社員を知る | TIS RECRUITING 多彩なチカラが、拡げる未来 | TIS株式会社

社員

先輩社員INDEX・職種紹介

入社後は
「営業職」「ITプロ職」からのスタート

TISでは、主要職種として「営業職」、「コンサル職」、「ITプロ職」、「企画職」の4つがあります。「ITプロ職」にはサブ職種として、「プロジェクトマネージャー(PM)」、「ITアーキテクト(ITA)」、「アプリケーションスペシャリスト(APS)」、「ITスペシャリスト(ITS)」の4つが存在します。いずれの職種でも、まずは入社後の3年間は基礎を固めるための期間として考えています。

営業職

営業活動を通じて、お客様の事業拡大を支援するプロフェッショナルです。広い視野・知識・能力・経験を駆使して、お客様とTISの事業の中長期にわたる利益創出の実現を目指し、仕組みの企画および立案を行います。

ITプロ職

お客様のビジネス上の課題を解決するため情報システムを提案・提供するプロフェッショナルです。TISではサブ職種としてPM、ITA、APS、ITSに区分しています。

プロジェクトマネージャー(PM)
プロジェクトの遂行責任者。プロジェクトマネジメント関連技術、ビジネスマネジメント技術を活用し、プロジェクトの提案、立上げ、計画、実行、終結をマネジメントします。また、その監視コントロール、要求品質、コスト、納期について責任を持ちます。
ITアーキテクト(ITA)
プロジェクトにおけるITアーキテクチャの責任者です。ハードウェア、ソフトウェア関連技術を活用し、お客様のビジネス戦略を実現するために情報システム全体の品質を保ったITアーキテクチャを設計します。様々なIT技術、ソリューションを組み合わせるとともに、後続の開発・導入の可能性や、実現性に対する技術リスクについて事前に影響を評価します。
アプリケーションスペシャリスト(APS)
業務上の課題解決に係わるアプリケーション開発のスペシャリストです。アプリケーション開発やパッケージ導入に関する専門技術を活用し、お客様の業務上の課題解決に係わるアプリケーションの設計・開発・構築・導入・テストおよび保守を実施します。
ITスペシャリスト(ITS)
システム基盤の非機能要件(性能、回復性、可用性※ など)におけるスペシャリストです。ハードウェア、ソフトウェア関連の専門技術を活用し、お客様の環境に最適なシステム基盤の設計・構築・導入を実施します。構築したシステム基盤の非機能要件(性能、回復性、可用性など)に責任を持ちます。
※可用性:システムを使用したい時に使用できる指標のことです。

コンサル職

コンサルティング活動を通じて、お客様をナビゲートし、経営課題を解決するための手法やサービスを提案・提供するプロフェッショナルです。広い視野・専門知識・能力を駆使して、お客様の経営戦略における実現性向上・企業価値の創造を目指しコンサルティングを行います

企画職

広い視野・専門知識・能力を駆使して、経営・事業の重要なテーマにおける企画の立案、施策の実施、制度の設計などを行います。

ITプロ職

お客様のビジネス上の課題を解決するため情報システムを提案・提供するプロフェッショナルです。TISではサブ職種としてPM、ITA、APS、ITSに区分しています。

プロジェクトマネージャー(PM)
プロジェクトの遂行責任者。プロジェクトマネジメント関連技術、ビジネスマネジメント技術を活用し、プロジェクトの提案、立上げ、計画、実行、終結をマネジメントします。また、その監視コントロール、要求品質、コスト、納期について責任を持ちます。
ITアーキテクト(ITA)
プロジェクトにおけるITアーキテクチャの責任者です。ハードウェア、ソフトウェア関連技術を活用し、お客様のビジネス戦略を実現するために情報システム全体の品質を保ったITアーキテクチャを設計します。様々なIT技術、ソリューションを組み合わせるとともに、後続の開発・導入の可能性や、実現性に対する技術リスクについて事前に影響を評価します。
アプリケーションスペシャリスト(APS)
業務上の課題解決に係わるアプリケーション開発のスペシャリストです。アプリケーション開発やパッケージ導入に関する専門技術を活用し、お客様の業務上の課題解決に係わるアプリケーションの設計・開発・構築・導入・テストおよび保守を実施します。
ITスペシャリスト(ITS)
システム基盤の非機能要件(性能、回復性、可用性※ など)におけるスペシャリストです。ハードウェア、ソフトウェア関連の専門技術を活用し、お客様の環境に最適なシステム基盤の設計・構築・導入を実施します。構築したシステム基盤の非機能要件(性能、回復性、可用性など)に責任を持ちます。
※可用性:システムを使用したい時に使用できる指標のことです。