TIS、大同生命の支払査定業務でのAI活用を支援
~ 過去の入院との因果関係をAIがサジェストする「AIサジェストサービス」として保険会社へ展開 ~

2018年7月2日

TIS株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下 TIS)は、T&D保険グループの大同生命保険株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:工藤 稔、以下 大同生命)の給付金支払査定業務における、過去の入院との因果関係を判断する業務にAI(人工知能)を活用する実証実験(PoC:Proof of Concept)の支援を行ったことを発表します。
大同生命では、実証実験の成果を評価し、給付金支払査定業務へのAIの導入を決定しました。

今後、TISでは、本実証実験の成果を活用した「AIサジェストサービス」としてサービス開発を進め、2018年10月より他の保険会社へも提供していく予定です。
また、過去の入院との因果関係の判断に加え、不正検知や請求勧奨といったAI活用のテーマや業務領域も、保険会社と協力しながら拡充していく予定です。

大同生命の給付金支払査定業務でのAI活用のイメージ

大同生命の給付金支払査定業務でのAI活用のイメージ

大同生命の実証実験の背景

近年、高齢化が急速に進展する中、保険業界では、入院・手術を保障する医療保険のニーズが高まっています。このため、保険会社への入院・手術給付金のご請求も増加し、保険会社では、お客さまへ迅速にお支払するために、ご請求内容の確認業務の効率化が求められ、AI活用による課題解決が期待されています。
TISでは、2017年4月にAI・ロボット分野における専門組織「AIサービス事業部」を立ち上げ、AIに関する技術・知識と、システム構築・運用の実績で培った企業の業務プロセス・システムの理解を組み合せ、課題解決に向けた各種ソリューション・サービスを提供しています。
本実証実験は、これまで査定者が人的に行っていた傷病と過去の入院との関連性を確認する業務において、TISが過去の支払履歴データをもとにAIモデルを構築し、AIサジェストすることで、給付金支払査定業務の効率化可否を検証しました。

実証実験概要と成果

今回の大同生命との実証実験では、TISのAIの技術・知識とこれまで培ってきた保険業務知識を組み合せ、給付金支払査定業務の効率化が可能であることを確認しました。

実証実験概要

  • 期間
    2017年10月~2018年2月 (約5ヶ月間)
  • 対象業務
    給付金支払査定業務における、過去の入院との因果関係の確認業務
  • 概要
    大同生命より支払履歴データ(個人情報除く)の提供をうけ、AIモデルを構築。AIによる判定結果と大同生命の過去の支払査定結果を突合し、正解率等を検証。

支払査定を支援するAIは、大同生命から教師データとして過去2年分の支払履歴データの提供をうけ、TISのデータサイエンティストが構築しました。
実証実験では、AIによる判定結果の正解率が約90%となり、目標を上回る結果を得られました。

TISでは、今回の実証実験から得たノウハウをもとに、AIによるサジェストを行うサービスを開発していくと同時に、大同生命の業務における本格利用に向けて引続き協働していきます。

「AIサジェストサービス」について

TISでは、「AIサジェストサービス」を保険会社向けソリューション「sosiego(ソシエゴ)」のラインナップとして提供する予定です。
大同生命で実施した、過去の入院との因果関係をAIによりサジェストする業務のように、人的査定における情報整理や判断業務の一部をAIが支援することで、査定者は高難度な判断業務に注力可能となり、支払査定業務の効率化が実現できます。
この過去の入院との因果関係の判断サービス(既払請求と今回請求の傷病コードを送っていただき、その因果関係の有無を判定)は、利用量に応じた従量課金制で、約2ヶ月で利用開始できます。
今後は、上記サービスのほか、新たなAI活用テーマや業務領域を継続的に加えていく予定で、保険会社と共同で企画・実証実験を進めていきます。

保険会社向けソリューション「sosiego」について

sosiego」は、TISの生命保険会社向け業務システム構築の技術・ノウハウに、「AI」や「ビッグデータ」などの先進技術を組み合せ、新契約/保全/保険金などのバックオフィス業務、営業活動/保険申込/各種サポートなどのフロント業務、AIを活用した先進型分析などの企画・分析業務の3つの領域で、システム/ソリューション/サービスを提供するトータルソリューションです。
sosiego」のソリューション詳細は以下URLをご参照ください。
http://www.tis.jp/service_solution/sosiego/

大同生命保険株式会社について

大同生命は、明治35年に創業。「加入者本位」「堅実経営」という企業理念のもと、より多くの企業経営者・個人事業主のみなさまを様々なリスクからお守りするため、経営者を取り巻く環境変化等を踏まえた生命保険商品の開発・お客さまサービスの向上に取り組んでいます。
主力の定期保険に加え、近年では重大疾病保障(がん・脳卒中・心筋梗塞)や就業障がい保障、介護保障などの就業不能保障商品の充実をはかり、お客さまに「最高の安心」と「最大の満足」をお届けしています。詳細は、以下URLをご参照下さい。https://www.daido-life.co.jp/

TIS株式会社について

TISインテックグループの TIS は、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型の IT ソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN 地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で 3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。http://www.tis.co.jp/

TISインテックグループについて

TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

本件に関するお問合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 浄土寺/橋田
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

本件に関するお問い合わせ先

TIS株式会社 サービス事業統括本部 フィナンシャルサービス事業部 
フィナンシャルサービス営業部 吉永/風間
TEL:03-5337-4299 E-mail:fs-solution@ml.tis.co.jp

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

更新日時:2018年7月2日 11時0分

PAGE TOP