TISのリテール決済ソリューション「PAYCIERGE」でIBM API製品群を採用

2017年6月28日

TIS株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社

TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑野 徹、以下 TIS)は、リテール決済ソリューション「PAYCIERGE」のAPI基盤に、日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:アリアザー・キーナン、以下日本IBM)の提供するAPI(※1) Management製品である「IBM API Connect」、「IBM DataPower Gateway」、および「FinTechカードAPI」(※2)を採用したことを発表しました。

金融業界においては、新たな取り組みとして金融業務とAPIやクラウドなどのテクノロジーを組み合わせたFinTechサービスが広まりはじめています。FinTechサービスを提供するためには、システムの仕様変更への迅速な対応、セキュリティーの確実性などにより、アプリケーションの価値を高めることが必要です。

TISでは、銀行、クレジットカード会社、流通業、鉄道・航空業、通信事業者などの幅広い企業に対し、リテール決済ソリューション「PAYCIERGE」を展開しています。「PAYCIERGE」では、デビットカード、プリペイドカード、クレジットカード等のバックエンドシステム、CLO(Card Linked Offer)やカードコントロール、モバイルWalletなどの先進的な決済ソリューションを提供し、“決済”を起点としたビジネスモデルの変革を支援しています。2016年12月からは、アライアンスとオープンAPI基盤を積極活用するという新たなコンセプトの「PAYCIERGE 2.0」として更なる拡販を行っています。今回この「PAYCIERGE 2.0」のAPI基盤にIBM API製品群を採用することで、当該サービスを利用する企業にAPIによるデータ連携および新しいアプリケーションを開発できる基盤を提供します。

PAYCIERGE 2.0」のAPI基盤は、TISのIaaSとIBM API Connectを組み合わせ、PCIDSS、FISCの基準に対応したクラウドサービスです。企業が独自にAPI基盤を構築するのと比べ、導入費用と期間を大幅に削減できます。また、共同利用型でありながら、お客様専用の区画を設けることで、お客様ごとの独自のサービス構築が可能です。

日本IBMは、2016年からオンラインバンキングやクレジットカード業務に関連したFinTechサービスを提供する企業向けに、汎用的なAPI製品の提供を開始しました。今回採用された「IBM API Connect」および「IBM DataPower Gateway」は、容易な開発、堅牢なセキュリティー等を提供するAPI統合管理プラットフォームであり、国内外での多数の実績を有しています。

(※1)Application Programming Interface の略。 ソフトウェア(コンピュータプログラム)が互いにやりとりするインターフェースの仕様。あるソフトウェアの機能や管理するデータなどを、外部の他のプログラムから呼び出して利用する際の手順やデータ形式などを定めている。APIを使うことでシステム間の連携が容易になる。
(※2)「FinTech カードAPI」は、オープンな認証プロトコル「OAuth」により、利用者のIDやパスワードを金融機関が認証した上で、FinTechサービスの利用を許可する仕組みとなり、セキュリティーが強化されます。また、「IBM API Connect 」と「IBM DataPower Gateway」により提供される「OAuth」と連携します。

「PAYCIERGE 2.0」について

TISのリテール決済ソリューション「PAYCIERGE」は、リテール決済を必要とするすべてのお客様に、利便性の高い、安心できるしくみを提供するリテール決済ソリューションのトータルブランドです。日々進化する決済ビジネス市場のニーズに合わせ再整理した新コンセプト「PAYCIERGE 2.0」では、アライアンス活用による「つながり」の強化 、オープンAPI基盤による「つながり」の強化 、海外市場での展開など、「つながり」をテーマに、カード業界で圧倒的なシェアを持つTISの先進的な技術や、豊富なノウハウをいかした、信頼できるシステムと安全な運用を組み合わせることで、ビジネスの成功を幅広くお手伝いします。

PAYCIERGE特設サイト http://www.tis.jp/branding/paycierge/index.html

TIS株式会社について

TISインテックグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。http://www.tis.co.jp/

以上

本件に関するお問い合わせ先

報道関係からのお問い合わせ先

TIS株式会社 企画本部 コーポレートコミュニケーション部 浄土寺/橋田
TEL:03-5337-4232 E-mail:tis_pr@ml.tis.co.jp

日本アイ・ビー・エム株式会社 マーケティング&コミュニケーションズ 広報 小林
TEL:03-3808-5120 E-mail:pressrel@jp.ibm.com

本件に関するお問い合わせ先

TIS株式会社 ペイメントビジネス事業本部
ペイメントソリューション事業部 ペイメントソリューション営業部
担当:山村
TEL:03-5337-4278 E-mail:paycierge@ml.tis.co.jp

ダイヤルIBMお客様相談センター フリーダイヤル: 0120-04-1992

※ IBM、IBM ロゴ、ibm.com、IBM API Connect、DataPowerは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

更新日時:2017年6月28日 13時1分

PAGE TOP