鮫島 健士Samejima Kenji

ビジネスイノベーションユニット

シニアマネージャー

近年、国際情勢や国内の社会・経済情勢の大きな変化や新型コロナウイルスの拡大に伴って、これまで以上に不確実性が高い時代に入りつつあります。国内の企業は業種を問わず、生き残りをかけた事業転換や新規事業参入に舵を切っていますが、過去の人の成功体験だけで事業の継続的な維持・成長は困難な状況です。
その対応策としてデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)が注目を集めていますが、戦略立案だけ終わり、自社の事業や業務で具現化していくプロセスにお困りのお客様が多いように思います。DXを実現するために必要なパーツとしてデータやAIにも注目が集まっていますが、あくまで手段であり、手段の目的化は避けなればなりません。
弊社のデータ活用コンサルティングは、IT力、コンサルティング力、データ活用力の3つの武器を組み合わせた総合力でお客様のDXを推進し、事業・業務の成長と改善に貢献します。

PROFILE

鮫島 健士

事業会社で店舗運営やECの業務を経験後、総合電機メーカーと分析専業ITベンダにて顧客のデータ活用支援に従事、データ分析の経験は合計約9年。現在は、TISでデータ活用のコンサルティングを担当。

専門

  • データ活用支援(技術領域;PoC、分析ツール導入等)
  • データ活用組織支援(非技術領域:組織立ち上げ、人材育成等)

略歴

2004年
大手インターネットにて、ECコンサル業務、物流・決済企業とのアライアンス業務に従事
2008年
総合電機メーカーにて、IT企画や機械学習を活用したデータ分析業務に従事
2016年
データ分析ベンダにて、機械学習ツールのプリセールス及びコンサルティング業務に従事
2017年
総合人材サービスにて、データ分析部門でAI企画及びAIプロジェクトのマネージメントに従事
2019年
TIS入社、データ活用領域のコンサルティング業務に従事

LINK

KEYWORD

  • DX
  • AI