張 嵐ZHANG Lan

ビジネスイノベーションユニット

シニアマネージャー

金融、エネルギー、製造、SIerなどの領域において、実践を通じて蓄積してきた知見・経験を活かし、お客様とともに悩みながら、新たな仕組みを検討し、お客様特有の事情を踏まえて、アジャイル開発の導入と定着の実現に向けた支援をしています。
アジャイル開発の効果を高め、組織をよい方向に促進するためにはマネジメントを孤立してはいけないと痛感し、全社横断組織のアジャイル化に向けて奮闘中です。
モチベーションの源泉はSAFeの師匠であるDean Leffingwellさんからいただいた言葉「Be a lifelong learner」です。

近年、社会環境を取り巻くビジネス環境は急激に変化しており、新たなデジタル技術やデータを活用し、サービスや業務、組織を変革して、サービス提供の迅速化、価値や効果の最大化、競争上の優位性を確立するために、企業のビジネスアジリティの向上が非常に重要になっています。
弊社はこういった企業のニーズに答えるため、PMO専門の部隊による、企業全体にアジャイルの導入や定着を支援する「アジャイルPMOサービス」を提供致します。
大規模アジャイル開発フレームワーク「SAFe®(Scaled Agile Framework®、以下SAFe)」の活用と、TISでの大規模開発の経験と「PMO支援サービス」のノウハウを融合させ、アジャイル開発の成功率の向上と企業の機敏性の改善をサポートし、お客様のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進を実現します。

PROFILE

張 嵐

日本国内において、早い段階から組織におけるアジャイル開発の導入・定着支援を実践。大規模アジャイル開発フレームワークSAFe(ScaledAgile Framework)の日本への「輸入」に貢献。アジャイルコンサルティングとプロジェクトマネジメントの経験を活し、顧客のDX実現に支援中。

専門

  • アジャイル開発コンサルティング(SAFe Program Consultant、スクラムアライアンス認定CSP/CSM/CSPO、Scrum@Scale、LeSSの有識者)
  • プロジェクトマネジメント(PMP)
  • Discover to Deliverによる要求開発
  • オフショア開発

略歴

2003年
大手メーカーにて、研究開発、プロセス改善、オフショア開発センターの運営に携わる
2008年
大手エネルギ会社の情報子会社にて、オフショア開発センターの立ち上げと運営、アジャイル開発のコンサルティングを実施
2020年
現職にて、アジャイルPMOサービスを提供

対外活動実績

2011年
「オフショア開発における アジャイル開発のプラクティス」, SPI Japan 2011
2013年
「Adapting Agile Methodology to Overcome Social Differences in Project Members」, Agile 2013
2015年
「受け入れテスト駆動開発による実行可能な仕様に関する検証結果」, 情報科学技術フォーラム2015
2017年
「金融システム開発現場へのアジャイル開発導入~アジャイルコーチとしての経験~」, JISA Digital Master Forum 2017
2020年
「アジャイルPMO~大手SIerのPMOのアジャイルトランスフォメーションの旅~」, ソフトウェアイノベーションシンポジウム 2020

LINK

KEYWORD

  • PMO
  • アジャイルPMO
  • 大規模アジャイル開発
  • 要求開発
  • オフショア開発