畑 秀行Hata Hideyuki

DX営業企画ユニット

フェロー

TISは、多くの金融・カード会社様に向けた基幹や周辺システムの開発・運用を行ってきた実績がありますが、近年ではICT技術の向上などにより、ビジネスを展開する会社自らがアプリ等を開発し、直接マーケットへ投入するケースが多くなりました。

このような市場の変化において、TIS自らが市場のフロントに立つことで他社に先駆け市場や社会課題を理解し、請負型のシステム開発から自らが戦略を企画立案し、商品を直接提供するサービス提供会社になることも挑戦しており(加盟店向けQR決済ゲートウェイサービス等)、キャッシュレス起点による社会課題解決(現在は、主に北海道地域を中心に活動)など担当しております。

PROFILE

畑 秀行

国際ブランドカード会社に在籍していた経験と、地域信販会社にて経営の一員として会社統合支援から地域事業会社の存在価値向上の取組みなど、グローバル案件から地方創生案件まで幅広く経験。

専門

  • キャッシュレス全般(特にQR決済全般)
  • 決済と移動交通手段を起点としたスマートシティ推進
  • モバイルオーダーを中心とした飲食店向けのDX推進
  • 地域課題を起点としたDX推進

略歴

1991年
国際ブランドカード会社入社。プレミアム会員向けサービス開発、提携カード開発、アライアンス営業、CRM推進、コールセンター運営などを担当
2008年
同社より地方信販会社へ出向し、合併支援等経験
2017年
TIS株式会社 フェローとして入社(TIS兼業制度により地域信販会社の顧問としても活動)
2019年
TIS資本業務提携先であるOkage株式会社 取締役に就任
2020年
一般社団法人さっぽろイノベーションラボ ディレクター兼MaaS部会長に就任

対外活動実績

全国信販協議会企画部会委員及び勉強会講師を担当
地域の持続的発展を牽引する新たな観光協会のあり方に関する研究会(略称:新観協研)の講師を担当
(社)はこだて地方創生研究会主催「学生アイデアコンテスト」審査員(2016年、2018年)を担当
公立会津大学 ベンチャー基本コース各論Ⅱ(2019年11月)講義を担当
札幌型観光MaaS推進官民協議会実証実験(2021年2月)の事務局と全体コーディネイトを担当

LINK

KEYWORD

  • スーパーシティ
  • MaaS
  • Fintech