TIS、「LinDo Applications 調達・購買業務高度化サービス」に「SAP連携機能」を標準機能として追加
~ 「SAP S/4HANA」とのデータ自動連携で、リアルタイムに適正単価を保ち、調達リードタイムの改善や査定購買の高度化を実現 ~

2020年3月24日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)は、「LinDo Applications 調達・購買業務高度化サービス」(以下:「LinDo購買」)に、多くの企業で基幹システムとして利用されている「SAP S/4HANA」(以下:「S/4HANA」)と、見積査定結果情報、検収情報、仕入先/品目情報などのデータを自動連携する「SAP連携機能」を標準機能として追加したことをお知らせします。

LinDo購買」は、製造業で30社以上の導入実績を持つ調達・購買業務を高度化するサービスです。モジュール単位で導入でき、特定機能から利用するなどの各業務シーンに合わせた活用ができる点が特長です。

「SAP連携機能」では、見積査定結果の情報が自動で「S/4HANA」に連携されるため、最新単価での自動発注や、入力業務の自動化により、調達リードタイムの短縮が実現できます。
また、「S/4HANA」上での発注情報と見積査定の経緯を紐づけて管理することができ、調達単価の妥当性の明確化や見積査定プロセスの透明化、内部統制の強化が可能となります。さらに、検収に関する情報の「S/4HANA」自動連携で、検収漏れを防止し、下請法違反のリスク回避を実現します。

「SAP連携機能」の提供イメージ

「SAP連携機能」の提供イメージ

TISでは、新機能を追加した「LinDo購買」を、"調達・購買業務の高度化を図りたい""人材不足や属人化防止などの調達・購買部門における課題解決を検討している"などの課題を持つ製造業向けに展開していきます。

背景

製造業ではサプライヤーからの仕入に関する情報が基幹システムに自動連携されず、非効率な二重入力の発生や見積査定の属人化、調達単価の妥当性の確認に時間がかかるなどの課題を抱えるケースが多く、調達・購買業務の高度化/最適化が求められています。具体的には、調達リードタイムの短縮や調達単価の妥当性の明確化、見積査定プロセスの透明化、内部統制の強化といった課題に対する取り組みが必要となってきています。

そこでTISは、「LinDo購買」に「SAP連携機能」を標準機能として加えることで、上記のような課題解決を通じて調達・購買業務の高度化/最適化を実現します。

「SAP連携機能」の機能概要

「SAP連携機能」の主な機能は以下です。

  • 調達単価の連携
    LinDo購買」の見積査定機能で確定した調達単価を、「S/4HANA」の単価マスタに自動連携。タイムリーに適切な単価が更新される為、適正単価での自動発注が可能となります。
  • 検収情報の連携
    LinDo購買」で発注から受入まで完了した検収情報を、「S/4HANA」の会計システムに自動連携。重複入力による間違いや検収漏れを防止し、入力業務の省力化や業務効率化、検収漏れによる下請法違反の抑制を実現します。
  • 仕入先/品目情報の連携
    LinDo購買」の仕入先、品目情報と「S/4HANA」の仕入先マスタ、品目マスタの同期が取れた状態を保持。マスタのメンテナンス負荷を削減し、スムーズに自動発注できるため、調達リードタイムの短縮を実現します。

「LinDo Applications 調達・購買業務高度化サービス」について

LinDo Applications 調達・購買業務高度化サービス」は、見積依頼・回答受領・見積査定などの機能を持つ「ソーシング」、購買依頼・発注・受入等の機能を持つ「パーチェシング」、サプライヤーの情報提供依頼・回収・未回答企業への回答催促等の機能を持つ「アンケート」、サプライヤーの納期遵守率・不良品発生率・認証資格管理等の機能を持つ「サプライヤー品質管理」の4つのモジュールで構成されています。
さらにこれらの機能に伴う、見積もり依頼や回答、発注や納期回答、調査依頼と回収など、バイヤーとサプライヤーのやり取りを効率化するサプライヤーポータルにより、コスト削減、業務の効率化などの課題解決を実現します。また、各モジュールは、必要なものから選択することができるため、スモールスタートでの段階的な導入が可能です。

LinDo Applications 調達・購買業務高度化サービス」の詳細は以下URLをご参照下さい。
https://www.tis.jp/service_solution/lindo/koubai/

TIS株式会社について (http://www.tis.co.jp/

TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。

TISインテックグループについて

TISインテックグループはグループ社員約2万人が一体となって、強みを活かし、国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客様のビジネスを支えるITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして、未来の景色に鮮やかな彩りをつけていきます。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 浄土寺/橋田
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本サービスに関するお問い合わせ先

TIS株式会社 サービス事業統括本部 エンタープライズ営業企画ユニット 
エンタープライズコンサルティング営業部
TEL:03-5909-4651 E-mail:lindo@pj.tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

更新日時:2020年4月9日 11時11分

PAGE TOP