることが多くなりましたが、「起業」に興味があっても具体的な行動の起こし方が分からない学生がまだまだ多いのが現状です。また、起業に関する支援機関は官民問わず多数存在しますが、起業は自己のキャリアの選択肢の1つとして新たな可能性にすぎないことを教示し、不確実性を踏まえた上で、好機をしっかり捉えることを理解できるように、企業や大学がサポートすることが求められてきています。

そこで、TISと関西大学では、企業と大学が連携して教育を通じてイノベーション人材の養成を体系的に取組むプログラムとして「Kandai Entrepreneur Academy」を開講しました。

今後の展開

TISでは、内外からの新規事業創出を継続的に行うことを目的に、スタートアップ、大手企業、大学などからの恒常的なイノベーションの発生と活用に向けた取り組みを行っています。「Kandai Entrepreneur Academy」の運営を通して、関西エリアの新たな起業家や起業志向者を効率的に発掘し、プログラム終了後も継続的に支援していき、事業創出につなげていきます。

関西大学では2016年10月に、創立130周年を記念して、「人を導き、繋ぎ、自ら起こし、創る“人”を育成~考動を実践する場の創出~」をコンセプトに、梅田キャンパスを開設しました。梅田キャンパスでは、関大生の支援だけに留まることなく、広く社会に貢献することを企図してスタートアップ支援やビジネスマン対象のリカレント教育講座を多数展開しております。今回のプログラムは、イノベーション創生人材を育成するための重要な位置づけと捉えており、プログラム終了後も継続して学生自身が主体的に考動し、事業創出ができるよう支援していきます。

「Kandai Entrepreneur Academy」概要

「Kandai Entrepreneur Academy」では、「サービスを作りあげる楽しさ、難しさを知る」ことや、主体的に物事に取り組むアントレプレナーシップの醸成を目的に、2019年4月から3ヶ月間に渡って、アイデアのブラッシュアップ、ユーザヒアリング、インタビュー設計、モックアップの作成、フィールドテストを行ってきました。また、大手事業会社の新規事業担当者やスタートアップCEO、NEDOのメンターなどが週に一度の個別メンタリングを行い、主体的に学生が取り組んでいけるよう支援してきました。

目的 今後の社会を担うイノベーション創出人材の輩出
期間 2019年4月21日(日)~7月16日(火)
受講者 大学生13名
主催 TIS株式会社 学校法人関西大学
プログラム アイデアのブラッシュアップ、インタビュー設計、モックアップの作成
フィールドテスト、ピッチ、週1回の個別メンタリングの実施
選抜方法 関西圏の学生で、アイデアと参加志望動機による選抜
協賛 AHACRAFT株式会社 あべのトラス Guidable株式会社 株式会社関西TSUTAYA
スタートアップカフェ大阪 株式会社ベンチャー広報

「Kandai Entrepreneur Academy」の特長

  1. 関西大学の学生に限定せずに門戸を開いているため、学生であれば誰でも参加できる
  2. 知識の習得のプロセスと原体験ベースのアイデアによって主体性を高める
  3. ビジネスの最前線で活躍している大手事業会社の新規事業担当者やスタートアップCEO、NEDOのメンターなどが週に一度の個別メンタリングを行い、アイデアのブラッシュアップ、ビジネスとしての実現性に関してコーチングを行う
  4. フィールドテストに向けては、全員にモックアップ作成方法の講義を行い、一部の学生には専属のエンジニアがつき、技術開発支援を行い、本格的な事業化を視野に入れることができる
  5. 「Kandai Entrepreneur Academy Flap Day」終了後、アカデミー出身者のみで構成される団体を設立し、継続的に活動する学生のサポート体制を構築する予定

TIS株式会社について

TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。https://www.tis.co.jp/

関西大学梅田キャンパスについて

関西大学梅田キャンパスは、2016年10月に「考動」を実践する場として、地域、社・社会人・大学がともに発展できる新たな拠点となることを目指し、開設されました。主要事業の1つに時代の起業・創業者を育成支援するため株式会社関西TSUTAYAと業務連携してスタートアップカフェ大阪を運営しています。詳細は以下をご参照下さい。http://www.kansai-u.ac.jp/index.html

本件に関するお問い合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 担当:浄土寺/橋田
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

学校法人関西大学 梅田キャンパス 担当:鍛島 
TEL:06-4256-6445 E-mail:umedaku@ml.kandai.jp

本件に関するお問い合わせ先

TIS株式会社 テクノロジー&イノベーション本部
インキュベーションセンター  問い合わせ窓口
TEL:03-5909-4533 E-mail:incubation@tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

更新日時:2019年7月2日 13時0分

PAGE TOP