TIS、データマネジメントサービス「TIS MARKETING CANVAS Data Square」の提供を開始
~音や映像など非構造化データの統合管理が可能~

2018年8月31日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下TIS)は、デジタルマーケティング領域のソリューションの1つとしてデータマネジメントサービス「TIS MARKETING CANVAS Data Square(ティーアイエスマーケティングキャンバス データスクエア)」(以下Data Square)の提供を開始することを発表します。

Data Square」は、CSVなどの構造化されたデータに加え、音声や画像などの非構造化データも統合管理できるデータマネジメントサービスです。プライベートクラウドに構築され、権限管理によるセキュアな環境でデータを管理することができます。さらに、マーケティング担当者でも簡単にデータの利活用ができるシンプルな操作性を実現します。
また、TISの統合マーケティング・ソリューション「TIS MARKETING CANVAS」で提供するBIやMAなど他ソリューションと、「Data Square」を連携させることで、企業のマーケティング業務のさらなる高度化が可能になります。

Data Square概念図

Data Square概念図

「Data Square」の特長

Data Square」には以下の3つの特長があります。

  1. 非構造化データの統合管理が可能
    構造化データだけでなく、コ―ルセンターの音声データや映像、画像など非構造化データを集約できるため、音声データと顧客情報の統合などお客様のデータ利活用の幅を広げます。

  2. 権限管理機能でデータをセキュアに管理
    登録された全てのデータの権限管理を行えます。ユーザー権限管理で、データの公開範囲を指定でき、データの閲覧に承認フローを設定することも可能です。また、データアクセスの操作ログも取得するため監査にも対応できます。

  3. Webの管理画面で簡単にデータ閲覧・抽出・加工が可能
    SQLなどを使わずノンプログラミングでWeb画面からデータ閲覧・抽出・加工ができるので、IT部門に頼らずに、マーケティング担当者が簡単にすぐ必要なデータを利用できます。

TISでは、「Data Square」を、以下のようなニーズを持つ企業向けに提供していき、2020年までに50件の導入を目指します。

ターゲットユーザー

  1. 社内外との音声や映像を含むファイルの受け渡しをセキュアに行いたいユーザー
  2. IT部門に頼らず、マーケティング部門だけで簡単にデータの抽出・加工を行いたいユーザー
  3. 既存のDWHをクラウド環境に移行して活用したいユーザー
  4. コンタクトセンターを保有し、音声データを統合管理したいユーザー

「Data Square」提供の背景

オムニチャネルの進展やスマートデバイスの普及により、企業のマーケティングチャネルが多種多様化し、消費者の購買行動が複雑になっています。デジタルマーケティングを活用する企業では、音声や映像のような非構造化データやPOS、CRMなど構造化データなど、様々な形式のデータ収集とその統合的な管理が課題となっています。一方、データを活用するマーケティング部門では、データの統合や抽出するためにIT部門への依頼が必要であったり、社内外へのデータ共有がセキュアに行えないという課題がありました。

そこでTISでは、構造化・非構造化データに関わらずあらゆるデータをセキュアに統合管理でき、IT部門に頼らなくても企画やマーケティング部門が簡単に操作できるデータマネジメントサービス「Data Square」を提供することで、お客様のデータ利活用を加速させます。

「Data Square」の概要

Data Square」は、構造化・非構造化データに関わらず、あらゆるデータを統合管理できるデータマネジメントサービスです。プライベートクラウド環境に構築し、権限設定によりアクセスを制御するため、重要なデータをセキュアに社内外の関係者と共有可能です。さらに、マーケティング担当者でも簡単にデータ抽出や加工を行えるWebベースのシンプルな操作性を実現します。

サービス提供価格

  • 基本費用 月額50万円~(税抜)
     - サービス利用期間:12ヶ月以上
     - 蓄積データ量: DB・ファイル共に1TBまで
     - データ出力 :500GBまで ※ 超過分は従量課金となります。

シンプルで直感的なデータ抽出(加工)画面

使用データをプルダウンから選択し、出力項目や検索条件を選択するだけで簡単にデータ抽出が行なえます。

シンプルで直感的なデータ抽出(加工)画面

データをセキュアに管理するデータロール設定画面

各データでの作業を許可するユーザーをデータロール設定画面で設定できます。

データをセキュアに管理するデータロール設定画面

Data Square」の詳細は以下URLをご参照下さい。
https://www.tis.jp/service_solution/Data_Square/

「TIS MARKETING CANVAS」について

TIS MARKETING CANVAS」は、顧客接点(チャネル)から、データの収集・分析と、それを活用した施策実行までを実現する統合型マーケティング基盤の構築を支援するソリューションです。100社以上でのマーケティング業務システム構築支援で培って来たインテグレーション技術・ノウハウや業務知識と、システム運用のノウハウを活用し、TISが企業の環境に最適なツールを組み合わせて提案するため、最新のツールを活用したその企業にとってのオンリーワンな環境を構築できます。「TIS MARKETING CANVAS」の詳細は以下URLをご参照ください。
https://www.tis.jp/service_solution/MC/

TIS株式会社について

TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。
http://www.tis.co.jp/

TISインテックグループについて

TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

本件に関するお問い合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 浄土寺/橋田
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本サービスに関するお問い合わせ先

TIS株式会社 サービス事業統括本部 デジタルインテグレーション事業部
デジタルインテグレーション企画営業部 Data Square担当
TEL:03-5337-4320 E-mail:canvas@tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

更新日時:2018年8月31日 13時0分

PAGE TOP